M&Aニュース

山下医科器械(3022)、光通信(9435)と資本業務提携、第三者割当新株式発行

山下医科器械(3022)は、光通信(9435)との間で、資本業務提携及び第三者割当による自己株式の処分を行うことを決定し、光通信との間で資本業務提携契約を締結した。

機械器具小売業界のM&A

光通信は、第三者割当により、山下医科器械普通株式47,533株(議決権所有割合1.86%)を引き受ける。

払込金額の総額は81,471,562円で、山下医科器械の調達資金額は手取り概算額で80,471,562円となる。

光通信グループは、現在、CRM(予約機能、紹介機能、会員証機能等を一体化した顧客関係管理システム)サービス事業「EPARK」に注力している。同サービスは現時点で約1600万ユーザーを抱え、飲食店やサービス業向けを中心にシェアを伸ばしており、医科向けサービスも展開している。

今回、山下医科器械及び光通信は、九州地区における医科向け「EPARK」の事業の共同展開に合意した。

本件M&Aにより、山下医科器械は、光通信グループの強みであるITコンテンツおよびサービス展開力と、自社が九州地区において事業を行ってきた長年の経験および知見を組み合わせることで、九州地区で医科向け「EPARK」を普及させ、両社の企業価値向上を目指す。

●今後のスケジュール
第三者割当の払込期日 平成29年10月20日

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資・資本業務提携」に関連するM&Aニュース

光通信の子会社総合生活サービス、保険代理店関連事業等を行うNFCホールディングスに対する公開買付開始へ

株式会社光通信(9435)の子会社である株式会社総合生活サービス(東京都豊島区)は、株式会社NFCホールディングス(7169)の普通株式を公開買付けにより取得することを決定した。買付予定数の下限を、本応募合意株式と同数の3,822,000株(所有割合は、21.59%)と設定。また、本公開買付けに応募された対象者株式の数の合計が当該買付予定数の下限に満たない場合は、応募株券等の全部の買付け等を行わな

ノーリツ鋼機、光通信に連結子会社日本共済の全株式譲渡

ノーリツ鋼機株式会社(7744)は、連結子会社の日本共済株式会社(東京都千代田区)の全株式を、関係当局の承認を前提として、株式会社光通信(9435)に譲渡することを決定した。ノーリツ鋼機は、写真印画自動水洗機の発明、写真処理機器メーカーとして創業されてから、ものづくり、ヘルスケア、シニア・ライフといった現代社会から必要とされる分野で展開している。日本共済は、少額短期保険業を行っている。光通信は、法

光通信(9435)、No.1(3562)よりWebマーケティング活用の情報通信端末販売子会社の株式35%を譲り受けおよび業務提携

光通信(9435)は、No.1(3562)より、同社子会社である株式会社No.1パートナー(東京都千代田区)の株式35%を譲り受けるとともに、No.1との間で、Webマーケティングによる各種情報通信端末の販売事業に関する業務提携を行うことを決定した。譲渡価額は7,000千円。No.1は、2019年4月に株式会社No.1パートナーを設立した。同社では今後Webマーケティングによる、タブレットPC・ス

エクストリーム(6033)、光通信(9435)グループで順番予約サイト運営のEPARKと資本業務提携

エクストリーム(6033)は、光通信(9435)グループ傘下の株式会社EPARK(東京都豊島区)との間で資本業務提携の実施及びEPARKに対する第三者割当増資による新株式の発行を決定し、資本業務提携契約を締結した。エクストリームはEPARKに、自社普通株式148,588株を割り当てる(実施後の持株比率5.51%)。また、エクストリームはEPARK子会社である株式会社EPARKテクノロジーズ(東京都

レカム(3323)、光通信(9435)と環境関連関連事業で資本業務提携及び同社子会社の株式取得へ

レカム(3323)は、光通信(9435)とLED照明や業務用エアコン等の環境関連関連事業に関する資本業務提携契約を締結し、光通信子会社である株式会社アイ・イーグループ・エコ(東京都豊島区、IEエコ社)株式の51%を取得することについて基本合意契約を締結することを決定した。取得価額は510百万円。レカムは、新株予約権証券30,000個を光通信に割り当てる。レカムグループは、中小企業に対する情報通信機

山下医科器械(3022)、医療関連サービス提供提供のトムスの全株式取得

山下医科器械(3022)は、株式会社トムス(広島県廿日市市)の発行済全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は920百万円。トムスは、医療機器・器具の販売やメンテナンス、病院、医院における経営コンサルタントなどを行っている。特に透析分野に強みを持つ。本件M&Aにより、山下医科器械は、グループの中核事業の一角としてトムスを譲り受けることで、顧客のニーズへの対応力の強化を図る。●今後のスケ

光通信(9435)株式交換によりインテアHD(3734)を完全子会社化

光通信(9435)およびインテアHD(3734)は、光通信を株式交換完全親会社、インテア・ホールディングスを株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、株式交換契約を締結した。本株式交換の効力発生日(平成29年3月1日予定)に先立ち、インテア・ホールディングスの普通株式は、東京証券取引所において、平成29年2月24日付で上場廃止となる予定。光通信は、インテアHD株式1株に対して、光通信の普

健康コーポレーション(2928)、光通信(9435)子会社で美容分野予約サイト運営のエンパワープレミアムを子会社化

健康コーポレーション株式会社(2928)は、富裕層向けの医療、美容、健康を中心とした美容・ヘルスケア分野に係る予約サイト事業につき、株式会社光通信(9435)と業務提携を行い、光通信の子会社である株式会社エンパワープレミアム(東京都豊島区)の株式の一部を取得して子会社化することを決定した。取得価額は45,000,000円、議決権所有割合は50.0%となる。その後、株式会社エンパワープレミアムの行う

光通信(9435)、ホームページ構築のアイフラッグ(2759)を完全子会社化

株式会社光通信(9435)は、10.31%を保有する株式会社アイフラッグ(2759)を株式交換により完全子会社化することを決定した。アイフラッグ普通株式1に対して、光通信普通株式0.012株を割当て交付する。本株式交換の効力発生日に先立ち、アイフラッグの株式は株式会社東京証券取引所において上場廃止となる見込み。アイフラッグは、ホームページの企画・構築・保守・運営サポートをパッケージングし提供してい

TBグループ(6775)、光通信(9435)と資本業務提携

株式会社TBグループ(6775)は、100%子会社である株式会社TOWAの株式を株式会社光通信(9435)へ一部譲渡し、TOWAが光通信への第三者割当増資を行うことを決定した。譲渡価額は299,501,400円、第三者割当増資による調達資金の額は159,997,200円で、TBグループの議決権所有割合は50%となる。TBグループは、LED表示機及び屋外用デジタルサイネージ、LED照明機器の企画・製

「第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「第三者割当増資・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード