M&Aニュース

ソニー・インタラクティブエンタテインメント、リバプールのゲーム開発スタジオ Firesprite Limitedを買収へ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(アメリカ、SIE)は、最先端のハードウェア向けに完成度の高い作品を開発するFiresprite Limited(イギリス、Firesprite)の買収について、正式契約を締結した。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A

SIEは、「プレイステーション」に関するハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ、ネットワークサービスの企画、開発、販売や「toio」およびソフトウェア、コンテンツの企画、開発、販売を行っている。

Firespriteは、リバプールのゲーム開発コミュニティの中心で、200人以上のチームメンバーを持つ、ゲーム開発スタジオ。

本件により、SIEは、今後、特にPlayStation Studiosがこれまで提供していないジャンルにおけるSIEの独占タイトルの強化を図る。

この記事に関連するタグ

「海外M&A・買収」に関連するM&Aニュース

SRE HDとSNCSP、AI×IoTによるエッジコンピューティング展開を目指し資本業務提携

SREホールディングス株式会社(2980、SREHD)とソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社(東京都渋谷区、SNCSP)は、SREHDがSNCSPの株式を一部取得する資本提携を行った。SREHDは、不動産事業、AIクラウド&コンサルティング事業を展開している。SNCSPは、MVNO事業者へのシステムや業務の支援提供およびIoTサービス事業者へのモバイルコネクティビ

ソニーグループの子会社Sony Music Entertainment、ブラジルの独立系音楽会社のSom Livre事業を買収

ソニーグループ株式会社(6758)の完全子会社であるSonyMusicEntertainment(東京都千代田区、SME)は、SMEの子会社であるGloboComunicaçãoEParticipaçõesS.A.(ブラジル、Globo)との間で、Globoが保有するブラジルの独立系音楽レーベルSomLivreに係る全株式および関連資産を取得するための確定契約を締結した。取得価額は、約283億円。

KADOKAWA、サイバーエージェント及びソニーを引受先とする第三者割当増資を実施

株式会社KADOKAWA(9468)は、株式会社サイバーエージェント(4751)およびソニー株式会社(6758)を割当予定先とする第三者割当による新株式の発行することを決定した。払込金額総額は、9,999,999,250円。KADOKAWAは、所有する普通株式1株につき3,515円を割り当てる。KADOKAWAは、出版事業、映像事業、版権事業、デジタルコンテンツ事業、ネットワーク・エンタテインメン

ソニー(6758)の子会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、Super Duperと資本業務提携

ソニー(6758)の子会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、株式会社SuperDuper(東京都港区)と資本業務提携を行うことを決定した。SuperDuperは、外国人旅行者の“食べたい”や“知りたい”というニーズに応える最高の「食」体験を提供するチャット型のAIレストランメニューサービス「Satisfood」を運営するスタートアップ企業。同社は、総合エンタテインメントカンパニーとして多角

ソニー(6758)米国子会社のSony Interactive Entertainment LLC、PS4用『Marvel's Spider-Man』等開発のInsomniac Games, Inc.を買収

ソニー(6758)の完全子会社であるSonyInteractiveEntertainmentLLC(米国カリフォルニア州、SIE)は、InsomniacGames,Inc.(米国カリフォルニア州、InsomniacGames)の全てを買収することについて、正式契約を締結した。InsomniacGamesは、「プレイステーション4」(PS4)用ソフトウェアとして世界的ヒットを誇る『Marvel'sS

シミックホールディングス(2309)グループのシミックヘルスケア、ソニー(6758)より電子お薬手帳サービス「harmo」事業を承継

シミックホールディングス(2309)グループのシミックヘルスケア株式会社(東京都港区)は、ソニー(6758)が「harmo(ハルモ)」ブランドを付して運営する電子お薬手帳サービス事業を承継する取引について、正式契約を締結した。またシミックHDは、本件に併せて、ヘルスケア分野の課題解決を目的にソニーと技術支援契約を締結したシミックHDは、開発から製造、営業・マーケティングまで医薬品に関する総合的な支

ソニー・ミュージックエンタテインメント、スヌーピーの権利会社の株式取得

ソニー(6758)の完全子会社である株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代⽥区、SME)は、DHXMediaLtd.(カナダ・ノバスコシア州、DHXMedia)が保有するPeanutsHoldingsLLC(Peanuts)の持分の一部を、SMEJが間接的に取得する確定契約を締結した。取得金額は約204億円。Peanuts株式の持分比率は、DHXMediaが約41%、SMEが約

ソニー(6758)グループのソニー・ミュージックエンタテインメント、音楽イベント情報サイト「iFLYER」運営のセブン・セブン・ハーツと資本提携

ソニー(6758)傘下の株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代田区)と、株式会社セブン・セブン・ハーツ(東京都渋谷区)は、資本提携を行った。セブン・セブン・ハーツは、国内最大級の音楽イベント情報サイト「iFLYER(アイフライヤー)」やソーシャルメディア及びECサイトの運営、WEBシステム技術の開発及び提供を行っている。本提携により、ソニー・ミュージックエンタテインメントは、セ

ソニー(6758)傘下のSony Pictures Television Networks、米国のアニメ配信会社・Funimationの株式取得

ソニー(6758)グループ傘下のSonyPicturesTelevisionNetworksは、米国FunimationProductions,Ltd.(Funimation)の株式の大部分を、約150百万米ドル(約165億円)の企業価値評価を前提として取得することで合意した。SonyPicturesTelevisionNetworksは、世界10億以上の世帯にエンタテインメント番組を配信するテレ

「海外M&A・買収」に関連するコラム

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

日本M&Aセンター、5番目の海外拠点をタイに開設!その背景、現地M&A事情とは!?

海外M&A
日本M&Aセンター、5番目の海外拠点をタイに開設!その背景、現地M&A事情とは!?

近年増加する日本企業の海外進出および海外子会社の売却などに伴う、クロスボーダーM&A。その中でも特にニーズが高いASEAN地域への対応強化を目的に、2021年11月8日、ASEAN5番目の拠点としてタイ駐在員事務所が開設されました。開設に至った背景、現地のM&A事情について、所長の井直大に聞きました。―日本M&Aセンターの海外事業部および、タイに駐在員事務所を開設した経緯について教えてください私の

人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

広報室だより
人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年10月11日に開催されました。5回目の今回は成約を成功に導くキーワード「PMI(PostMergerIntegration)」について、当社グループのPMI支援専門会社株式会社日本PMIコンサルティング代表取締役の竹林信幸が解説しま

買収とは!?合併と間違いやすく、意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収とは!?合併と間違いやすく、意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

「海外M&A・買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年9月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード