M&Aニュース

プロスペクト、総合金融グループのJトラストへ連結子会社を譲渡へ

株式会社プロスペクト(3528)の連結子会社である株式会社プロスペクト・エナジー・マネジメント(東京都渋谷区、PEM)の全株式を、Jトラスト株式会社(8508、東京都港区)へ譲渡することを決定し、株式譲渡契約を締結した。
譲渡価額は、124百万円。

證券・投資・その他金融業界のM&A

プロスペクトは、再生可能エネルギー事業および不動産事業を展開している。

子会社のPEMは、アセットマネジメント業務を行っている。開発、資金調達から運用までワンストップで対応している。

Jトラストは、ホールディング業務を行っている。国内金融事業、韓国金融事業、東南アジア金融事業、投資事業、非金融事業などを行っている総合金融グループである。

本件により、プロスペクトは、今後、PEMの太陽光発電事業におけるアセットマネジメント業務等を、別の連結子会社である株式会社プロスペクトバイオマスに事業集約させ、企業グループのスリム化を図る。

・今後のスケジュール
譲渡代金支払日 2020年12月1日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・選択と集中」に関連するM&Aニュース

Jトラスト、韓国連結子会社2社の全株式を、韓国のVI金融投資会社に譲渡へ

Jトラスト株式会社(8508)は、連結子会社であるJTキャピタル株式会社(大韓民国・ソウル特別市)の全株式をVI金融投資会社(大韓民国・ソウル特別市)に譲渡すること、およびJT貯蓄銀行株式会社(大韓民国・京畿道・城南市)の全株式を、VI金融投資もしくは許容された譲受人に譲渡することを決定し、基本合意書を締結した。本件で、JTキャピタルおよびJT貯蓄銀行は、連結範囲から除外される。JTキャピタルの譲

Jトラストの連結子会社、資金需要者のニーズと個人投資家のマッチングサービス開発のLCレンディングの全株式取得、子会社化へ

Jトラスト株式会社(8508)の連結子会社である株式会社プロスペクト・エナジー・マネジメント(東京都渋谷区、PEM社)は、グローム・ホールディングス株式会社(8938)との間で、同社が発行済株式の100%を保有する株式会社LCレンディング(東京都港区、LCL社)の全株式取得を決定し、株式譲渡契約を締結した。譲渡価額は、10,000円。Jトラストは、ホールディング業務を展開している。PEM社は、再生

プロスペクト、不動産事業を展開するキーノートを株式交換により子会社化へ

株式会社プロスペクト(3528)は、株式会社KeyHolder(4712)の連結子会社キーノート株式会社(東京都港区)との間で株式交換契約を締結することを決定した。本件では、プロスペクトを株式交換完全親会社、キーノートを株式交換完全子会社とする簡易株式交換を実施する。プロスペクトは、再生可能エネルギー事業、不動産事業を展開している。KeyHolderは、ホールディング業務のJトラスト株式会社(85

Jトラスト(8508)、連結子会社ハイライツ・エンタテインメントの全株式をサイ・パートナーズへ譲渡

Jトラスト(8508)は、連結子会社であるハイライツ・エンタテインメント株式会社(東京都千代田区)の全株式及び同社に対して保有する貸付債権の全額を、株式会社サイ・パートナーズ(東京都中央区)に譲渡することを決定した。株式譲渡金額は5,000,000円。ハイライツ・エンタテインメントは、グループの総合エンターテインメント事業を担ってきた。遊技機並びに遊技機の周辺機器に関するコンピュータシステム等の開

Jトラスト(8508)、カンボジアの商業銀行ANZ Royal Bank (Cambodia) Ltd.の株式取得

Jトラスト(8508)は、ANZRoyalBank(Cambodia)Ltd.(カンボジア・プノンペン、ANZR)の過半数の普通株式をANZFundsPtyLtd.(オーストラリア・ヴィクトリア、ANZF)から取得することを決定した。取得価額は約90億円。所有割合は55.0%となる。Jトラストグループは、成長戦略の一環として、主に東南アジアにフォーカスした事業の拡大を目指して、銀行業及びファイナン

Jトラスト(8508)グループ、インドネシアのマルチファイナンス会社PT. OLYMPINDO MULTI FINANCEを子会社化

Jトラスト(8508)及び連結子会社のJトラストアジアは、JトラストアジアがPT.OLYMPINDOMULTIFINANCE(インドネシア・ジャカルタ、OMF社)に対して、OMF社のオーナー一族からの株式取得ならびにOMF社が第三者割当増資により発行する新株式の引受けを行うことを決定した。株式所有割合は60.0%となる。Jトラストグループは、東南アジアにおける金融事業の拡充を成長戦略の一環に位置付

Jトラスト(8508)、韓国のDH貯蓄銀行の全株式取得

Jトラスト(8508)は、株式会社DH貯蓄銀行(韓国釜山市)の全発行済み普通株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は約2,978百万円。DH貯蓄銀行は、貯蓄銀行業を展開している。本件により、Jトラストグループは、連結子会社であるJT親愛貯蓄銀行およびJT貯蓄銀行と併せて、韓国における貯蓄銀行部門の営業エリア6エリア中5エリアをカバーすることが可能になり、韓国全土での営業強化を目指す。ま

Jトラスト(8508)、モンゴルのファイナンス事業会社Capital Continent Investment NBFIの全株式取得

Jトラスト(8508)および子会社のJTRUSTASIAPTE.LTD.(シンガポール、Jトラストアジア)は、JトラストアジアがCapitalContinentInvestmentNBFI(モンゴルウランバートル、CCI社)の全発行済み普通株式を取得し、子会社化することを決定した。ジャパンポケット株式会社(大阪市)より取得する。取得価額は56百万円。CCI社は、2014年3月に設立されたファイナン

夢真HD(2362)、ビットコイン取引所運営のBTCボックスと資本業務提携

夢真HD(2362)は、BTCボックス株式会社(東京都中央区)と資本業務提携契約を締結することを決定した。夢真HDは、Jトラスト(8508)からの株式取得および増資引受けにより、BTCボックスの発行済み株式総数の22.19%を取得する予定。https://www.nihon-ma.co.jp/news/wp-admin/post.php?post=11331&action=edit夢真HDグループ

Jトラスト(8508)、タイのオートバイ販売金融業Group Lease PCLの株式取得

Jトラスト株式会社(8508)は、転換社債を引き受けていたタイのGroupLeasePCL(GL)の転換社債の株式転換権を行使することにより、発行済普通株式を取得することを決定した。行使により所有割合は6.43%となる。GLは、主にオートバイの販売金融業をタイ・カンボジアにて展開している。Jトラストグループは、JTRUSTASIAPTE.LTD.(シンガポール共和国)を通じて本株式転換を行うことで

「株式譲渡・選択と集中」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

大好評オンラインセミナー 買収の参観日

広報室だより
大好評オンラインセミナー 買収の参観日

日本M&Aセンターのオンラインセミナー「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」(計3回)が5月より始まりました。M&Aで買い手候補となる経営者を対象にした初めてのセミナーです。毎回、配信が平日の夕方にも関わらず数百人以上が視聴し、まだ2回の配信ながら、すでに人気のコンテンツに成長しています。買い手企業の経営者指南M&Aを検討しながら契約に至る企業と、躊躇して一歩を踏み出せない企業には考え方に

With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

M&A全般
With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

【連載】With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略「With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略~リスク分散できる事業構造への抜本的改革とM&Aの活用~」と題し、全5回で連載したします。連載第2回の今回は、日本M&Aセンター企業戦略部部長西川大介より危機に強い会社になるための戦略について解説いたします。不況をライバルに差をつける機会と捉える新型

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

カーブアウトの税務

M&A実務
カーブアウトの税務

現在の日本は、いざなみ景気を超えて戦後最長の景気拡大となっているとされている。しかし、少子高齢化、人口減少、財政問題など日本の将来に対する漠然とした不安、あるいは産業構造の変化が著しいビジネス環境において、自社のビジネスポートフォリオをスピーディーに入れ替える必要性を感じている人は多い。このような背景からか、ここ数年、カーブアウトやスピンオフにより企業が選択と集中を実行することを税務面からも後押し

カーブアウトの法務

M&A法務
カーブアウトの法務

カーブアウトの法的スキーム企業グループの既存事業を見直し、選択と集中を行う場合、ノンコア事業部門を事業売却する手法は、カーブアウト(又はスピンアウト)と称され、数多くの活用事例がある。ノンコア事業が100%子会社の形態で存在する場合は株式譲渡の手法によるが、企業内の事業部門である場合、以下が主要な方法である。1.事業部門を事業譲渡する2.事業部門を会社分割の方法で分割したうえでその事業部門を承継し

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード