M&Aニュース

クラボウ(3106)、X線方式、レーザー方式厚み計測装置メーカーの山文電気の全株式取得

クラボウ(3106)は、株式会社山文電気(大阪府東大阪市)の全株式を取得し、完全子会社化した。

繊維・衣服・装飾品製造業界のM&A

クラボウは、環境メカトロニクス事業部において、プラスチックフィルムの厚みや金属板上のコーティング剤の塗布厚みなどを非接触で高精度にオンライン計測できる赤外線方式の計測装置の開発・販売を行っている。食品包装材や鉄鋼分野、半導体や光学フィルム、リチウムイオンバッテリー分野などで展開している。

山文電気は、X線方式、レーザー方式などの厚み計測装置専門メーカー。

本件M&Aにより、クラボウは、厚み計測装置市場において両社の強みを活かした事業展開を行うことで、環境メカトロニクス事業の事業基盤の強化と業容の拡大を図る。

この記事に関連するタグ

「子会社・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

「子会社・株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード