電通グループ、顧客体験マネジメントとコマースのサービスを提供する米国のLiveAreaを買収へ

株式会社電通グループ(4324)は、顧客体験マネジメント(CXM)とコマースのサービスを提供する米国のエージェンシー「LiveArea」(PFSweb, Inc.の事業ユニットブランド、アメリカ、ライブエリア)を完全取得することに同社と合意した。

広告・PR・販促業界のM&A

電通グループは、グループ全体の成長持続および競争力強化に向けた各種環境の整備と支援、ならびにグループガバナンスの推進事業を展開している。

ライブエリアは、テクノロジーを駆使したデータドリブンのCXMおよびコマースの事業を行っている。

本件により、電通グループは、ライブエリアのブランド呼称を「LiveArea, a Merkle Company(ライブエリア・ア・マークル・カンパニー)」へと改称し、ライブエリアのクリエイティブなCXMとマークルの強みであるデータマーケティングを融合させることで、より高精度で効率的な統合ソリューションを顧客企業へ提供することを目指す。

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。