プロスペクト、不動産事業を展開するキーノートを株式交換により子会社化へ

株式会社プロスペクト(3528)は、株式会社Key Holder(4712)の連結子会社キーノート株式会社(東京都港区)との間で株式交換契約を締結することを決定した。
本件では、プロスペクトを株式交換完全親会社、キーノートを株式交換完全子会社とする簡易株式交換を実施する。

不動産開発・流通・賃貸業界のM&A

プロスペクトは、再生可能エネルギー事業、不動産事業を展開している。

Key Holderは、ホールディング業務のJトラスト株式会社(8508)の連結子会社。株式または持分の保有による事業会社・その他これに準ずる事業体の事業活動の支配及び管理、不動産の売買、仲介、賃貸、転貸、業務委託及び管理、M&Aに関する業務、仲介、斡旋及びコンサルティングを行っている。

キーノートは、不動産売買業、中古住宅再生事業、商業施設建築事業、不動産仲介業、コンサルティング事業を行っている。

本件により、プロスペクトは、首都圏及び近畿圏における戸建住宅の販売や不動産関連のコンサルティング業務などの、不動産業における事業ポートフォリオの拡大を図る。更に、役職員の交流による不動産情報や顧客ネットワーク、及びノウハウの共有といったシナジー効果創出を目指すことで、企業価値の向上を図る。

・今後のスケジュール
本株式交換の効力発生日 2020年9月3日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。