M&Aニュース

ミライト・HD(1417)、通信タワーの建設及びシェアリングサービスを展開するShanghai Changling Communication Equipment Co.,Ltdの株式取得、子会社化

更新日:

株式会社ミライト・ホールディングス(1417)の連結子会社であるLantrovision(s)Ltd(シンガポール、Lantrovision社)が、Shanghai Changling Communication Equipment Co.,Ltd(中国上海市、Changling社)の発行済株式を取得することを決定した。
取得割合は、50.1%。

ミライト・HDグループは、ICTソリューション事業、環境・社会イノベーション事業における事業領域、グローバル事業の拡大を推進している。

Lantrovision社は、LAN配線の設計・施工・保守・コンサルティング業務を中心に、シンガポールや中国をはじめアジア13か国・地域、28都市に及ぶ事業展開を図っている。

Changling社は、中国上海市を中心に既に通信タワー建設工事及びシェアリングサービス事業を展開している。

本件M&Aにより、ミライト・HDは、Lantrovision社が主要事業とするデータセンター等の通信ケーブリングに加え、通信キャリア向けインフラ整備サービスを提供する体制を整え、グローバル事業の中長期的な事業領域および収益の拡大を図る。

・今後のスケジュール
効力発生日 2020年7月1日

通信工事業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ミライト・ホールディングスに関連するM&Aニュース

ミライト・ワン、光陽ホールディングスを子会社化

株式会社ミライト・ワン(1417)は2024年3月26日開催の取締役会において、光陽ホールディングス株式会社(栃木県宇都宮市)の株式を取得し子会社化することについて決議した。本株式取得によって、光陽ホールディングス株式会社はミライト・ワンの連結子会社となる。ミライト・ワンは、株式会社ミライト・ホールディングスおよび、株式会社ミライト、株式会社ミライト・テクノロジーズの3社統合により、2022年7月

ミライト・ワングループのTTK、同社子会社のHOKUBUと二ツ山建設を合併へ

株式会社ミライト・ワン(1417)は、グループ会社である株式会社TTK(宮城県仙台市)が、TTKの連結子会社である株式会社HOKUBU(宮城県仙台市)と二ツ山建設株式会社(宮城県石巻市)を2024年4月1日を効力発生日として合併させることについて、取締役会において決議した。HOKUBUを存続会社とし、二ツ山建設を消滅会社とする吸収合併方式。HOKUBUは、土木工事・電気通信工事等を行う。二ツ山建設

ミライト・ワン、測量大手の国際航業を買収

株式会社ミライト・ワン(1417)は、国際航業株式会社(東京都新宿区)を子会社化すると発表した。ミライト・ワンは、NTT向けを主力とする国内の電気設備工事会社を傘下に迎え、規模を拡大してきた。国際航業は、航空測量や衛星画像のデータ解析などの技術に強みを持つ。2021年に日本アジアグループが株式を売却し、カーライル・グループの傘下となった。ミライト・ワンが成長領域に位置付ける強靱なまちづくりDXの取

ミライトHD、西武建設の株式取得、連結子会社化

株式会社ミライト・ホールディングス(1417)は、株式会社西武ホールディングス(9024)の連結子会社である西武鉄道株式会社(東京都豊島区)が保有する西武建設株式会社(東京都豊島区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。取得割合は、95%となる。ミライトHDは、主に通信キャリア様向けの情報通信エンジニアリング事業やソリューション事業など事業を展開している。西武鉄道は、鉄道事業、沿線観光事業、

ミライト・ホールディングス(1417)、連結子会社Lantrovision(s)Ltd、シンガポールの電気事業のYL Integrated Pte Ltdの株式取得、子会社化

株式会社ミライト・ホールディングス(1417)は、連結子会社であるLantrovision(s)Ltd(シンガポール、Lantrovision社)が、YLIntegratedPteLtd(シンガポール、YL社)の発行済株式を取得することを決定した。株式の所有割合は、85%となる。ミライト・ホールディングスグループは、情報通信インフラの構築技術をベースに「総合エンジニアリング&サービス会社」を目指し

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡」に関連するコラム

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

海外M&A
インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

本記事では、クロスボーダーM&Aで最も重要であるPMIについて、インドネシアの場合を用いてお話しします。(本記事は、2022年に公開した記事を再構成しています)M&Aのゴールは“成約”ではありません。投資側の日本企業と投資を受ける海外の現地企業両社が、思い描く成長を共に実現できた時がM&Aのゴールです。特にインドネシア企業とのM&Aは、他のASEAN諸国と比較しても難易度は高く、成約に至ってもそれ

海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

海外M&A
海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

近年アジアなど成長著しい市場をターゲットに、海外M&Aを検討する中堅・中小企業は増えております。しかし、海外M&Aでは日本国内で実施するM&A以上にノウハウが不足していることが多く、海外M&Aを実施するハードルが高いと言わざるを得ません。そこで本記事では、日本M&Aセンター海外事業部の今までの経験を踏まえて、海外M&Aの内容や実施される目的、またメリットや注意点・リスクなどさまざまなポイントについ

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年5月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード