M&Aニュース

AGC、遺伝子・細胞治療領域のCDMO事業を行うイタリアMolMed社のTOBが完了、子会社化

AGC株式会社(5201)が、現地100%子会社であるAGC Biologics Italy S.p.A.(イタリア・ミラノ市)を通じて実施していた、Molecular Medicine S.p.A.(イタリア ミラノ市、MolMed社)の株式公開買付(TOB)が完了した。
2020年6月1日に開始した公開買付期間中の応募株式は、432,083,197株に達し、公開買付対象株式の93.23%に相当。株式対価の支払いは7月31日を予定しており、直ちにAGCグループの連結子会社となる。またその後、追加買付期間を経て、上場廃止を予定。

窯業界のM&A

AGCは、100年以上にわたる技術革新の歴史の中で培った世界トップレベルの技術を強みに、「ガラス」、「電子」、「化学品」、「セラミックス」を主な事業として展開している。

AGC Biologicsは、日本・米国・欧州の世界三極で、動物細胞と微生物を用いたCDMOサービスを提供している。

Molecular Medicine S.p.A.は、癌治療法の研究・開発・臨床検証を行っている。

本件により、AGCは、成長著しい遺伝子・細胞治療領域にまでCDMO事業の幅を広げグローバルに展開することで、製薬会社、患者、そして社会への貢献に期待する。

この記事に関連するタグ

「TOB・子会社・買収」に関連するM&Aニュース

AGCの米国バイオ医薬品CDMO事業子会社、Novartis社より米国コロラド州に保有する遺伝子治療薬工場を買収へ

AGC株式会社(5201)のバイオ医薬品CDMO事業子会社であるAGCBiologics社(アメリカ)は、NovartisGeneTherapiesInc.(アメリカ、Novartis社)との間で、Novartis社がアメリカ・コロラド州ロングモント市に保有する遺伝子治療薬工場を買収する契約を締結した。現在、最終デューディリジェンスを実施しており、完了後にNovartis社から譲受ける予定。AGC

AGC、北米建築用ガラス事業を米国Cardinal Glass Industriesに事業譲渡へ

AGC株式会社(5201)は、北米建築用ガラス事業をCardinalGlassIndustries(アメリカ、Cardinal社)に譲渡することを決定し、Cardinal社と合意した。譲渡価額は、450百万USドルとなる。AGCは、ガラス、電子、化学品、セラミックスの開発や販売、新規事業開拓等の事業を展開している。Cardinal社は、アメリカで住宅向け窓・ドア用ガラスの製造・開発・販売事業を行っ

旭硝子(5201)、フィリピンの建築用ガラス事業子会社の全持分を譲渡

旭硝子(5201)は、連結子会社AGCフラットガラス・フィリピン社(フィリピン・パシグ市、AGPH社)の全持分株式をTQMPGlassManufacturingCorporation(フィリピン・バレンズエラ市)に譲渡する契約を締結した。旭硝子は、1988年にフィリピンで建築用ガラス事業を行っていた現地法人に持ち分比率49%で資本参加した。その後、出資比率を100%に引き上げ、現地法人の社名をAG

旭硝子(5201)、タイの化学品メーカーVinythai Public Company Limitedを子会社化

旭硝子(5201)は、SolvayGroup(スイス、ソルベイ社)の子会社であるVinythaiPublicCompanyLimited(タイ、ビニタイ社)の株式を取得し子会社化することを決定し、ソルベイ社と株式譲渡契約を締結した。取得価額は約335億円。議決権所有割合は58.77%となる。旭硝子グループは、東南アジアにおいて、苛性ソーダや塩化ビニル樹脂を主な製品とするクロール・アルカリ事業の拡大

旭硝子(5201)、ドイツのバイオ医薬品開発・製造受託Biomeva社の全株式取得

旭硝子(5201)は、ドイツのBiomevaGmbh社(Biomeva社)の全株式をBiomevaHoldingGmbh社より取得し、子会社化した。Biomeva社は、バイオ医薬品の開発・製造受託サービスを欧州その他地域において提供している。本件により、旭硝子は、自社の大量生産能力とBiomeva社の開発技術を融合し、プロセス開発から原薬供給まで幅広いサービスの提供を実現し、ライフサイエンス事業の

「TOB・子会社・買収」に関連するコラム

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

広報室だより
人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年9月10日に開催されました。4回目の今回はM&Aを成功させるために欠かせないデューデリジェンス(DD、企業精査)を中心に、東日本事業法人チャネル統括部長の川畑勇人が解説しました。売り手企業の実態を知るためのデューデリジェンスM&Aの

「やらない理由がどこにある?」M&A決断のとき

M&A全般
「やらない理由がどこにある?」M&A決断のとき

先日、ある社長に3年ぶりにお会いしてきました。最初の出会いは約10年前、私がM&Aのアドバイザーとしてまだまだひよっ子だった頃です。「生意気だけど、言ってることは合ってる。信用できる奴だと思ってたよ」30歳の若僧の言葉でも真摯に聞いてくれる社長のことが、私も大好きでした。3年前に私がご提案したのは、東海エリアで10店舗展開している会社でした。事業内容や財務情報などをご説明した後、少し間をおいて、社

買い手企業が戦略的に最適な相手を見つける方法

M&A全般
買い手企業が戦略的に最適な相手を見つける方法

新聞やネットなどで「〇〇社が△△社を子会社化」や「今後M&Aで□億円投資」などといったM&A関連の記事を見ることが増えてきていると思います。今年もまだ始まったばかりですが、更に記録を更新する勢いです。上場企業や大手企業にとって、M&Aの活用は自社の成長のための手段として定着してきた印象があります。いかに上手にM&Aを活用して成長していくかという点が問われる時代になってきています。しかし、M&Aは自

上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

M&A全般
上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

上場企業オーナー経営者の企業承継のためには、非上場企業とは異なる金融商品取引法(以下、「金商法」という)に基づき、株式公開買付け(TOB)によることが殆ど不可欠である。発行済み株式の3分の1超の株式の売買を伴うケースでは、オーナー経営者が予め特定の買受人(以下、「承継予定者」という)と相対で株式を売却する場合でも、TOBによることが金商法上必要になる。そこで、検討すべき実務上のポイントを、以下に説

<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

M&A全般
<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

現在、在宅の推進や点数誘導をはじめ、調剤薬局を取り巻く環境が大きく変わりつつある。本対談では、メディカルシステムネットワーク(以下「メディシス社」という)とトータル・メディカルサービス(以下「トータルメディ社」という)の先のM&Aについて、田尻稲雄社長と大野繁樹社長の両当事者に、実情と経緯、そしてM&Aの有効性について語ってもらった。(インタビュー:日本M&Aセンター企業戦略部西川大介)新事業展開

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード