M&Aニュース

三井物産、米国サイバーセキュリティサービス事業者のRedpoint Cybersecurityを関連会社化

更新日:

三井物産株式会社(8031)は、米国のサイバーセキュリティサービス事業者であるRedpoint Cybersecurity LLC(米国ニューヨーク州、以下「RP社」)の持分取得を通じてRP社を関連会社化し、米国におけるサイバーセキュリティ事業に参入した。

三井物産は、三井グループの大手総合商社。

RP社は、法人を対象にサイバーセキュリティ分野におけるコンサルティング、運用サービスから事故発生時の復旧サービスまで幅広いサービスを提供している。

背景・目的

三井物産は、2001年に100%子会社である三井物産セキュアディレクション株式会社(東京都中央区)を設立。その後、20年以上にわたりサイバーセキュリティサービス(診断、コンサルティング、監視)を展開し、国内最高レベルの技術力に支えられたサービス品質を強みとして、国内大手企業を中心とするお客様企業のセキュリティ対策強化に貢献してきた。

また、海外市場におけるサイバーセキュリティ市場の伸びを取り込むと同時に、グローバル展開する日本企業のセキュリティ対策を支える目的で、2023年4月にマレーシア大手のサイバーセキュリティ事業者 LGMS社の持分取得を通じて東南アジア市場へ進出し、今般、RP社の関連会社化により、米国へ事業を拡大した。

あらゆる産業においてデジタル技術を活用したビジネス変革が進行する現在、デジタルトランスフォーメーション(DX)や人工知能(AI)は各企業の競争力維持・強化のために必要不可欠である。同時に、テクノロジーの進歩は新たなサイバー攻撃も産み出し、増大する脅威への対応は経営上の重要課題である。

また、2023年7月末に米国証券取引委員会が制定した「サイバーセキュリティ関連情報の開示規則」は、上場企業に対し、重大なサイバーセキュリティインシデントの迅速な開示、及びサイバーセキュリティのリスク管理、戦略、ガバナンスに関する重要情報の年次報告を義務付ける内容であり、米国市場に上場している日本企業にも対応が迫られている。このような規制強化の動向は日本などの他国への波及も予想され、企業活動におけるサイバーセキュリティ対策の重要度を一層高める見通しである。

RP社は、法人を対象にサイバーセキュリティ分野におけるコンサルティング、運用サービスから事故発生時の復旧サービスまで幅広いサービスを提供している。特にサイバー被害発生時の調査、緊急対応、復旧支援などのインシデント対応分野において高い定評があり、主要な保険会社/代理店、弁護士事務所等との連携を通じ、サイバー保険を用いた円滑な攻撃被害対処やコンプライアンス対応支援も行っている。出資後は、三井物産の知見、ネットワーク、資本力を活かし、RP社の顧客基盤の拡大、成長加速を実現する。

三井物産は、サイバーセキュリティサービス事業のグローバル展開を通じ、デジタルサービスを安心して使える世界を下支えし、豊かな暮らしづくりに貢献していくとした。

総合・その他専門卸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

総合・その他専門卸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、総合・その他専門卸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

三井物産に関連するM&Aニュース

山陽特殊製鋼、インド子会社のSanyo Special Steel Manufacturing India Pvt. Ltd.を完全子会社化・三井物産から株式取得

山陽特殊製鋼株式会社(5481)は、三井物産株式会社(8031)から、三井物産が所有する山陽特殊製鋼の連結子会社SanyoSpecialSteelManufacturingIndiaPvt.Ltd.(インド・マハーラーシュトラ州、以下「SSMI」)の全株式を追加取得し、SSMIを山陽特殊製鋼の完全子会社にした。山陽特殊製鋼は、鋼材事業、粉末事業、素形材事業、情報処理等のサービスを行う。三井物産は、

岡本工作機械製作所、三井物産と資本業務提携

株式会社岡本工作機械製作所(6125)は、2024年5月22日開催の取締役会において、三井物産株式会社(8031、以下「割当予定先」又は「三井物産」)との間で資本業務提携を行うこと及び割当予定先に対する第三者割当による新株式の発行を決議し、本資本業務提携についての契約を締結した。また、本第三者割当に伴い、岡本工作機械製作所の主要株主である筆頭株主の異動及びその他の関係会社の異動が見込まれる。岡本工

三井物産、ニュージーランドのICT施工ソリューション事業者を買収

三井物産株式会社(8031)は、三井物産子会社のAptellaPtyLtd(オーストラリア・メルボルン、以下アプテラ社)を通じ、SynergyGroup(ニュージーランド・オークランド、以下シナジー社)よりニュージーランドにおけるポジショニングソリューション事業、及びオーストラリアにおける道路舗装サービス・コンサルティング事業の100%買収を完了した。アプテラ社は、鉱山・建設向けICT(情報通信技

三井物産、米国にてトラックオークション事業を展開するTaylor & Martinを買収

三井物産株式会社(8031)は、Taylor&MartinEnterprises,LLC(米国ネブラスカ州、以下「Taylor&Martin」)の株式を100%取得した。三井物産株は、三井グループの大手総合商社。Taylor&Martinは、米国の大手トラックオークション会社。背景・目的米国内で走行しているトラックは世界でも最大規模の13.5百万台に到達する有望な市場。本出資を通じ三井物産は、米国

三井物産、ブラジル最大規模のリチウム鉱区保有の米Atlas Lithium Corporationに3000万米ドルを出資

三井物産株式会社(8031)は、ブラジル最大規模のリチウム鉱区を保有している米国AtlasLithiumCorporation(米国フロリダ州、以下「Atlas」)の第三者割当増資3,000万米ドルを引き受け出資参画することを決定した。Atlasはナスダック上場企業で、ブラジルのミナスジェライス州にあるNeves(ネベス)リチウム鉱山を開発している。2024年第4四半期(10-12月)に生産を開始

この記事に関連するタグ

「関連会社」に関連するコラム

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード