M&Aニュース

三井物産、イタリアの老舗野菜種子会社であるISI Sementi S.p.A.の全株式取得

三井物産株式会社(8031)は、イタリア野菜種子事業会社ISI Sementi S.p.A.(イタリア、ISI社)の全株式を取得することに合意し、株式売買契約書に調印した。

総合・その他専門卸業界のM&A

三井物産は、金属資源、エネルギー、プロジェクト、モビリティ、化学品、鉄鋼製品、食料、流通事業、ウェルネス事業、ICT事業、コーポレートディベロップメントの各分野において、多種多様な商品販売とそれを支えるロジスティクス、ファイナンス、国際的なプロジェクト案件の構築など、各種事業を展開している。

ISI社は、創業以来イタリアを中心に発展した、老舗の野菜種子会社。野菜種子の研究開発・生産・販売を行っている。

本件M&Aにより、三井物産は、ISI社の研究開発機能のさらなる強化と優秀人材の積極的な採用を通じ、積み上げて来た事業基盤のさらなる成長拡大を図る。
また、グローバルな食生活向上に貢献するとともに、ISI社のさらなる海外事業強化を目指す。

この記事に関連するタグ

「買収・クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

三井物産の完全子会社MBK Wellness Holdings、ヒューマン・アソシエイツHDに対する公開買付け開始へ(TOB)

三井物産株式会社(8031)の完全子会社であるMBKWellnessHoldings株式会社(東京都千代田区、MBK)は、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス株式会社(6575)の普通株式および本新株予約権を金融商品取引法による公開買付けにより取得することを決定した。MBKは、ヒューマン・アソシエイツHD株式および本新株予約権の全てを取得することにより、ヒューマン・アソシエイツHDを完全子会

三井物産、冷凍洋菓子製造事業の五洋食品産業の株式、公開買付け(TOB)により取得

三井物産株式会社(8031)は、五洋食品産業株式会社(2230)の普通株式を金融商品取引法に基づく公開買付けにより取得することを決定した。普通株式1株につき、879円。買付予定数の上限については設定せず、応募株券等の総数が買付予定数の下限(970,300株)以上の場合は、応募株券などの全部の買付けなどを行う。三井物産は、金属資源、エネルギー、プロジェクト、モビリティ、化学品、鉄鋼製品、食料、流通事

三井物産、RATCH Group Public Company Limited社の子会社にインドネシア パイトン発電事業の持分売却へ

三井物産株式会社(8031)は、インドネシア共和国でPTPerusahaanListrikNegara(Persero)(PLN社)との長期売電契約に基づき、石炭火力発電所の運営を行っているPTPaitonEnergy(インドネシア、PE社)および同事業に関係する2社の持分株式全てを、タイおよびアジア太平洋地域で発電・エネルギーインフラ事業に取り組むRATCHGroupPublicCompanyL

三井物産、アメリカで動画メディア事業を展開するTM社の株式取得

三井物産株式会社(8031)は、Tastemade,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、TM社)と、同社の子会社である日本法人TastemadeJapan株式会社(東京都港区、TMJ)の株式を取得することに合意した。取得割合は、51%。三井物産は、7つのオペレーティングセグメントで取り組み、16の事業本部を持っている。TM社は、動画メディア事業の運営、D2C事業の運営を行っている。子会社で日本法

三井物産、オランダにてトマト種子の開発から販売まで行うTotam社の株式取得

三井物産株式会社(8031)は、TotamSeedsB.V.(オランダ・南ホラント州、Totam社)に出資することで合意し、株式譲渡契約書などに調印した。取得割合は、75%。三井物産は、7つのオペレーティングセグメント(マーケティング、ロジスティクス、ファイナンス、リスクマネジメント、マネジメント、デジタルトランスフォーメーション)を掲げ、16の事業本部を運営している。Totam社は、トマト種子の

三井物産と日本曹達、共同設立の特定目的会社を通じ、インドの農薬製造販売会社の株式取得

三井物産株式会社(8031)は、日本曹達株式会社(4041)と共同で設立する特定目的会社を通じ、インドの農薬製造販売会社BharatInsecticidesLimited(インド・デリー連邦直轄地、BIL社)の株式を取得することを決定した。特定目的会社(三井物産・日本曹達)の取得割合は、56%となる。三井物産は、鉄鋼製品、金属資源、エネルギー、プロジェクト、モビリティ、化学品、食料、流通事業、ヘル

昭和産業、糖化品や乳酸菌の製造販売事業を行う三井物産の子会社の全株式取得へ

昭和産業株式会社(2004)は、三井物産株式会社(8031)との間で、三井物産の連結子会社であるサンエイ糖化株式会社(愛知県知多市)の発行済全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。取得価額は、15,000百万円。昭和産業は、小麦粉、植物油、糖化製品、二次加工食品などの製造販売、配合飼料の販売、倉庫業、不動産の賃貸業を展開している。三井物産は、鉄鋼製品、金属資源、エネルギー、プロジェクト、モ

タケエイ(2151)、市原グリーン電力の子会社化及び循環資源の持分法適用会社化について、三井E&Sエンジニアリングおよび三井物産(8031)より株式取得

株式会社タケエイ(2151)は、市原グリーン電力株式会社(千葉県市原市)の子会社化及び循環資源株式会社(東京都北区)の持分法適用会社化について、株式会社三井E&Sエンジニアリング(千葉県千葉市)および三井物産株式会社(8031)との間で株式譲渡契約を締結し、株式を取得することを決定した。議決権所有割合は、市原グリーン電力が85.1%、循環資源が30%となる。タケエイおよびグループは、「資源循環型社

三井物産(8031)、山佐と共に米国シアトルにて衛星ライドシェアサービスを展開するSpaceflight, Inc.の全株式取得

三井物産株式会社(8031)は、山佐株式会社(岡山県新見市)と共に、衛星ライドシェアサービスを展開するSpaceflight,Inc.(米国シアトル市、Spaceflight社)の全株式を親会社であるSpaceflightIndustries,Inc.より取得することに合意し、株式売買契約を締結した。三井物産の出資比率は50%となる。三井物産は、宇宙領域を新たな成長分野の一つと位置付け、宇宙空間を

位置情報マーケティングプラットフォーム提供のFactual、三井物産(8031)と資本業務提携し日本市場に参入

Factual,Inc.(カリフォルニア州、Factual)は、三井物産(8031)との資本業務提携を行うことを決定した。Factualは、位置情報マーケティングプラットフォームを提供している。顧客は、小売・Eコマース・自動車・消費財系企業などと多岐に渡り、世界でもトップクラスの規模を持つ企業の多くがFactualを利用している。本提携により、Factualは日本市場に参入する。三井物産によるサポ

「買収・クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

広報室だより
人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年10月11日に開催されました。5回目の今回は成約を成功に導くキーワード「PMI(PostMergerIntegration)」について、当社グループのPMI支援専門会社株式会社日本PMIコンサルティング代表取締役の竹林信幸が解説しま

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード