M&Aニュース

ENEOS、特別目的会社を通じてNIPPOの株式を公開買付け(TOB)

ENEOSホールディングス株式会社(5020、ENEOS)は、特別目的会社であるロードマップ・ホールディングス合同会社(東京都港区、ロードマップHD)を通じ、株式会社NIPPO(1881)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。

既にNIPPO株の57.01%を保有しているENEOSは、TOB成立後、ロードマップHDの議決権のうち50.10%を取得し、ゴールドマン・サックス・グループ・インク(ゴールドマン)が49.90%を取得、今回の買い付けでNIPPOを非公開化とする予定。

買付け等の価格は、普通株式1株につき、4,000円。
応募株券等の総数が買付予定数の下限(11,500,000 株)に満たない場合は、応募株券等の全部の買付けなどを行わず、買付予定数の上限は設定しない。

ロードマップHDは、NIPPOの株式を取得および所有することを主な目的として2021年8月6日に設立された合同会社。
NIPPOは、建設事業(舗装土木、一般土木、建築)、アスファルト合材、乳剤の製造・販売事業、不動産開発事業、その他の事業(建設機械等のリースなど)を行っている。

・今後のスケジュール
公開買付期間 2021年11月12日~2021年12月24日

石炭石油製品製造販売・資源開発業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ENEOSホールディングス・NIPPOに関連するM&Aニュース

JX金属、リサイクル事業を行うカナダのeCycle Solutionsの株式取得、子会社化

JX金属株式会社(東京都港区)は、HorizonRecyclingInc.が所有するeCycleSolutionsInc.(カナダ・オンタリオ州)の全株式を取得した。JX金属は、資源の開発・製錬、先端素材の製造・開発、使用済み電子機器からのリサイクルなど、銅・レアメタルを中心とした非鉄金属に関する事業展開を行っている。eCycleSolutionsは、E-waste(廃家電・廃電子機器)の回収・処

ENEOS、NECからEV充電サービス事業を譲受

ENEOS株式会社(東京都千代田区)は、日本電気株式会社(6701、NEC)との間で、NECが運営する電気自動車(EV)充電設備を用いたEV充電サービスの事業譲渡契約を締結した。これまでNECが展開してきたEV充電器約4,600基の運営・管理業務を承継し、EV充電器の運用管理システムをNECが引き続き提供する。ENEOSは、石油製品の精製・販売、ガス/石炭の輸入・販売、石油化学製品等の製造・販売、

JX金属、東京電解の全株式取得、完全子会社化

JX金属株式会社(東京都港区)は、東京電解株式会社(東京都江東区)を完全子会社化した。JX金属は、高融点金属の溶解・精製における技術と生産能力を有し、半導体の配線の保護材料であるタンタルスパッタリングターゲット向けのインゴットを製造している。東京電解は、希少金属(タンタル・ニオブ)の精錬加工を行っている。本件M&AによりJX金属は、垂直統合的なサプライチェーンのさらなる強化を図り、タンタルスパッタ

ENEOS、ベトナム企業の株式取得、初の太陽光発電事業参画へ

ENEOS株式会社(東京都千代田区)のベトナム現地法人であるENEOSVietnamCompanyLimitedが、電源開発・運営事業者である自然電力株式会社の子会社であるShizenMalaysiaSdn.Bhd.から本事業の事業会社であるVKT-HoaAnJointStockCompany(ベトナム・ハウザン省)の株式を取得した。取得割合は、19%となる。ベトナムにおいては大規模太陽光発電事業

ENEOS、再生可能エネルギー開発事業を行うジャパン・リニューアブル・エナジーの全株式取得、孫会社化へ

ENEOSホールディングス株式会社(5020)の子会社ENEOS株式会社(東京都千代田区、以下「ENEOS」)は、ゴールドマン・サックス(東京都港区、以下「GS」)のアセット・マネジメント部門が運用するインフラファンドおよびシンガポール政府投資公社の関連会社(GIC)が間接的に保有するジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社(東京都港区、以下「JRE」)の全株式取得を決定した。なお本件に伴い、J

この記事に関連するタグ

「TOB・買収」に関連するコラム

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

TOB(株式公開買付)とは?目的やメリット・デメリット、事例をわかりやすく解説

M&A全般
TOB(株式公開買付)とは?目的やメリット・デメリット、事例をわかりやすく解説

近年、ニトリホールディングスの島忠に対するTOB(2020年)、NTTのNTTドコモに対するTOB(2020年)など企業買収のニュースで「TOB」という言葉を耳にする機会が増えています。本記事では「TOBとは一体何か」「どういう時に用いられるのか」というTOBの概要から、買収側、対象企業側それぞれの視点によるメリット・デメリット、国内で行われた事例をわかりやすく解説していきます。(記事最終更新日:

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&A実務
ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&Aの重要なプロセスの一つが、M&Aの対象候補となる企業の選定と絞り込みです。このプロセスにおいて、大切な役割を果たすのが今回紹介するロングリストです。本記事ではロングリストの概要や重要なポイントを解説します。ロングリストとは?ロングリストとは、M&Aの初期段階においてターゲット候補となる企業を一定の条件で絞り込みを行い、作成された候補企業リストです。M&Aの提案候補をなるべく広く検討するため、

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

M&A実務
トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

前回の記事に引き続き、買収を検討している企業側の視点で、トップ面談に臨む際に押さえておきたいポイントを経験豊富なコンサルタント2人がお届けします。※本記事はYouTube動画をもとに編集しています。<前回の記事>買収企業が押さえておきたい、トップ面談の極意とは(前篇)トップ面談の冒頭に相手の心を掴むには壷井:小森さん、ちなみにトップ面談の時は手土産とか持参するように伝えますか?小森:壷井さんは手土

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード