M&Aニュース

エンビプロHDの子会社VOLTA、シンガポールMiracle Eternal PTE LTD.および三井物産と合弁会社設立

更新日:

株式会社エンビプロ・ホールディングス(5698、以下「エンビプロHD」)は、2024年5月15日開催の取締役会において、同社の連結子会社である株式会社VOLTA(静岡県富士市)とMiracle Eternal PTE LTD.(シンガポール、以下「MES」)と三井物産株式会社(8031)との間で、合弁会社設立に関する契約を締結することを決議した。

エンビプロHDは、傘下事業会社の経営管理、並びにそれに付帯する業務を行う。

VOLTAは、リチウムイオン電池やニッケル水素電池等の充電式電池のリサイクル事業を行う。

MESは、使用済み電池、ブラックマス(有用金属濃縮滓)、その他廃材、中間製品のトレーディング、ブラックマス製造、湿式製錬工場の設計、コンサルティング等を行う。

三井物産は、大手総合商社 として金属資源、エネルギー、プロジェクト、モビリティ、化学品、鉄鋼製品、食料、流通事業、ウェルネス事業、ICT事業、コーポレートディベロップメントの各分野において、全世界の営業拠点とネットワーク、情報力などを活かし、多種多様な商品販売とそれを支えるロジスティクス、ファイナンス、さらには国際的なプロジェクト案件の構築など、各種事業を多角的に展開する。

合弁会社設立の目的

合弁会社設立により、サプライチェーンにおける市場拡大とリサイクルにおける資源有効活用の拡大を図り、サーキュラーエコノミー実現に向けた取り組みを狙う。

具体的には、MESの海外からの廃電池等の原料調達力及び三井物産のグローバルな事業基盤を活用し、2024年9月の設備稼働に向けて準備を進めていく。

設立する合弁会社の概要

名称  :株式会社J-Cycle
所在地 :東京都中央区
事業内容:電池等の回収、再生、加工、製錬、販売ならびに分析、鉄屑、非鉄金属、希少金属、
     プラスチック等の加工及び売買、古物営業法に基づく古物商
出資金額(出資比率):VOLTA 102百万円(51%)、MES 54百万円(27%)、三井物産 44百万円(22%)

日程

① 取締役会決議日   :2024年5月15日
② 合弁契約締結日   :2024年5月15日
③ 第三者割当増資払込日:2024年6月28日(予定)
④ 事業開始日     :2024年9月中(予定)

産業廃棄物・環境関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

エンビプロ・ホールディングスに関連するM&Aニュース

エンビプロ・ホールディングス傘下の日東化工、湘南エヌテイケーを吸収合併へ

株式会社エンビプロ・ホールディングス(5698)は、連結子会社である日東化工株式会社(神奈川県高座郡)による、同社子会社(孫会社)である湘南エヌテイケー株式会社(神奈川県高座郡)の吸収合併、ならびに日東化工の減資の実施を決定した。日東化工を吸収合併存続会社、湘南エヌテイケーを吸収合併消滅会社とする吸収合併方式。減少する資本金の額は、資本金の額1,920,000千円を1,820,000千円減少して1

エンビプロ・ホールディングス、株式交換によりブライトイノベーションを完全子会社化へ

株式会社エンビプロ・ホールディングス(5698)は、エンビプロ・ホールディングスを株式交換完全親会社、連結子会社である株式会社ブライトイノベーション(東京都中央区)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、株式交換契約を締結した。ブライトイノベーション普通株式1株に対して、エンビプロ・ホールディングス普通株式4,356株を割当交付する。エンビプロ・ホールディングスは、傘下事業会社(総合

エンビプロHD(5698)、再生可能エネルギー発電事業等展開の連結子会社E3の全株式を同社代表取締役へ譲渡(MBO)

エンビプロ・ホールディングス(5698)は、連結子会社である株式会社E3(東京都中央区)に関する保有全株式を、同社現代表取締役である鈴木直之氏に譲渡することを決定した。これに伴い鈴木直之氏はエンビプロHDの取締役を辞任する。エンビプロHDは、再生可能エネルギー発電事業に参入することを目的として2014年2月にE3を設立した。E3は、太陽光発電所の開発に主に取り組んできた。ほか3年前からはデジタルサ

エンビプロHD(5698)、ユー・エス・エス(4732)の新設分割会社を子会社化

株式会社エンビプロ・ホールディングス(5698)は、株式会社ユー・エス・エス(4732)(USS)の完全子会社である株式会社カークエスト(群馬県前橋市)が会社分割(新設分割)により設立する株式会社東洋ゴムチップ(仮称)の全株式を取得することを決定した。東洋ゴムチップは、カークエストの廃ゴムのリサイクル事業を承継する。USSが、東洋ゴムチップの全株式を剰余金の配当として取得した上で、エンビプロHDが

この記事に関連するタグ

「合弁企業の設立」に関連するコラム

合弁会社とは?メリットや設立までの流れをわかりやすく解説

経営・ビジネス
合弁会社とは?メリットや設立までの流れをわかりやすく解説

新規事業の立ち上げや海外進出の場面で用いられる法人形態として、合弁会社があります。本記事では合弁会社の概要、他の法人形態との違い、設立までの流れなどについてわかりやすく解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら合弁会社とは?合弁会社とは、複数の企業が共同出資によって新たに設立す

【M&Aの新潮流】NOBUNAGAサクセション設立

広報室だより
【M&Aの新潮流】NOBUNAGAサクセション設立

十六フィナンシャルグループ(十六FG)と日本M&Aセンターホールディングス(日本M&AセンターHD)による合弁会社で経営承継支援を担う「NOBUNAGAサクセション」が2023年7月3日に事業を開始しました。地域金融機関とM&A仲介会社が経営承継支援に関する合弁事業は日本初の試みで、岐阜県と愛知県を中心とした企業の経営承継を支援していきます。織田信長と”承継”を冠にした社名社名は岐阜ゆかりの天下人

【全国初】十六FGと合弁事業を始動 地域経済活性化に向け連携を強化

広報室だより
【全国初】十六FGと合弁事業を始動 地域経済活性化に向け連携を強化

地域金融機関との連携を深めて、東海エリアでさらに経営承継支援を推進していきます。日本M&Aセンターホールディングスは2023年4月6日、地域社会を担う企業の事業承継などを支援していく目的で、十六フィナンシャルグループ(岐阜市)と「合弁事業の検討にかかる基本合意書」を締結いたしました。当社と地域銀行における事業承継・経営承継支援に関する合弁事業は、全国初の取り組みとなります。2023年夏頃にも合弁会

キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

海外M&A
キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

国内外のM&Aに精通するDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する新企画「Dr.MのM&Aポイント解説」。第1回で取り上げる企業は「キリンホールディングス」。国内ビール業界の中でも海外展開を積極的に進めてきたキリンで、いま何が起きているのでしょうか。|*概要*||-------------------------------------------

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード