M&Aニュース

カルビー(2229)、米国子会社により米国の製菓会社Warnock Food Products, Incを買収

カルビー(2229)は、子会社であるCalbee America, Inc.(米国カリフォルニア、CAI)が、米国の製菓会社Warnock Food Products, Inc(米国カリフォルニア、Warnock社)の事業を買収することを目的として、主要株主からWarnock社の発行済株式を取得する株式売買契約書を締結し、株式取得を完了した。取得割合は80%。

食品製造業界のM&A

カルビーグループは、海外事業の拡大を中長期の成長戦略の一つとして位置づけており、北米市場はその重点地域の一つとし、北米においては、Calbee North America, LLC(以下、CNA)が、CAIの子会社としてスナック菓子の製造、販売を展開している。豆系スナック「Harvest Snaps」を中心に、素材を活かした技術によるユニークな商品で売上拡大を図っている。

Warnock社は、ポテトチップス、トルティーヤ、パフスナックなど多岐にわたるスナック菓子の受託製造を行う米国スナック菓子メーカー。

本件M&Aにより、カルビーは、世界最大のスナック菓子市場である米国において、同社のスナック菓子の商品開発力と販売網の活用を通じて、商品ポートフォリオの拡大を図る。さらに、CNAとの協業により、北米ブランドのすそ野を広げ、自社グループの北米事業の拡大を目指す。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダー・子会社・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

カルビー(2229)、さつまいもブランド「紅天使」販売のポテトかいつかの株式取得、子会社化

カルビー株式会社(2229)は、株式会社ポテトかいつか(茨城県かすみがうら市)を完全子会社化することを目的として、J-GIA1号投資事業有限責任組合及びポテトかいつかの個人株主との間で、ポテトかいつかの発行する普通株式及び新株予約権の全てを取得することに最終合意し、株式譲渡契約を締結した。取得価額は、13,800百万円。カルビーは、菓子・食品の製造・販売の大手メーカー。中期経営計画で「新たな食領域

カルビー(2229)、フィリピンUniversal Robina Corporationとの合弁解消

カルビー(2229)は、連結子会社であるCalbee-URC,Inc.(フィリピン、CURC)に関する所有全株式50.0%をUniversalRobinaCorporation(フィリピン、URC)に譲渡することを決定し、株式譲渡契約を締結した。カルビーは、2014年4月にアジアにおけるスナック菓子の有望な市場の一つと考えていたフィリピンにおいて、自社製品の参入とシェアの拡大を図るため、フィリピン

昭和産業(2004)、カルビー(2229)のコンビニ向けパン製造販売子会社の株式取得

昭和産業(2004)は、ガーデンベーカリー株式会社(東京都昭島市)の発行済株式の66.6%を取得することについてカルビー(2229)との間で株式譲渡契約を締結した。昭和産業は、冷凍パン生地及び菓子類を製造するグランソールベーカリー株式会社、その冷凍パン生地を焼成する株式会社スウィングベーカリーを連結子会社に持ち、株式会社セブン-イレブン・ジャパン向けに小麦粉・ミックス等の原料供給から焼成までを一貫

カルビー(2229)、販促物の製作および販売事業を会社分割により新設子会社へ承継

カルビー株式会社(2229)は、会社分割(簡易新設分割)により、販促物の製作及び販売事業に特化した完全子会社「カルネコ株式会社」を新設し、同事業に関する資産、債務および権利義務を承継させることを決定した。カルビーは、本件により、業務・資本提携などを行う体制を整え、新規顧客の獲得に注力し事業規模の拡大を目指す。●今後のスケジュール分割期日(効力発生日)平成28年8月1日

「クロスボーダー・子会社・株式譲渡」に関連するコラム

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとな

日本M&Aセンターが新たにESGの構成銘柄入り

広報室だより
日本M&Aセンターが新たにESGの構成銘柄入り

企業の社会的責任がより求められるなか、ESGへの取り組みが世界的にも進展しています。機関投資家が投資先を選ぶ上で、企業の財務情報だけではなく、ESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みなど非財務情報の重要性が年々高まっています。ESGインテグレーション(統合型)投資がトレンドとなっている昨今、2021年6月、うれしいニュースが舞い込んできました。ESGのグローバル基準を満たす日本企業を対象にした

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード