コラム

拡大する世界市場

今井 進一

Nihon M&A Center Singapore(シンガポール現地法人) Senior Consultant

海外M&A

⽬次

[表示]

拡大する世界市場イメージ
前回のブログ「成長戦略としてのIN-OUT M&A」にて、『拡大する世界市場』という点に触れておりましたのでそれに関するお話をしたいと思います。

アジアと日本の将来

前回のブログで記述されていたように、2050年には世界のGDPの50%近くをインド、中国やASEAN諸国からなるアジアが占有すると試算されています。現在名目GDPが世界3位である日本は、2050年では7位まで低下すると予想されています。人口が約20%、労働者人口(15~64歳)は約30%減少するといわれており、残念ながらこの先内需を牽引するような明るい兆しは見えません。

日本市場の減少局面は続く反面、世界経済の中心が近隣のアジアにシフトしてくるため、日本企業は狭まる国内市場での生存競争に取り組みつつ、拡大するアジア市場に成長を求める、という戦略が現実的なものになると考えています。

一昔前は日本から海外進出(In-Out)をグローバル化と捉える傾向がありましたが、これからは多くの業界において、海外とりわけアジア圏から日本に進出(Out-In)してくるという双方向の意味でグローバルの時代になると考えられます。経済的な意味でいうヒトやモノ、資本、情報、技術の交流だけでなく、文化や生活レベルにおいてもこの先ますますアジアの国々が身近な存在になってきます。
日本国内にいてもアジア諸国との競争や協業がますます求められ、大企業に限らず多くの中堅中小企業でも直面することだと考えられます。

海外展開の目的と難易度

近年、海外に展開する企業の8割ほどが、海外進出の一番の目的を「販売機能の強化」としており、海外を市場として見なす傾向が強く表れています。過去、特にアジアにおいては購買力が乏しい未成熟なマーケットとらえ、『低コスト』を求めた進出が多くありました。しかし近年は大きな市場としてアジア圏をとらえ、各国の市場への参入が大きな目的となっています。しかしそれには、各国の事情に合わせた組織をつくり、現地の顧客企業や消費者を開拓しなければなりません。

日本で優良企業といわれる会社であっても、現在の事業地盤を築き上げるまで長年の努力を要したのではないでしょうか。それが勝手の異なる国でも同様に成功すると考えるのはあまり現実味がありません。たとえ技術やブランドに長けていても、国内の成功の延長で海外ビジネスが立ち上がるとは限りません。その地で生まれ育った現地企業を競争相手として市場が開拓できるものでもありません。「外国人」としてその地で競争力のある組織や事業基盤をゼロからつくることは容易ではなく、売上が安定するまで数年を要することは全く珍しくなく、進出企業からは長年収益貢献できていないという話も頻繁に耳にします。

海外M&Aという選択肢

そこで取りうる有力な選択肢のひとつとして、事業基盤が構築された「活きの良い」地場企業を買収し、その経営資源を活用するということがあります。現地の販路や仕入先、外注先、製造機能などのサプライチェーン、若く意欲ある従業員といった自前では容易に構築できない有形無形の資産を保有する企業を買収することでタイミングを逃さずに短期間で本格的な事業推進が可能になります。

実際、日本M&Aセンターには単独での市場開拓に苦しむ日本企業からの相談も多く寄せられており、そういった企業による海外の市場獲得を目的とした現地企業の買収を支援させていただいています。

日本M&Aセンター 海外事業部は、ASEAN主要国に拠点を構え、事業基盤を有する現地企業の売却案件を開拓しています。現地市場への本格的な参入を志向する日本企業に向けて、M&Aによって実現可能となるようサポートしています。
日本M&Aセンターがこれまで30年をかけて国内で中堅・中小企業M&Aの普及・拡大に努めてきたように、海外に対する中堅・中小企業のM&Aを広げていきたいと考えています。

そのほかの海外ブログ記事を読む

海外M&Aに関するお問合せはこちらから

著者

今井 進一

今井いまい 進一しんいち

Nihon M&A Center Singapore(シンガポール現地法人) Senior Consultant

2010年日本M&Aセンター入社。主に譲受企業を担当し、日本全国の様々な業種・業界において、中堅企業や上場企業によるM&Aを支援。2017年海外事業に参画し、ASEAN各国と日本企業とのM&A支援に従事。現在はシンガポールに活動拠点を移し、現地より案件のソーシングからエグゼキューションに至るまで対応。

この記事に関連するタグ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

海外M&A
新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

今までのブログ投稿では海外現地からの情報発信、マクロ的な話が多かったかと思いますので、少し現場に近い部分の情報発信をさせて頂きます。今回は、新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダードについて書きたいと思います。(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらからコロナ禍で絶望的な海外M&Aの現場全世界を巻き込んだ新型コロナは漏れなく日本M&Aセンターの海外M&Aビジ

Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

海外M&A
Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

こんにちは、3カ月ぶりの出社(外出)できるようになりました日本M&Aセンター・ベトナムの渡邊です。コロナ防疫に成功を収めていた優等生のベトナムですが、2021年5月以降コロナ変異株が猛威を奮いはじめ、直近3カ月の7月~9月は、生活必需品の購入ですら外出が禁止されるという厳しいロックダウン規制が導入されました。9月上旬にはピークを迎え、1日あたりのコロナ新規感染者数が1万5,000人、同死亡

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

NEC、5G Open RANシステム構築事業を行うAspire Technologyの株式取得、子会社化へ

日本電気株式会社(6701、NEC)は、AspireTechnologyUnlimitedCompany(アイルランド・ダブリン)の全株式を取得する株式売買契約を締結した。NECは、住友グループの電機メーカー。社会公共・社会基盤・エンタープライズ・ネットワークサービス・グローバル事業を展開している。AspireTechnologyは、通信事業者向けに5GOpenRAN※システムの構築事業を行ってい

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース