M&Aニュース

セントラル警備保障、阪急阪神ハイセキュリティサービスから常駐警備事業を承継

更新日:

セントラル警備保障株式会社(9740)は、阪急阪神ハイセキュリティサービス株式会社(大阪府大阪市)が直轄運営する常駐警備事業を吸収分割にて承継すると発表した。

阪急阪神ハイセキュリティサービスを分割会社とし、セントラル警備保障を承継会社とする吸収分割方式。

セントラル警備保障は、常駐警備、機械警備、輸送警備、機器販売及び工事を行っている。

阪急阪神ハイセキュリティサービスは、常駐警備 、 機械警備 、 集配金業務、駐車場管理を行っている。

本吸収分割の目的

関西地区での新たな取引基盤を獲得することにより、大阪万博の開催や大阪梅田エリアの再開発事業におけるセキュリティニーズを積極的に取り込む狙い。

本吸収分割の日程

取締役会決議日    :2024年5月15日
契約締結日      :2024年5月15日
本吸収分割の効力発生日:2024年7月1日(予定)
金銭交付日      :2024年7月1日(予定)

警備業界のM&A・事業承継の動向はこちら

警備業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、警備業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

セントラル警備保障に関連するM&Aニュース

セントラル警備保障、東亜警備保障を子会社化へ

セントラル警備保障株式会社(9740)は、東亜警備保障株式会社(栃木県宇都宮市)の発行済株式を取得し、子会社化することを決定した。セントラル警備保障は、施設警備、防火・防災の安全管理、要人身辺警護等の常駐警備、オンラインセキュリティ、ホームセキュリティ等の機械警備を行っている。東亜警備保障は、栃木県内を中心として常駐警備、機械警備、運輸警備等を展開している。本件M&Aによりセントラル警備保障は、エ

セントラル警備保障、警備業務・防犯防災機器の販売を行うCSP東北の株式取得、子会社化へ

セントラル警備保障株式会社(9740)は、CSP東北株式会社(宮城県仙台市、CSPTK)の発行済株式を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は、67.0%。セントラル警備保障は、常駐警備、機械警備、輸送警備、機器販売および工事事業を展開している。CSP東北は、警備業務・防犯防災機器の販売を行っている。本件M&Aにより、セントラル警備保障は、グループの東北地区の再編を実施する。また、セン

ミロク情報サービス(9928)の子会社MJS Finance & Technology、セントラル警備保障(9740)の子会社スパイスの全株式取得、子会社化

株式会社ミロク情報サービス(9928、MJS)の子会社である株式会社MJSFinance&Technology(東京都中央区、MFT)は、セントラル警備保障株式会社(9740、CSP)の子会社であるスパイス株式会社(東京都目黒区)の全株式を取得した。MJSは、全国の会計事務所と中堅・中小企業に対し、財務会計・税務を中心とした各種システムおよび経営・会計・税務等に関する多彩な情報サービスを提供してい

セントラル警備保障(9740)、電気設備施工・警備機械製造のシーティディーネットワークスの株式取得、子会社化

セントラル警備保障(9740)は、シーティディーネットワークス株式会社(東京都中央区)の発行済株式の51.0%を取得し、子会社化することを決定した。セントラル警備保障は、画像関連サービスを中心とした機械警備の拡販強化を図っている。シーティディーネットワークスは、電気通信システム及び電気設備の設計・施工・メンテナンスを総合的に提供している。また、子会社である株式会社グラスフィアジャパン(東京都中央区

セントラル警備保障(9740)、神奈川の特別警備保障を子会社化

セントラル警備保障(9740)は、株式会社特別警備保障(神奈川県平塚市)の発行済株式の60.3%を新たに取得し、子会社化することを決定した。特別警備保障は、神奈川県内を中心に、主に機械警備、警備輸送業務、施設警備を展開している。本件により、セントラル警備保障は、主たる営業圏の関東エリアにおいて機械警備を強化し、相互の企業価値の向上を図る。●今後のスケジュール株式譲渡実行日平成28年9月30日

この記事に関連するタグ

「事業承継・吸収分割」に関連するコラム

所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

経営・ビジネス
所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

日本の中小企業では、出資者である株主が経営者を兼務する「オーナー企業」の形態をとるケースが多く見られます。本記事では、所有と経営の分離について、そのメリットやデメリット、所有と経営の分離を行う方法などについて解説します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタン

2代目社長への事業承継を成功させるポイントとは?

事業承継
2代目社長への事業承継を成功させるポイントとは?

創業者が立ち上げた事業を引き継ぎ、育てていく役割が求められる2代目社長には多くの悩みがあります。2代目社長が事業を時代に合わせ進化させ、さらなる成長を遂げるケースがある一方で、残念ながら経営に躓いてしまうケースも少なくありません。本記事では、創業者が2代目社長に事業を引き継ぐ際に注意すべきこと、成功につなげるポイントをご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継

「いばらき経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第三弾

事業承継
「いばらき経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第三弾

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援してまいりました。創業33年を迎える2024年4月、いばらき経営相談窓口がスタートします。地方創生プロジェクトの第三弾となる「いばらき経営相談窓口」について、担当コンサルタントに話を聞きました。会社の経営・事業承継に関するご相談は無料、秘密厳守で対応いたします。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。いばらき経営相談窓口

【広報誌「MAVITA」Vol.3より】M&Aを戦略の中心に置く成長企業の現在地

広報室だより
【広報誌「MAVITA」Vol.3より】M&Aを戦略の中心に置く成長企業の現在地

「世界一のエンタメ企業」をビジョンに掲げ躍進を続けるGENDA。推進力の中心にM&A戦略があります。その狙いとは?日本M&Aセンターが発刊する広報誌「MAVITA」Vol.3で掲載した、M&Aを戦略の柱に躍進を続けるエンターテイメント企業GENDAの申真衣社長と、サーチファンドの仕組みを利用して経営者となり、事業承継後2年目にして売上高を2倍に伸ばしGENDAにグループインしたアレスカンパニーの大

著者インタビュー!『社長の決断から始まる 企業の最高戦略M&A』

広報室だより
著者インタビュー!『社長の決断から始まる 企業の最高戦略M&A』

日本M&Aセンターは、書籍『社長の決断から始まる企業の最高戦略M&A』を東洋経済新報社より発売しました。著者の柴田彰さんに、発刊の経緯と本書に込めた想いを聞きました。M&Aしかないとわかっていても、踏み出せない理由――本書は、経営者が押さえておくべき経営戦略の一つとして、M&Aの特に「譲渡」に特化した書籍です。なぜこのテーマで本を出そうと思われたのですか。日本には二つの大きな課題があります。一つ目

会社の身売りと会社売却の違いとは?

M&A全般
会社の身売りと会社売却の違いとは?

新聞や経済ニュースなどで時折目にする「会社の身売り」という言葉は、会社売却とどのように違うのでしょうか。本記事では、身売りが指す意味合い、会社売却の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。会社売却・事業承継のお

「事業承継・吸収分割」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード