M&Aニュース

日本テクノ・ラボ(3849)、シンク・ラボラトリーに対し第三者割当で新株式発行

日本テクノ・ラボ(3849)は、株式会社シンク・ラボラトリー(千葉県柏市)に対する第三者割当により新株式の発行を決定した。

日本テクノ・ラボは、シンク・ラボラトリーに対して、普通株式35,000株を割り当てる。
日本テクノ・ラボの調達資金は差引手取概算額で69,400,000円。

日本テクノ・ラボは、プリンタコントローラ事業、ビデオカメラネットワークサーベランスシステム事業、情報セキュリティ事業、大容量テープ/オプティカルディスク記憶装置事業を中心としたビジネスを展開している。

シンク・ラボラトリーは、グラビア製版機器を中心とした印刷・製本・紙工機械の製造会社。

本件により、日本テクノ・ラボは、調達される資金を製品開発に充当し、今後の成長基盤の確立と中長期的な企業価値の向上を図る。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・第三者割当増資」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード