M&Aニュース

出光興産(5019)、ジョイフル本田(3191)のサービスステーション事業を譲受け

出光興産株式会社(5019)は、株式会社ジョイフル本田(3191)のサービスステーション事業(SS事業)の譲受けに関する契約を締結した。
出光興産は、ガソリンスタンド7拠点、灯油スタンド15拠点、計22拠点を譲り受ける。

石炭石油製品製造販売・資源開発業界のM&A

出光興産は、特約店・販売店とともに、全国6,500ヵ所のSSネットワークを通して、地域で必要となるエネルギーの安定供給を担っている。

ジョイフル本田は、ホームセンター事業を展開している。

本件により、出光興産は、消費者への安定した燃料油供給を継続するべく、系列SSネットワークの維持を図るとともに、大型ホームセンターとのシナジー創出と新たな事業開発を目指す。

●今後のスケジュール
事業譲渡実行日 2020年4月~6月

この記事に関連するタグ

「事業譲渡」に関連するM&Aニュース

出光興産、連結子会社・出光スノーレ石油開発の株式一部譲渡へ

出光興産株式会社(5019)は、連結子会社である出光スノーレ石油開発株式会社(東京都千代田区、ISD)の株式の一部を株式会社INPEX(1605)に譲渡することについて、INPEXおよび大阪ガスサミットリソーシズ株式会社(大阪府大阪市、OSR)との間で株式譲渡契約を締結した。本件は、OSRが保有するISDの全株式および出光興産が保有する持分の一部をINPEXに売却。ISDは、持分法適用会社となる。

オートバックスセブン、ホームセンターを運営するジョイフル本田の非連結子会社の全株式取得、完全子会社化へ

オートバックスセブン(9832)は、株式会社ジョイフル本田(3191)の非連結子会社である株式会社ジョイフル車検・タイヤセンター(千葉県印西市、ジョイフル車検)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。オートバックスセブンは、オートバックスグループ店舗のフランチャイズ本部としてカー用品の卸売および小売、車検・整備、車両買取・販売、板金・塗装等の事業を展開している。ジョイフル本田は、ホームセ

出光興産、介護事業を包括的に連携・サポートする仕組みづくりに取り組むQLCプロデュースの全株式取得、子会社化へ

出光興産株式会社(5019)は、QLCプロデュース株式会社(東京都品川区)の全株式取得に関する契約を締結した。出光興産は、石油、石油化学、再生可能エネルギー、電力事業、新素材、研究開発、製造拠点、サポート&ソリューションなどの事業を展開している。QLCプロデュースは、介護事業を包括的に連携・サポートできる仕組みづくりに注⼒し事業を展開している。本件M&Aにより、出光興産は、系列特約販売店の強みを活

出光興産(5019)、英領北海における石油開発事業を譲渡

出光興産(5019)は、連結子会社であるIdemitsuPetroleumUKLtd.社(英国ロンドン、IPUK)の株式を、RockroseEnergyPLC社(英国ロンドン、ロックローズ)に譲渡することを決定し、IPUKの行っていた英国領北海における石油開発事業をロックローズ社に譲渡することに合意した。出光興産は、ノルウエー領北海地域、英領北海での石油開発事業基盤の確立と更なる事業規模拡大を目指

ジョイフル本田(3191)、投資事業のビーピーイージャパン-1と資本業務提携

株式会社ジョイフル本田(3191)は、ビーピーイージャパン-1株式会社(東京都港区、BPEJapan-1)と資本業務提携を行う旨を決議し、資本業務提携契約を締結した。BPEJapan-1は、丸の内キャピタル株式会社が運営するファンド、丸の内キャピタル第一号投資事業有限責任組合が保有するジョイフル本田の株式を取得する。発行済株式数に対する所有割合は、31.42%となる。ジョイフル本田は丸の内キャピタ

「事業譲渡」に関連するコラム

2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

調査データ
2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

経営者の死亡や体調不良等に起因する「後継者難倒産」が社会問題になりつつあります。東京商工リサーチが公表したレポートによると、2021年上半期(4-9月)の後継者難倒産件数は181件に上り、2年連続で前年同期を上回りました。今年上半期の倒産件数2,937件に占める割合は6.1%となり、比率は年々高まっています。コロナ禍における活況な政府の補助金と金融機関の融資により、倒産件数は低水準で推移しています

M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

広報室だより
M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

「審査・保険料負担なし」の日本初の自動付帯型M&A仲介保険が誕生しました。日本M&Aセンターは損保最大手の東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)と2021年10月29日に業務提携を結び、中堅・中小企業の経営者が安心してM&Aをご検討いただける保険サービスの提供を始めます。日本M&Aセンターが仲介する全てのM&A案件に適用され、当社負担で東京海上日動に保険料を支払うため、譲渡・譲受企業は審査不要

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年2月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード