M&Aニュース

魚力(7596)、九州の鮮魚小売専門店・最上鮮魚の株式を共同で取得へ

魚力(7596)は、株式会社最上鮮魚(福岡県北九州市)株式の39.03%を株式会社地域経済活性化支援機構(東京都千代田区)より取得することについて決定した。
最上鮮魚は魚力の持分法適用関連会社となる。

なお、株式会社ヨンキュウ(愛媛県宇和島市)が30.97%、株式会社アキラ水産(福岡市中央区)が30.00%を同時に取得する。

飲食店業界のM&A

魚力は、鮮魚・寿司の小売を主な事業としている。

最上鮮魚は、九州地区における鮮魚小売専門店最大手の一角を占めている。

本件により、魚力は、鮮魚や餌料・飼料の販売を行うヨンキュウ及び福岡市中央卸売市場において鮮魚介類の仲買を行うアキラ水産と3社の強みを融合し、最上鮮魚が保有する経営資源を活用することで、同社の更なる発展のサポートを行う。これにより、九州地区の魚食の増加、ひいては魚食文化の維持・発展、漁業の再生を目指す。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 平成30年10月5日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。