コラム

ゴールデンパラシュートとは?その意味やメリット・デメリットをわかりやすく解説

M&A全般
更新日:

⽬次

[表示]

ゴールデンパラシュートとは
M&Aは友好的な買収がある一方で、会社の支配力を強める目的で敵対的買収が行われることもあります。そうした敵対的買収者の動きを防ぐために発動される防衛策のひとつが、ゴールデンパラシュートです。
本記事では、ゴールデンパラシュートの概要を、事例を交えて詳しく解説していきます。

ゴールデンパラシュートとは?

ゴールデンパラシュートとは、買収価格を高騰させることで買収意欲を削ぎ、抑止効果を高める買収防衛策です。

敵対的買収などで経営権が移動した場合、経営陣側に支払われる退職金を通常よりも高額になるよう、企業があらかじめ経営陣と契約を結んでおきます。買収者側にとっては買収コストが大幅に上昇するため、これが抑止力となり、敵対的買収を防ぐわけです。

ゴールデンパラシュートの由来

ゴールデンパラシュートという名前は「経営陣が会社から追い出されることになっても、高額な手当てをもらって脱出できる」という特徴に由来します。

1960年代、トランス・ワールド航空の社長であるチャールズ・ティンガリスト Jr氏との雇用契約に、仕事を失った際に多額の退職金が支払われるという条件が掲載されていたことをきっかけに、ゴールデンパラシュートという言葉が広まったと言われています。(※)

その後、企業買収が盛んに行われた1980年代には、アメリカの多くの企業が買収防衛策として導入しました。

※出典:TIME “Biggest Golden Parachutes”(条件として掲載はされたものの、実際に発動はされなかった)

非上場企業でもゴールデンパラシュートの活用は考えられる

上場企業以外でも、相続によって株式が分散している場合や、非上場のぺんてる社にコクヨ社が買収を仕掛けたケース(2019年)など非上場企業であってもプロキシ―ファイト(※)が行われる場合、あるいは上場を目指して譲渡制限を撤廃する場合には、敵対的買収のリスクにさらされる場合があります。そのため非上場企業の場合でも、ゴールデンパラシュートの活用は十分考えられます。

※プロキシ―ファイト:株主総会における議案の採否をめぐり、特定の株主と会社の経営陣との間で、他の株主の議決権獲得を目的として他の株主を勧誘し、その委任状を争奪し合うこと。

コクヨ、保有するぺんてるの全株式をプラスに譲渡(2022年09月30日)

ゴールデンパラシュートのメリット


本来の買収を抑止する以外に挙げられるメリットは、主に以下の通りです。

買収された際の保険として備えられる

敵対的買収が実行されて解任・解雇されることになっても、経営陣には高額な退職金が約束されています。解任・解雇によって突如すべてを失うよりも、退職金を元手に、新たな事業を始めるという選択肢も考えらるでしょう。
このように経営陣にとっては、万が一の場合に備えて保険としての側面がある点は大きなメリットに挙げられます。

ゴールデンパラシュートの注意点・デメリット

ゴールデンパラシュートを導入する注意点・デメリットは、主に以下の通りです。

株主や従業員の反発を招きやすい

株主や従業員にとって大切なのは、会社経営を安心して任せられる経営陣です。それが現経営陣でも敵対的買収者でも、株主たちには関係ありません。仮に敵対的買収者の方が経営者として優秀であるならば、おそらく株主たちは現経営陣の退陣を求めるでしょう。

しかし、ゴールデンパラシュートが導入されてしまうとそのチャンスを逃してしまうだけでなく、ゴールデンパラシュートが発動すると経営陣だけがメリットを受けることになりますので、株主や従業員からの反発を招く可能性があります。

買収を強行されると経営陣の個人信用度が下がる

買収者にとって、経営陣の退職金が大きな損失にならないと判断とし買収を強行する可能性もあります。経営陣だけがメリットを享受したと認識されて、経営陣個人の信用度が低下することが予想されます。経営陣が退職金を元手に新たなビジネスを展開を予定していた場合には、不利な状況になるでしょう。

利益相反義務に違反するリスクがある

前述の通り、ゴールデンパラシュートが買収によって発動してしまったとしても、退職金が上積みされる経営陣にとっては必ずしもデメリットにはなりません。このように、どちらに転んだとしても経営陣にとっては都合が良い状況になると判断された場合は、利益相反義務に違反するリスクがあります。

ゴールデンパラシュートが用いられた買収防衛事例


ゴールデンパラシュートが防衛策として用いられた事例をご紹介します。

RJRナビスコによるゴールデンパラシュートの事例

ゴールデンパラシュートの発動事例として広く知られている事例は、アメリカのRJRナビスコをめぐる買収劇です。1980年代後半に起きたこの事例は世界中に広く知れ渡っており、後に書籍化やテレビ・映画など映像化もされました。

RJRナビスコ社は、1989年に投資ファンドKKRによって敵対的買収が仕掛けられます。結果的に買収は実行され、当時CEOだったロス・ジョンソン氏は経営権を明け渡すことになりますが、ゴールデンパラシュートを設定していたことにより、同氏には5,800万ドルもの巨額の退職金が支払われました。

