M&Aニュース

エンビプロHD(5698)、ユー・エス・エス(4732)の新設分割会社を子会社化

更新日:

株式会社エンビプロ・ホールディングス(5698)は、株式会社ユー・エス・エス(4732)(USS)の完全子会社である株式会社カークエスト(群馬県前橋市)が会社分割新設分割)により設立する株式会社東洋ゴムチップ(仮称)の全株式を取得することを決定した。東洋ゴムチップは、カークエストの廃ゴムのリサイクル事業を承継する。USSが、東洋ゴムチップの全株式を剰余金の配当として取得した上で、エンビプロHDがUSSより東洋ゴムチップの全株式を譲受ける。取得価額は概算922百万円。

カークエストは、インターネット回線を利用した中古自動車に関する情報提供や、廃ゴムのリサイクル事業を展開している。
エンビプロHDは、資源リサイクル事業を行っている。

エンビプロHDは、本件により資源リサイクル事業の商材を広げ、総合リサイクル事業の実現を目指す。

●今後のスケジュール
分割期日 平成27年10月1日
株式譲渡実行日 平成27年12月1日

産業廃棄物・環境関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

電気・機械専門卸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、電気・機械専門卸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

エンビプロ・ホールディングス・ユー・エス・エスに関連するM&Aニュース

エンビプロHDの子会社VOLTA、シンガポールMiracle Eternal PTE LTD.および三井物産と合弁会社設立

株式会社エンビプロ・ホールディングス(5698、以下「エンビプロHD」)は、2024年5月15日開催の取締役会において、同社の連結子会社である株式会社VOLTA(静岡県富士市)とMiracleEternalPTELTD.(シンガポール、以下「MES」)と三井物産株式会社(8031)との間で、合弁会社設立に関する契約を締結することを決議した。エンビプロHDは、傘下事業会社の経営管理、並びにそれに付帯

エンビプロ・ホールディングス傘下の日東化工、湘南エヌテイケーを吸収合併へ

株式会社エンビプロ・ホールディングス(5698)は、連結子会社である日東化工株式会社(神奈川県高座郡)による、同社子会社(孫会社)である湘南エヌテイケー株式会社(神奈川県高座郡)の吸収合併、ならびに日東化工の減資の実施を決定した。日東化工を吸収合併存続会社、湘南エヌテイケーを吸収合併消滅会社とする吸収合併方式。減少する資本金の額は、資本金の額1,920,000千円を1,820,000千円減少して1

エンビプロ・ホールディングス、株式交換によりブライトイノベーションを完全子会社化へ

株式会社エンビプロ・ホールディングス(5698)は、エンビプロ・ホールディングスを株式交換完全親会社、連結子会社である株式会社ブライトイノベーション(東京都中央区)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、株式交換契約を締結した。ブライトイノベーション普通株式1株に対して、エンビプロ・ホールディングス普通株式4,356株を割当交付する。エンビプロ・ホールディングスは、傘下事業会社(総合

エンビプロHD(5698)、再生可能エネルギー発電事業等展開の連結子会社E3の全株式を同社代表取締役へ譲渡(MBO)

エンビプロ・ホールディングス(5698)は、連結子会社である株式会社E3(東京都中央区)に関する保有全株式を、同社現代表取締役である鈴木直之氏に譲渡することを決定した。これに伴い鈴木直之氏はエンビプロHDの取締役を辞任する。エンビプロHDは、再生可能エネルギー発電事業に参入することを目的として2014年2月にE3を設立した。E3は、太陽光発電所の開発に主に取り組んできた。ほか3年前からはデジタルサ

ユー・エス・エス(4732)、都内の中古車オークション会社ジェイ・エー・エーを子会社化

ユー・エス・エス(4732)は、株式会社ジェイ・エー・エー(東京都江戸川区)の株式を取得し、独禁法の問題をクリアできることを条件に子会社化することを決定した。議決権所有割合は66.04%となる。ジェイ・エー・エーは、中古車オークション事業を行っている。本件M&Aにより、ユー・エス・エスは、経営の合理化を行い、中古車オークションに更なる付加的機能を提供することで、中古車流通市場の更なる活性化を図る。

この記事に関連するタグ

「会社分割・新設分割・株式譲渡」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

親族内や自社の内外に後継者としてふさわしい人物が見つからないオーナー経営者にとって、最終的に残される選択肢は2つしかありません。ひとつは廃業で、そしてもうひとつは会社の売却です。本記事では、会社売却の近況や会社を売るメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

「会社分割・新設分割・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2015年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード