M&Aニュース

エイチ・アイ・エス(9603)、ユニゾホールディングス(3258)株式を公開買付け(TOB)

更新日:

エイチ・アイ・エス(9603)は、ユニゾホールディングス(3258)に対する公開買付けを実施することを決定した。

買付価格は1株3,100円。本TOBは、ユニゾHD株式の上場廃止を企図するものではなく、買付予定数の上限は13,759,700株(所有割合40.21%)としている。他方で、買付予定数の下限は設定していないため、応募株券等の総数が買付予定株数の上限以下の場合には、応募株券等の全ての買付け等を行う。

エイチ・アイ・エスは、ユニゾHD普通株式1,639,500株(所有割合4.79%)を所有している。
なお、本TOBの開始について、エイチ・アイ・エスとユニゾHDとの協議は行われていない。

エイチ・アイ・エスは、ホテル事業において、日本、グアム、インドネシア及び台湾の合計4カ国で33軒のホテルを展開している。中長期的に100軒展開を目指して、国内外の主要都市におけるホテル展開の検討及び準備を進めている。
また、8物件の賃貸用不動産を保有しており、中長期的に不動産事業を中核事業の一つとすることを視野に入れて事業展開を行っております。

ユニゾHDは、連結子会社20社を通じて、オフィスビル等の保有、賃貸、管理や不動産仲介等を行う不動産事業、ビジネスホテルの保有、運営等を行うホテル事業を展開している。

本TOBにより、エイチ・アイ・エスは、ユニゾHDの持つホテル経営のノウハウ、及び国内首都圏を中心とした不動産事業の経験を取り入れるとともに、自社の主要事業である旅行事業における顧客基盤や海外ネットワークを活用し、送客や売却希望のホテル案件についての情報提供、新規開業のための土地情報の提供等を行い、ユニゾHDのホテル事業の海外展開の実現を図る。
また、不動産の調達及び建設や、既存の不動産の保守・管理の能力を向上させることで、利益拡大も図る。

旅行代理店業界のM&A・事業承継の動向はこちら

不動産開発・流通・賃貸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、不動産開発・流通・賃貸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

エイチ・アイ・エス・常和ホールディングスに関連するM&Aニュース

HISのアメリカ現地法人、米Space Perspective, Inc.に出資

株式会社エイチ・アイ・エス(9603、以下HIS)のアメリカ現地法人H.I.S.U.S.A.Holding,Inc.(米国カリフォルニア州)は、SpacePerspective,Inc.(米国フロリダ州、以下SpacePerspective社)のSAFE型新株予約権の発行による出資をした。HISは、日本の大手旅行会社。旅行事業、ホテル事業、テーマパーク事業、エネルギー事業などを展開している。Spa

HIS、医療情報サービス提供のギミックへ出資

株式会社エイチ・アイ・エス(9603、以下HIS)は、株式会社ギミック(東京都渋谷区)の第三者割当増資の実施に伴い、ギミックの株式を取得した。HISは、旅行事業、ホテル事業、テーマパーク事業、エネルギー事業などを展開している。ギミックは、患者とドクターのマッチングをサポートする「ドクターズ・ファイル」を中核事業としている。HISは、ギミックが新たなサービスとしてローンチ予定の、開業医、開業医を目指

HIS、ハウステンボスを香港の投資会社に譲渡

株式会社エイチ・アイ・エス(9603、以下HIS)は、連結子会社であるハウステンボス株式会社(以下、ハウステンボス)の全株式を、香港のPAGAsiaCapitalLimitedが運用するプライベートエクイティファンドに売却することを決定した。HISは、日本の大手旅行会社。2010年4月よりハウステンボスの経営再建をすることを使命とし、テーマパーク事業に参画している。売却先は、香港のPAGAsiaC

エイチ・アイ・エス、HTBエナジーの全株式を譲渡へ

株式会社エイチ・アイ・エス(9603)は、連結子会社であるHTBエナジー株式会社(福岡県福岡市)の全株式を譲渡することを決定した。これにより、HTBエナジーはエイチ・アイ・エスの連結対象グループ会社から外れる。譲渡先は現時点では非開示。エイチ・アイ・エスは、旅行事業、ホテル事業、テーマパーク事業、エネルギー事業などを展開している。HTBエナジーは、電力小売事業を行っている。エイチ・アイ・エスは、H

ユニゾホールディングス(3258)、チトセア投資によりEBOへ

ユニゾホールディングス株式会社(3258)は、株式会社チトセア投資(東京都中央区)による普通株式に対する公開買付けに賛同し、かつ自社株式を保有する株主に対して本公開買付けに応募することを推奨する旨の意見を表明することを決定した。本公開買付けにおいては、買付価額は普通株式1株につき金5,100円。買付予定数の下限を22,813,400株(所有割合66.67%)と設定し、本公開買付けに応じて売付け等が

この記事に関連するタグ

「TOB」に関連するコラム

TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、中小企業の成長戦略にフォーカスしたセミナーを開催しております。中堅・中小企業の成長戦略としてM&Aが注目されている現在、日本M&Aセンターが支援するレバレッ

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

ポイズンピルとは?2種類の手法やメリット・デメリット、導入事例を解説

M&A全般
ポイズンピルとは?2種類の手法やメリット・デメリット、導入事例を解説

上場企業の株主が経営陣と経営方針などを巡って対立した結果、会社の支配力を強める目的で株式を買い進める場合があります。これが、「敵対的買収」です。しかし、敵対的買収に対して経営陣も何もしないわけではありません。経営陣と敵対する株主の動きを防ぐため、敵対的買収に対する様々な防衛策を発動して対抗します。その買収防衛策のひとつがポイズンピルです。本記事では、ポイズンピルの概要、メリットやデメリット、実際に

MBIとは?MBOとの違いやスキーム、活用するメリットを解説

M&A全般
MBIとは?MBOとの違いやスキーム、活用するメリットを解説

経営状態が振るわない企業に、外部の専門家を送り込み経営の立て直しを行う方法をMBIと言います。本記事ではMBIのスキームやメリット・デメリットを紹介するとともに、似た名称であるMBOやTOB、LBOとの違いについても説明します。MBIとは?MBIとは、投資家・ファンド・金融機関等が企業を買収し、経営権を握った後に経営の専門家を送り込み、企業の立て直しや、企業価値向上を図る買収形態の一つです。企業価

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

M&A全般
上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

上場企業オーナー経営者の企業承継のためには、非上場企業とは異なる金融商品取引法(以下、「金商法」という)に基づき、株式公開買付け(TOB)によることが殆ど不可欠である。発行済み株式の3分の1超の株式の売買を伴うケースでは、オーナー経営者が予め特定の買受人(以下、「承継予定者」という)と相対で株式を売却する場合でも、TOBによることが金商法上必要になる。そこで、検討すべき実務上のポイントを、以下に説

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード