M&Aニュース

AKIBAホールディングス(6840)、iconic storageを株式交換により子会社化

更新日:

株式会社AKIBA ホールディングス(6840)は、iconic storage 株式会社(東京都中央区)の株式を取得し、その後AKIBA ホールディングスを完全親会社、アイコニックを完全子会社とする簡易株式交換を行うこと決定した。

株式譲渡により、AKIBA ホールディングスの議決権所有割合は50.9%となる。取得価額は43百万円。
その後の株式交換により、100%子会社化する。

AKIBA ホールディングスは、メモリ製品その他電子部品・電子機器等の開発・製造・販売事業を行っている。
新たな事業基盤構築のため、通信コンサルティング事業、ウェブソリューション事業及びコンテンツ事業に進出している。

アイコニックは、コールセンター運営事業、コールセンター構築コンサルティング事業、携帯アプリ・ウェブサイト等のシステム開発事業などを行っている。

AKIBA ホールディングスは、アイコニックのコールセンター業務に関するノウハウを吸収することで効率的な運用の実現とサービスの質的向上を目指す。
またシステム開発関連事業分野の中でも異なる領域の事業リソースを獲得し、ウェブソリューション事業の事業領域を拡大する。

●今後のスケジュール
株式取得日 平成28年4月1日
株式交換契約締結日 平成28年7月29日
株式交換の予定日  平成28年8月31日

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

電子部品・機械器具製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、電子部品・機械器具製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

AKIBAホールディングスに関連するM&Aニュース

AKIBAホールディングス、傘下のアドテックとアキバデバイスを合併

AKIBAホールディングスグループの株式会社アドテック(東京都中央区)は、株式会社アキバデバイス(東京都中央区)を、2024年1月1日付で吸収合併した。アドテックは、1983年2月(2015年10月に商号変更により新設分割)に発足した電気機器メーカー。メモリモジュールの製造販売や、​近年は、電子部品およびコンピュータ関連製品の企画・開発・製造ならびに販売事業に加え、各種サーバー製品、産業用PC、ネ

AKIBAホールディングス傘下のアドテック、シーアールボックスを子会社化へ

株式会社AKIBAホールディングス(6840)の子会社である株式会社アドテック(東京都中央区)は、シーアールボックス株式会社(東京都八王子市、以下CRB社)の株式を取得し、同社を子会社化することを決定した。併せて、CRB社の株主との間で株式譲渡契約書を締結した。AKIBAホールディングスは、持株会社としてグループ全体の経営戦略の策定・推進、グループ経営の監査を行っている。アドテックは、電子部品およ

ベネフィットジャパン(3934)、AKIBAホールディングス(6840)のモバイルWi-Fiレンタル事業子会社の全株式取得

ベネフィットジャパン(3934)は、AKIBAホールディングス(6840)より株式会社モバイル・プランニング(東京都中央区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は500百万円。ベネフィットジャパンは、自社ブランドの通信サービス「ONLYMobile」を、主に国内の一般顧客向けに提供している。短期利用や法人向け需要、海外利用などのニーズまで、事業領域の拡大を検討していた。モバイル・

エディア(3935)、AKIBAホールディングス(6840)のレーベル事業展開子会社の全株式取得

エディア(3935)は、AKIBAホールディングス(6840)の100%子会社である株式会社ティームエンタテインメント(東京都渋谷区)の発行済全株式を取得し子会社化することを決定した。取得価額は71百万円。エディアは、スマートフォンゲームの開発・運営を主な事業として展開している。ティームエンタテインメントは、ゲームやアニメ関連の音楽・ドラマCDの企画・制作・販売を行う独立系レーベル。女性向け人気ゲ

AKIBA HD(6840)、科学技術計算分野向けコンピュータの製造・販売のHPCテックを子会社化

AKIBAホールディングス(6840)は、株式会社HPCテック(東京都中央区)の株式を取得することを決定し、HPCテックの株主との間で株式譲渡契約書を締結した。取得価額は30百万円。議決権所有割合は65.8%となる。AKIBAHDグループは、電子部品・電子機器の開発・製造・販売を行っている。現在、新たに通信コンサルティング事業、ウェブソリューション事業およびコンテンツ事業への進出に取り組んでいる。

この記事に関連するタグ

「株式交換・株式譲渡」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

会社の身売りと会社売却の違いとは?

M&A全般
会社の身売りと会社売却の違いとは?

新聞や経済ニュースなどで時折目にする「会社の身売り」という言葉は、会社売却とどのように違うのでしょうか。本記事では、身売りが指す意味合い、会社売却の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。会社売却・事業承継のお

「株式交換・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2016年3月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード