M&Aニュース

ENEOS、特別目的会社を通じてNIPPOの株式を公開買付け(TOB)

ENEOSホールディングス株式会社(5020、ENEOS)は、特別目的会社であるロードマップ・ホールディングス合同会社(東京都港区、ロードマップHD)を通じ、株式会社NIPPO(1881)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。

石炭石油製品製造販売・資源開発業界のM&A

既にNIPPO株の57.01%を保有しているENEOSは、TOB成立後、ロードマップHDの議決権のうち50.10%を取得し、ゴールドマン・サックス・グループ・インク(ゴールドマン)が49.90%を取得、今回の買い付けでNIPPOを非公開化とする予定。

買付け等の価格は、普通株式1株につき、4,000円。
応募株券等の総数が買付予定数の下限(11,500,000 株)に満たない場合は、応募株券等の全部の買付けなどを行わず、買付予定数の上限は設定しない。

ロードマップHDは、NIPPOの株式を取得および所有することを主な目的として2021年8月6日に設立された合同会社。
NIPPOは、建設事業(舗装土木、一般土木、建築)、アスファルト合材、乳剤の製造・販売事業、不動産開発事業、その他の事業(建設機械等のリースなど)を行っている。

・今後のスケジュール
公開買付期間 2021年11月12日~2021年12月24日

この記事に関連するタグ

「TOB・買収」に関連するM&Aニュース

ENEOS、再生可能エネルギー開発事業を行うジャパン・リニューアブル・エナジーの全株式取得、孫会社化へ

ENEOSホールディングス株式会社(5020)の子会社ENEOS株式会社(東京都千代田区、以下「ENEOS」)は、ゴールドマン・サックス(東京都港区、以下「GS」)のアセット・マネジメント部門が運用するインフラファンドおよびシンガポール政府投資公社の関連会社(GIC)が間接的に保有するジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社(東京都港区、以下「JRE」)の全株式取得を決定した。なお本件に伴い、J

ENEOS、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」事業を展開するDAIZと資本業務提携

ENEOSホールディングス株式会社(5020、ENEOS)は、DAIZ株式会社(熊本県熊本市)と資本業務提携を行うことを決定した。ENEOSは、エネルギー事業、石油・天然ガス開発事業、金属事業を行う子会社およびグループ会社の経営管理ならびにこれに付帯する業務を行っている。DAIZは、植物肉(Plant-basedMeat)の開発・生産・販売創薬・探索情報となる大規模フィトアレキシン(植物二次代謝物

NIPPO(1881)、アスファルト合材等製造販売事業の前田道路(1883)と資本業務提携

株式会社NIPPO(1881)と前田道路株式会社(1883)は、両社の資本業務提携に関する協議を開始することを決定した。NIPPOは、国内全域において、建設業としての舗装土木工事・一般土木工事と製造販売事業としてのアスファルト合材等製造販売事業を行っている。前田道路は、NIPPO同様に共通の事業分野としてアスファルト合材等製造販売事業を行っている。本提携により、NIPPOと前田道路は、長い事業実績

JXTGホールディングス(5020)子会社のJX金属、ドイツの高純度金属粉メーカーの全株式取得

JXTGホールディングス(5020)子会社であるJX金属株式会社は、H.C.StarckGmbH社(ドイツ)から、その子会社であるH.C.StarckTantalumandNiobiumGmbH社(HCSTaNb社)の全株式について、特別目的会社を通じて取得することを決定した。JX金属は、電材加工事業製品群の強化を積極的に進めてきた。HCSTaNb社は、タンタル・ニオブ製品(高純度金属粉)の開発、

JXホールディングス(5020)、東燃ゼネラル石油(5012)と経営統合へ

JXホールディングス株式会社(5020)と東燃ゼネラル石油株式会社(5012)は、両社グループの経営統合を目指すことについて基本合意書を締結した。JXホールディングスの完全子会社であるJX日鉱日石エネルギー株式会社(東京都千代田区)を吸収合併存続会社とし、JXホールディングスの普通株式を対価とする三角合併を行う。JXホールディングスは、エネルギー事業や石油・天然ガスの開発事業を行っている。東燃ゼネ

「TOB・買収」に関連するコラム

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

広報室だより
人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年10月11日に開催されました。5回目の今回は成約を成功に導くキーワード「PMI(PostMergerIntegration)」について、当社グループのPMI支援専門会社株式会社日本PMIコンサルティング代表取締役の竹林信幸が解説しま

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

広報室だより
人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年9月10日に開催されました。4回目の今回はM&Aを成功させるために欠かせないデューデリジェンス(DD、企業精査)を中心に、東日本事業法人チャネル統括部長の川畑勇人が解説しました。売り手企業の実態を知るためのデューデリジェンスM&Aの

「やらない理由がどこにある?」M&A決断のとき

M&A全般
「やらない理由がどこにある?」M&A決断のとき

先日、ある社長に3年ぶりにお会いしてきました。最初の出会いは約10年前、私がM&Aのアドバイザーとしてまだまだひよっ子だった頃です。「生意気だけど、言ってることは合ってる。信用できる奴だと思ってたよ」30歳の若僧の言葉でも真摯に聞いてくれる社長のことが、私も大好きでした。3年前に私がご提案したのは、東海エリアで10店舗展開している会社でした。事業内容や財務情報などをご説明した後、少し間をおいて、社

買い手企業が戦略的に最適な相手を見つける方法

M&A全般
買い手企業が戦略的に最適な相手を見つける方法

新聞やネットなどで「〇〇社が△△社を子会社化」や「今後M&Aで□億円投資」などといったM&A関連の記事を見ることが増えてきていると思います。今年もまだ始まったばかりですが、更に記録を更新する勢いです。上場企業や大手企業にとって、M&Aの活用は自社の成長のための手段として定着してきた印象があります。いかに上手にM&Aを活用して成長していくかという点が問われる時代になってきています。しかし、M&Aは自

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード