M&Aニュース

NECのデンマーク子会社KMD、ノルウェーのソフトウェア企業コンセント社を買収

NEC(6701)の子会社でデンマーク最大手のIT企業であるKMD(デンマーク)は、子会社であるBanqsoft(ノルウェー、バンクソフト)を通じて、CONCENT(ノルウェー、コンセント)を買収することを決定した。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A

NECは、パブリック事業・エンタープライズ事業・ネットワークサービス事業・システムプラットフォーム事業・グローバル事業を展開している。

NECの子会社であるKMDは、中央・地方政府向けソリューション事業に加え、金融・保険向けソリューション事業を買収などにより強化を図っている。

Banqsoftは、アセットファイナンス向けのソフトウェア事業やデジタルバンキング向けソフトウェア事業を中心に展開しており、北欧諸国、ポーランド、イギリスなどの様々な企業に導入実績を有している。

CONCENTは、ノルウェーのソフトウェア企業。

本件により、NECは、KMDとBanqsoft両社のM&Aや協業を通じてソリューションを強化し、事業拡大を図る。また、KMDは、顧客基盤の拡大に加えて事業統合シナジーによる金融事業のバリューチェーンの強化を図る。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダー・買収」に関連するM&Aニュース

アンリツ、NECの子会社で電源、電子負荷装置等の研究開発・製造・販売を行う高砂製作所の株式取得、子会社化へ

アンリツ株式会社(6754)は、日本電気株式会社(6701、NEC)の子会社である株式会社高砂製作所(神奈川県川崎市)の発行済み株式のうち、NECが保有する99.7%の株式を取得することを決定し、NECと株式譲渡契約を締結した。アンリツは、電子計測器、食品・医薬品の品質保証システム、情報通信機器、デバイスなどの開発・製造・販売事業を展開している。NECは、社会公共、社会基盤、エンタープライズ、ネッ

NECの英国子会社、ヘルスケア向けソフトウェア企業のVantage Healthを買収

日本電気株式会社(6701、NEC)の子会社NorthgatePublicServices(イギリス・ハートフォードシャー州、NPS)は、VantageHealth(イギリス・ロンドン、VantageHealth社)を買収した。NECは、社会公共、社会基盤、エンタープライズ、ネットワークサービス、グローバル事業を展開している。英国子会社のNPSは、新生児や糖尿病患者などの健診プロセスをデジタル化す

NECの英国子会社、英国で警察向けソフトウェア事業を展開するCharter Systemsを買収

日本電気株式会社(6701、NEC)の子会社であるNorthgatePublicServices(イギリス・ハートフォードシャー州、NPS)は、警察向けソフトウェア企業CharterSystems(英国・サリー州)を買収した。NECは、社会公共事業、社会基盤事業、エンタープライズ事業、ネットワークサービス事業、グローバル事業を展開している。子会社のNPSは、警察市場において、50%以上のシェアを持

NEC、スイスの大手金融ソフトウェア企業であるAvaloq社を傘下におく企業の全株式取得、子会社化へ

日本電気株式会社(6701、NEC)は、スイスの大手金融ソフトウェア企業であるAvaloqGroupAG(スイス・チューリッヒ州、Avaloq社)を100%所有する持株会社であるWP/AVCHHoldingsIB.V.(オランダ・アムステルダム、WP/AVCHHoldingsI社)の全株式を取得することを決定し、同社の株式を保有するAvaloq社の持株会およびWarburgPincusが運営する特

NEC(6701)子会社KMD、デンマークのソフトウェア企業E Focusの金融機関向けソフトウェア事業を買収

日本電気株式会社(6701、NEC)の子会社KMD(デンマーク・バラールップ)は、その子会社であるBanqsoft(ノルウェー・オスロ)を通じて、デンマークのソフトウェア企業であるEFocus(デンマーク・リュンビュー)の金融機関向けソフトウェア事業を買収した。KMDは、NECの子会社でデンマーク最大手のIT企業。Banqsoftは、KMDの子会社であり、ノルウェーに本社を置き、金融機関に対してア

NEC(6701)のデンマーク子会社KMD、ソフトウェア企業Plass Dataの犠牲者情報管理・照合ソフトウェア事業を買収

NEC(6701)の子会社でデンマーク最大手のIT企業であるKMDは、同国のソフトウェア企業であるPlassDataの犠牲者情報管理・照合ソフトウェア事業の買収を決定した。NECは、「2020中期経営計画」においてセーフティ事業をグローバルでの成長エンジンに位置づけ、ソフトウェアプラットフォームを活用したサービス型ビジネスへの転換を進めている。KMDは、中央・地方政府向けソリューション事業に強みを

日本電気(6701)、デンマーク最大手のIT企業・KMD社の全株式取得

日本電気(6701)は、KMDA/S(KMD社)の持株会社であるKMDHoldingApS(デンマーク、KMDHolding社)の全株式を取得することを決定し、同社株式を保有するAdventInternationalCorporationが運営するファンドと株式売買契約を締結した。取得価額は約1,360億円。日本電気は、デンマークに特別目的会社を設立し、同社を通じてKMD社の持株会社であるKMDH

NEC(6701)、英国の公共分野向けITサービス企業Northgate Public Services Limitedを買収

日本電気(NEC)(6701)は、英国のNorthgatePublicServicesLimited(ハートフォードシャー州、NPS)を、投資ファンドCinvenから取得した。取得価額は約713億円。NECは、社会ソリューション事業に注力しており、成長戦略の柱の一つとしてセーフティ事業を強化している。NPSは、英国を中心に公共分野向けのソフトウェア事業やサービス事業を展開している。英国とインドに約

「クロスボーダー・買収」に関連するコラム

人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

広報室だより
人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年10月11日に開催されました。5回目の今回は成約を成功に導くキーワード「PMI(PostMergerIntegration)」について、当社グループのPMI支援専門会社株式会社日本PMIコンサルティング代表取締役の竹林信幸が解説しま

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード