M&Aニュース

トラスト・テック(2154)、人材サービスのカナモトエンジニアリングを子会社化

株式会社トラスト・テック(2154)は、株式会社カナモト(9678)等より株式社カナモトエンジニアリング(東京都港区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。

トラスト・テックは、製造業向けに人材サービスを行っている。
カナモトエンジニアリングは、トラスト・テックと同様に技術者の人材サービスを提供している。

トラスト・テックは、両社の顧客基盤や採用、教育研修制度等を連携することにより、サービス力向上と事業拡大を図る。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 平成27年10月1日

人材派遣・紹介業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

カナモトの子会社NEK、建設機械等のリース事業をセントラルより譲受へ

株式会社カナモト(9678)は、完全子会社の株式会社NEK(岩手県奥州市)が株式会社セントラル(岩手県奥州市)より事業を譲り受けることを決定した。カナモトは、建設機械器具のレンタル、鉄鋼製品の販売、エンジニアリングワークステーションおよび周辺機器のレンタルを行っている。セントラルは、建設機械・設備機器・仮設ハウス・空調・備品のリース・レンタル・販売などを行っている。仙台地方裁判所より民事再生手続き

夢真ビーネックスグループ、技術者派遣事業の日本アクシスの全株式を取得

株式会社夢真ビーネックスグループ(2154)は、株式会社日本アクシス(茨城県ひたちなか市)の全株式を取得した。夢真ビーネックスグループは、メーカーや、ゼネコン、IT企業へのエンジニア派遣事業を行っている。日本アクシスは、研究施設向け技術者派遣および業務請負機械器具設置工事および保守メンテナンスを行っている。フロンティア研究を行う公的機関向けの⼈材派遣・請負業務は、⼈材需要が中⻑期的にも高いと期待さ

ビーネックスグループ、IT事業を展開するアロートラストシステムズを傘下に持つレフトキャピタルの全株式取得へ

株式会社ビーネックスグループ(2154)は、株式会社アロートラストシステムズ(大阪府大阪市)を傘下に持つ株式会社レフトキャピタル(東京都中央区)の全株式を取得することを決定し、払い込みを完了した。取得価額は、1,335百万円。ビーネックスグループは、ITソフト業界で⻑い歴史をもつシステム開発会社で通信・金融・流通・製造・旅行・自治体などの業界においてシステムの開発受託を行っている。レフトキャピタル

カナモト、計測機器事業のソーキHDより全株式取得、子会社化

株式会社カナモト(9678)は、株式会社ソーキホールディングス(大阪市中央区)の全株式を取得し、ソーキHDとその完全子会社で且つ中核会社である株式会社ソーキ(大阪市西区)並びにソーキHDの孫会社である株式会社ソーキ販売(大阪市中央区)を併せて子会社化することを決定した。カナモトは、建設機械器具のレンタル、鉄鋼製品の販売、エンジニアリングワークステーションおよび周辺機器のレンタルを行っている。ソーキ

カナモト、オーストラリアで建設機械レンタル・土木公共工事事業等を行う企業の株式譲渡契約書締結、子会社化へ

株式会社カナモト(9678)は、豪州所在のPorterPlantGroup(PPG)の主要事業会社3社ならびにその持株会社2社を、完全子会社であるKanamotoAustraliaHoldingsPtyLtdが発行済全株式を取得することを決定し、株式譲渡契約書(SPA)を締結することを決定した。取得価額は、約74百万豪ドル。カナモトは、建設機械器具のレンタル、鉄鋼製品の販売、エンジニアリングワーク

トラスト・ テック(2154)、IT人材派遣・育成会社3社の全株式取得、子会社化

トラスト・テック(2154)は、株式会社アクシス・クリエイト(東京都中央区)、株式会社フェイス(同区)、並びに株式会社アクシスヒューマンデベロップメント(同区)の3社の全株式を取得し、子会社化することを決定した。トラスト・テックは、中期経営計画において、IT技術分野の拡張を掲げている。アクシス・クリエイトとフェイスは、主にITエンジニア派遣事業を行っている。アクシスヒューマンデベロップメントは、主

カナモト(9678)、上海の建機レンタル・販売子会社の全持分譲渡

カナモト(9678)は、連結子会社である上海金和源建設工程有限公司(中国・上海市)の全出資持分95.0%を上海米源集団股分有限公司(同)へ譲渡することを決定した。カナモトは、上海金和源建設工程有限公司において、グループのノウハウの有効性検証や海外事業展開等を行い、海外事業の強化に取り組んできた。上海金和源建設工程有限公司は、建設機械のレンタル、販売、輸出入を行っている。本件M&Aにより、カナモトグ

トラスト・テック(2154)、英国の食品業界向け人材派遣子会社を通じて現地同業会社の株式取得

トラスト・テック(2154)は、連結子会社であるGapPersonnelHoldingsLimited(英国・クルーイド、GapGroup)を通じて、QuattroGroupHoldingsLimited(英国・ノーフォーク、QuattroGroup)の株式75%を取得することを決定した。取得価額は約982~1,125百万円。議決権所有割合は75.0%となる。トラスト・テックグループは、グローバル

トラスト・テック(2154)、英国の製造系人材サービス会社を傘下に持つ1998 Holdingsを連結子会社化へ

トラスト・テック(2154)は、1998HoldingsLimited(1998Holdings)の株式を取得し、併せて同社が実施する第三者割当増資を引き受けることにより、1998Holdings株式の75%を保有し、同社を連結子会社化する基本合意書の締結を決定した。トラスト・テックグループは、技術・製造系の人材派遣サービスにおいて、国内外で事業基盤を確立している。現在、機電系領域に加えIT・ソフ

トラスト・テック(2154)、システム開発・設計のフュージョンアイの全株式取得

トラスト・テック(2154)は、株式会社ヒューマントラストホールディングス(東京都千代田区)の100%子会社である株式会社フュージョンアイ(東京都千代田区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は962百万円。トラスト・テックは、現在主軸としている機械・電気系領域からIT・ソフト領域への拡張に取り組んでいる。フュージョンアイは、システム開発、基盤構築・運用、Webシステム開発、クラ

「株式譲渡」に関連するコラム

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2015年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード