ジー・スリーホールディングス(3647)、渋谷109の「SBY」を運営する連結子会社SBYの全株式を双葉貿易株式会社へ譲渡

株式会社ジー・スリーホールディングス(3647)は、連結子会社である株式会社SBY(東京都品川区)の保有全株式を、双葉貿易株式会社(新潟県三条市)へ譲渡することを決定した。
これによりSBY及びSBYの子会社である株式会社Green Micro Factory(東京都品川区、GMF)が、連結から異動する。

ジー・スリーホールディングスは、事業子会社の株式を100%保有し、グループ全体の経営戦略及び管理業務を担うとともに、事業部門として、エネルギー関連分野における中長期的な投資効率を踏まえた資産運用の観点から、太陽光発電所の保有による電力会社に対する売電事業、未着工及び稼働済太陽光発電所の買取事業、並びに太陽光発電運用会社への投資を行うことをビジネスモデルとした環境関連事業を展開している。

SBYは、ホールセール事業、ビジネス・アライアンス事業、コンセプトマーケティングショップ運営事業を主に行っている。日本を代表する流行最先端都市「渋谷」=SBYをブランドネームとし、その中核店舗は「アタラシモノ発見☆カフェ」をコンセプトにSHIBUYA109にてエンターテイメントショップを運営。

Green Micro Factoryは、世界的バーガーブランド「FATBURGER」の日本国内運営を展開、現在はMAGNET by SHIBUYA109に1店舗を出店・運営している。

双葉貿易は、カラーコンタクトレンズ、化粧品の卸売事業、ソーラー発電による売電事業、鉄及び非鉄金属のスクラップの卸売事業を展開。コスメ商品や美容コンタクトレンズの新商品開発からインターネット販売や店舗販売及び商品の輸出入についてノウハウを有する。

ジー・スリーHDは、SBYおよびGMFとの事業の関連性の低さを考慮し、経営資源の選択と集中を行うべく本件M&Aを決断した。
今後SBYおよびGMFは、双葉貿易の新規出店情報の収集から店舗開発ノウハウなどのシナジー効果を見込み、さらなる発展を目指す。

●今後のスケジュール
契約締結日 2019年12月26日
株式譲渡実行日 2020年1月1日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。