ゴールデンパラシュートに対する世界の傾向

1980年代に敵対的買収が活発に行われたアメリカでは、役員報酬のパッケージとしてゴールデンパラシュートを導入する企業が増えていましたが、行き過ぎた役員報酬の高額化は世間から厳しい目で監視されるようになります。

たとえば、フランスではゴールデンパラシュートを含めた役員退職金の上限を年収の2倍に定めた結果、ゴールデンパラシュートの効果は限定的なものになりました。

またスイスでは、2013年の法改正により、ゴールデンパラシュートが実質的に禁止となりました。アメリカはまだそこまで厳しくはないものの、ゴールデンパラシュートは世界的に規制傾向にあると言えます。

ゴールデンパラシュート以外の買収防衛策


ここまで解説してきたゴールデンパラシュート以外にも、多くの買収防衛策が世界中の企業で導入されています。そのうち、主要なものが以下の8つです。

  • ポイズンピル(Poison Pill)
  • ホワイトナイト(White Knight)
  • パックマンディフェンス(Pac-Man Defense)
  • ティンパラシュート(Tin Parachute)
  • クラウンジュエル(Crown Jewel)
  • マネジメントバイアウト(Management Buyout)
  • ピープルピル(People Pill)
  • ジューイッシュデンティスト(Jewish Dentist)

どのような買収防衛策なのか、それぞれ見ていきましょう。

ポイズンピル(Poison Pill)

ポイズンピルとは、企業が敵対的な買収者以外の株主に対し、あらかじめ新株を市場価格より安く取得できる新株予約権を付与する買収防衛策です。
新株予約権は市場価格よりも安い価格に設定されているため、権利を行使することで既存の株主(敵対的買収者は除く)は安価、もしくは無料で新株が手にできます。

なお、敵対的買収を仕掛けられた後で買収目的や事業計画の開示を求め、その内容次第でポイズンピルを発動する「事前警告型ポイズンピル」と、信託銀行に新株予約権を預け、敵対的買収が仕掛けられたタイミングでポイズンピルを発動する「信託型ポイズンピル」の2種類があります。

ホワイトナイト(White Knight)

ホワイトナイトとは、敵対的買収を仕掛けられた企業が新たに友好的な買収者(=ホワイトナイト)を探して買収もしくは合併してもらうことで、敵対的買収者の買収を防ぐ方法です。
ホワイトナイトになる企業は予定外のM&Aを持ち掛けられるため、通常よりも有利な条件が提示されます。そのため、敵対的買収は防げる一方、被買収会社にとっては不利な条件を提示しなければならない点や、友好的買収者による買収・合併によって会社の独立性が低下するリスクを孕む点に注意が必要です。

パックマンディフェンス(Pac-Man Defense)

パックマンディフェンスとは、敵対的買収を仕掛けてきた買収者に対し、逆に買収を仕掛ける買収防衛策です。
しかし、敵対的買収者が被買収会社より事業規模や保有資産額が大きいケースがほとんどであるため、仕掛けることはほぼ不可能です。ただし、買収会社の株式を4分の1取得できれば、会社法上、買収会社による被買収会社に対する議決権は失われます。このルールを利用して、相手の発行済株式総数の4分の1を目指して株式を買い進めるのがパックマンディフェンスです。近年では利用されることがほとんど無いといわれています。

ティンパラシュート(Tin Parachute)

ゴールデンパラシュートの従業員版が、ティンパラシュートです。あらかじめ敵対的買収が行われた際に解雇される従業員への退職金を増額しておくことで、買収に対する意欲低下や抑止効果を狙います。
ゴールデンパラシュートは役員退職金を増額するため株主総会の承認が必要ですが、ティンパラシュートでは取締役会の決議のみで決定できるため、導入するハードルが低く使いやすいです。

クラウンジュエル(Crown Jewel)

クラウンジュエルとは、敵対的買収を仕掛けられた際に、自社のコア事業や重要な資産などの第三者に譲渡もしくは分社化して社外へ流出させてしまうことにより、自社の価値を低下させて買収の意欲を削ぐ買収防衛策です。
クラウンジュエルは王冠についている宝石を意味し、これを外してしまうことで自社(=王冠)の価値を下げてしまうことからこの名前がつけられました。なお、コア事業などの譲渡には株主総会の特別決議が必要ですが、重要資産の処分は取締役会の決議のみで行えます。

マネジメントバイアウト(Management Buyout)

マネジメントバイアウト(MBO)とは、経営陣が既存の株主から広く株式を買い集め、株式を集中させることにより経営課題の改善や事業譲渡、上場廃止などを行う方法です。経営陣に株式が集中する点から、買収防衛効果が生じることになります。

ピープルピル(People Pill)

ピープルピルとは、敵対的買収が行われた際に経営陣をはじめ業績を支えるリーダーなどが一斉に総退陣することをあらかじめ定款などに定めておき、買収意欲の低下と抑止効果を狙う方法です。
コア事業や会社を支える主力サービスが優秀な一部の社員やリーダーなどへの依存度が高い場合には、買収防衛策として高い効果を発揮します。

ジューイッシュデンティスト(Jewish Dentist)

ジューイッシュデンティストとは、敵対的買収者に対してマスコミなどを通じてネガティブなイメージを広めることにより、世論を味方につけて買収者の社会的信用を失墜させて、買収意欲を削ぐ方法です。
かつて、ユダヤ人の歯科器具メーカーが敵対的買収を仕掛けられた際にこの方法を用いて買収者を撃退したことから、「ジューイッシュデンティスト(ユダヤ人の歯科医)」という名がつけられました。

終わりに

1980年代のアメリカでは、M&Aの増加にともない敵対的買収が増えましたが、それを防ぐための買収防衛策も多く生み出されました。ゴールデンパラシュートも買収防衛策のひとつであり、世界中の多くの企業で導入されてきた歴史があります。
しかし抑止力がある反面、発動されても恩恵を受けるのは経営陣だけであることから世界的には縮小傾向に向かっています。

前述の通り、上場企業だけでなく非上場企業においても、経営権をめぐる争いは決して他人事ではありません。このような混乱を避け、会社経営をスムーズに行うため、専門家のアドバイスを受けながら対策を進めていくのが良いでしょう。

日本M&Aセンターの企業戦略サービス

日本M&Aセンターでは戦略実現のためのプロアクティブサーチや企業組織再編など、高度なスキーム提案を上場企業専門チームが行います。詳しくは専任のコンサルタントまでお尋ねください。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「敵対的買収・買収」に関連するコラム

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

M&A全般
企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

事業承継や業界再編への対応策として、企業買収の動きは今後ますます加速することが考えられます。本記事では、企業買収の基礎を整理した上で、その種類やメリット・デメリット、具体的な流れなどについて解説します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこち

買収防衛策とは?敵対的買収から会社を守る対策と事例、導入の流れについて解説

M&A全般
買収防衛策とは?敵対的買収から会社を守る対策と事例、導入の流れについて解説

グループ内の組織再編や、事業承継問題の解消など様々な経営課題解決の手段として、国内外で数多くの企業買収が行われています。その一方で、買収者が自己の短期的利益の獲得を目的に行う企業買収も存在します。このような買収は株主だけでなく、従業員や取引先などのステークホルダーにも影響を及ぼすため、買収防衛策を検討しておくことは経営者としての責務であると言っても過言ではありません。本記事では、買収防衛策の概要、

ポイズンピルとは?2種類の手法やメリット・デメリット、導入事例を解説

M&A全般
ポイズンピルとは?2種類の手法やメリット・デメリット、導入事例を解説

上場企業の株主が経営陣と経営方針などを巡って対立した結果、会社の支配力を強める目的で株式を買い進める場合があります。これが、「敵対的買収」です。しかし、敵対的買収に対して経営陣も何もしないわけではありません。経営陣と敵対する株主の動きを防ぐため、敵対的買収に対する様々な防衛策を発動して対抗します。その買収防衛策のひとつがポイズンピルです。本記事では、ポイズンピルの概要、メリットやデメリット、実際に

TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらTOB(株式

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

「敵対的買収・買収」に関連する学ぶコンテンツ

「敵対的買収・買収」に関連するM&Aニュース

第一生命HD、TOBが成立したベネフィット・ワンを完全子会社化

第一生命ホールディングス株式会社(8750、以下「第一生命HD」)が2024年2月8日付で公表した「株式会社ベネフィット・ワン株式(証券コード:2412)に対する公開買付けの開始に関するお知らせ」に記載のとおり、第一生命HDは、2024年2月9日より、株式会社ベネフィット・ワンの株主を第一生命HDのみとし、2024年2月9日現在、株式会社東京証券取引所プライム市場に上場していたベネフィット・ワンの

総合不動産サービスのJLL、子会社で工事の設計・施工・監理等のジョーンズ ラング ラサール コンストラクションズを吸収合併

東京2024年5月22日、ジョーンズラングラサール株式会社(東京都千代田区、以下「JLL」)は、2024年7月1日付で、JLL子会社のジョーンズラングラサールコンストラクションズ株式会社(東京都千代田区、以下「JLLC」)を吸収合併することを発表した。JLLは、大手総合不動産サービス会社。主要サービスの一つとして、国内外の企業にオフィスや物流施設、ホテルなどの開発プロジェクトマネジメントを提供して

ラストワンマイル、インターネット無料マンション事業を行うSHCを完全子会社化

株式会社ラストワンマイル(9252)は、株式会社SHC(愛知県名古屋市)を株式交換にて完全子会社化すると発表した。ラストワンマイルを株式交換完全親会社、SHCを株式交換完全子会社とする株式交換。ラストワンマイルは、電気・ガス・インターネット回線などのサービス販売を手掛けている。SHCは、中部、関西、中国、九州、北海道を中心にインターネット無料マンション「FReeNeXT」事業、コールセンター事業、

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース