M&Aニュース

NTT(9432)、東京センチュリー(8439)と資本業務提携

日本電信電話株式会社(9432、NTT)は、東京センチュリー株式会社(8439)との資本業務提携に合意した。

NTTグループの金融中核会社であるNTTファイナンスが新たに設立する新会社 NTT・TCリース株式会社に対し、リース事業及びグローバル事業の一部を分社型吸収分割の方法により承継させた後、東京センチュリーが新会社の株式を取得することにより、新会社を合弁会社化する。

また、NTTは東京センチュリーの実施する普通株式の第三者割当増資の一部を引受ける。
取得割合は、10%となる。

NTTは、国内外での強固な顧客基盤、グローバルなブランド力及び人材力、世界トップクラスの研究開発力等を有する企業。グループの保有する人・技術・資産を活用し、多様なサービス提供者との協業やサービス提供者のデジタルトランスフォーメーションを支援するB2B2Xモデルを推進し、それにより、スマートな社会=Smart World実現への貢献をめざしている。

東京センチュリーは、アセットの価値評価や管理能力に優れ、柔軟かつ多様な金融・サービスを提供。金融を主軸としたビジネスからの変革に注力し、優良パートナーとの共創による事業性ビジネスを推進し、新たな事業領域の拡大に注力している。

この提携により、両社の強みを融合し、協業を推進していくことで、リース・ファイナンス事業と成長分野の拡大、またさらなる企業価値の向上を図る。

●今後のスケジュール
新会社設立日 2020年2月下旬
新会社営業開始日 2020年7月1日

通信業界のM&A・事業承継の動向はこちら

日本電信電話・東京センチュリーに関連するM&Aニュース

NTT、グループ内の会社を再編、グローバル事業を統合へ

日本電信電話株式会社(9432)は、NTT株式会社(東京都千代田区、NTT,Inc.)およびNTTLimited(東京都千代田区、NTTLtd.)を、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(東京都江東区、NTTデータ)の傘下に移管し、NTT,Inc.およびNTTLtd.の下で営むグローバル事業とNTTデータグループのグローバル事業を統合することを決定した。日本電信電話は、通信事業を営む企業を傘下に持つN

東京センチュリー、ふくおかフィナンシャルグループと資本業務提携締結

東京センチュリー株式会社(8439)は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(8354、FFG)と、資本業務提携を締結した。東京センチュリーは、FFG傘下の十八総合リース株式会社(長崎県長崎市)の株式の一部取得(持分法適用関連会社化)、および十八総合リースと業務提携を行う。取得割合は、25%。十八総合リースは、FFGの戦略子会社としてさらなるリース事業拡大に向けて、商号をFFGリース株式会社とし

東京センチュリー、シエル・テールグループの⽔上太陽光発電事業に参画

東京センチュリー株式会社(8439)と、シエル・テール(フランス)は、シエル・テール・ジャパンが開発した⽇本の⽔上太陽光発電事業に参画する。東京センチュリーは、日本の大手総合リース会社。⾦融・サービス企業として、太陽光発電をはじめとする再⽣可能エネルギー事業に積極的に取り組み、⽇本を中⼼に再⽣可能エネルギー事業を運営している。シエル・テールと、東京センチュリーの連結⼦会社である京セラTCLソーラー

東京センチュリー、MIRAI-LABOと資本業務提携、合意

東京センチュリー株式会社(8439)は、バッテリーの診断評価・リユース事業等を展開するMIRAI-LABO株式会社(東京都八王子市)と資本業務提携を行うことに合意した。東京センチュリーは、国内リース事業、国内オート事業、スペシャルティ事業、国際事業を展開している。MIRAI-LABOは、環境プラットフォームの構築、太陽光路面発電技術、リユースEVバッテリー技術、バッテリーの無瞬断切替技術、省エネ照

NTTドコモ、JTOWERと連携強化を目的に資本業務提携へ

株式会社NTTドコモ(東京都千代田区、ドコモ)は、株式会社JTOWER(4485)と、インフラシェアリングの活用における連携強化を目的とした資本業務提携を行うことを決定した。本件に伴い、今後ドコモは、日本電信電話株式会社(9432)が保有するJTOWER株式の一部を取得し、議決権比率2.5%の株主となる予定。ドコモは、通信事業、スマートライフ事業、その他の事業を展開している。JTOWERは、通信イ

この記事に関連するタグ

「会社分割・第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

会社分割とは?事業譲渡との違い、種類やメリットについて解説

M&A全般
会社分割とは?事業譲渡との違い、種類やメリットについて解説

自社事業の分割・譲渡を考えている企業経営者の方には、「会社分割」は有力な選択肢となります。本記事では会社分割の種類やメリット、手続き方法、事業譲渡との違いについて解説します。会社分割とは?会社分割とは、会社の一部または全ての事業を切り離し、別会社に移転するM&A手法です。多くの場合、第三者に事業を継承してもらい、企業再編を図るために用いられます。会社分割の対象となる事業が抱える義務や権利は、移転先

資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

経営・ビジネス
資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

企業が経営活動を行い成長を目指す中で、切り離せないテーマである資金調達。本記事では資金調達方法や種類、それぞれの特徴や具体例をわかりやすく解説します。資金調達とは?資金調達とは、ビジネスを行うために必要な資金を、主に外部から調達することです。企業の成長には潤沢な資金が欠かせません。そこで、内部留保しているお金が不足している場合は資金調達を行い、必要な金額を補填します。資金調達が必要になる場面企業が

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

「会社分割・第三者割当増資・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年2月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード