コラム

日本におけるサーチファンドの第一人者!伊藤公健さんインタビュー

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

近年、中小企業の事業承継問題の解決策のひとつとして、経営者を目指す人材(サーチャー)が自ら事業承継する企業を探し資金をファンドが支援する「サーチファンド」という仕組みへの注目が高まっています。今回は、日本におけるサーチファンドの第一人者で、サーチファンド・ジャパン 代表取締役 伊藤公健さんに、ご自身のサーチャーとしての経験や今後の展望を伺いました。

サーチファンドとの出会いを教えてください。

マッキンゼー、ベインキャピタル(PEファンド)を退職後、中小企業向けのPE投資に取り組もうと構想を練っていました。ですが、個人名で実績があるわけでもない若者が資金を集めるのはとても難しく、悶々としていたときにネットで出会ったのが「サーチファンド」という考え方。どうやって辿り着いたかも覚えていないですが、本当に偶然でした。

2014年当時は、カタカナで検索してもほとんど情報がヒットせず、英語でさえ情報が限られる中で勉強してみると 「中小企業のM&Aをやりたいが資金集めに苦労している今の自分の状況を打破できる仕組み」 であることが見えてきました。そして今取り組めば「日本初」になるということも後押しとなり、具体的な活動を始めました。サーチャーとしてピッチ資料をつくって投資家へのアプローチを行う中で、ヨガスタジオをチェーン展開する中小企業と出会い、4年弱経営に携わりました。

サーチファンド・ジャパン設立の経緯を教えてください。

自らがサーチャーとして活動し経営に携わるうちに、世間でのサーチファンドの認知も徐々に広がり「話を聞きたい」という声をいただくことも増えてきました。

今後、サーチファンドの仕組みをもっと世の中に広めてサーチャーというキャリアを確立させていくためには、 人材ファーストのM&Aであるサーチファンドの要諦を理解し、サーチャーに投資できる投資家を増やさなければいけない。今のサーチファンド・ジャパンのような組織が必要であり、それを作るのは数少ないサーチファンド経験者である自分のミッションだと考え 、一念発起して会社設立の準備を始めました。

その過程で、サーチファンドの社会的意義にご賛同いただいた日本M&Aセンターや日本政策投資銀行などパートナー企業との縁をいただいて、2020年10月にサーチファンド・ジャパンを設立し、現在はサーチャーとともに全国の中小企業を対象とした投資活動を行っています。

サーチファンドの魅力とは。

僕自身はサーチファンドの仕組みのおかげで経営者になる機会を得て、経営者の大変さややりがいを身をもって経験することができました。

今の日本で経営者になるには、組織の中で時間をかけて出世するか、起業するかという非常に限られた道ですよね。ですが、サーチファンドであれば ゼロからイチを生み出す起業家タイプではないけれども、既存事業を成長させる能力に長けた優秀な人材が経営者として飛躍する道も広がります。

30年前は転職も一般的ではありませんでしたし、起業に対するイメージも15年前とは今では大きく変わってきています。同じように「サーチファンドで経営者になる道」も当たり前のキャリアの選択肢として世の中に広めていきたいですね。

サーチャーの応募状況はいかがでしょうか。

経営者候補となるサーチャーの募集には一定の手ごたえを感じています。これまで約300名の応募があり、面接と模擬課題を通過したのが約10名、その中から専任サーチャーとして活動することになったのは約3名です。応募者は30~40代で8割を占め、バッググラウンドはメーカー、商社、コンサルなど様々です。

サーチャーの選考において大事にしているのは「人間力」です。譲渡企業からみると「外様社長」になるわけで、最初から100%歓迎されるわけではなく、社内には複雑な思いを持った人もいるはずです。その中でリーダーとしてやっていくわけですから、 相手の懐に入るコミュニケーション能力は素質として欠かせない ものだと考えています。

今後、どのようにサーチファンドを広めていきたいですか。

オーナー側へ、サーチファンドの仕組みについての理解をもっと促していく必要があると感じています。

オーナーの中には、第三者承継を考えていても、同業他社や隣接業者とのM&Aには抵抗がある場合や、ファンドによる買収ではどんな人がトップになるかわからないことがネックになっている場合もあると思うんです。その点、サーチファンドでは 、次の経営を誰が行うかが明確で、サーチャーは「人生を賭けて継ぐ」という覚悟 を持っています。

この仕組みを後継者不足に悩む中小企業の事業承継にもっと活用できる体制を整えて、優秀な人材を全国の中小企業に送り出すことで、地方創生の新たな風を吹かせるきっかけを作っていきたいですね。

全国対象のサーチファンド形式の投資事業者として国内初成約!サーチファンド・ジャパンが事業承継投資を実行

サーチファンド・ジャパンは、運営するサーチファンド・ジャパン第1号投資事業有限責任組合を通じて、専任サーチャー・大屋貴史氏とともに山梨県甲府市に本社を置くミスターデイク株式会社への事業承継投資を実行しました。2022年1月25日に甲府市内で成約式を実施しました。


左:サーチファンド・ジャパン 専任サーチャー・大屋 貴史氏(甲府市出身)
右:ミスターデイクの親会社・株式会社NEXTAGE GROUP 代表取締役 佐々木 洋寧氏

大屋氏はサーチファンド・ジャパンの一人目の専任サーチャーとして、2021年5月より事業承継を目指した活動を開始。大屋氏は甲府市出身で、地元にUターンして事業を承継し、ミスターデイクの代表取締役として地域性への理解やネットワークも活かした経営を目指します。

なお本件は、全国を対象としたサーチファンド投資事業者による国内初の案件となります。また、山梨中央銀行からの融資を受けることでも実現しており、地域金融機関との連携・協業の新たなモデルケースとなることも目指しています。

第1号案件についての詳細はこちら(プレスリリース)

サーチファンド・ジャパン HP

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「M&A」に関連するコラム

「しずおか経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第四弾

事業承継
「しずおか経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第四弾

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援してまいりました。国内7ヶ所(東京・大阪・名古屋・福岡・広島・北海道・沖縄)に営業拠点を構えるほか、2023年から「地方創生プロジェクト」として新潟、宮城、茨城において、より多くの経営者様の課題解決に向けご支援を行っています。地方創生プロジェクトの第四弾となる「しずおか経営相談窓口」について、担当コンサルタントに話を聞きまし

M&A提携仲介契約時の「重要事項説明」とは?

広報室だより
M&A提携仲介契約時の「重要事項説明」とは?

中小企業庁は2023年秋に「中小M&Aガイドライン」を改訂し、M&A支援機関による提携仲介契約時の重要事項説明が義務化されました。また、業界自主規制団体「一般社団法人M&A仲介協会」も国の要請に合わせて自主規制ルールを設け、「契約重要事項説明規程」など4規程を制定しました。協会幹事会員である日本M&Aセンターは、これまでもお客様に対して、M&Aの流れや提携仲介契約における注意点を丁寧に説明してきま

年間5,000社が休廃業する九州で新会社「九州M&Aアドバイザーズ」設立

広報室だより
年間5,000社が休廃業する九州で新会社「九州M&Aアドバイザーズ」設立

肥後銀行と日本M&Aセンターホールディングス(HD)、台湾の玉山ベンチャーキャピタル(VC)は、合弁会社「九州M&Aアドバイザーズ株式会社」を2024年4月1日に設立しました。九州エリアでの肥後銀行の知名度・信用力と、M&A成約実績8,500件超の日本M&AセンターHDのマッチング力と業務ノウハウに加えて、玉山VCの台湾企業情報や海外ネットワークという強みを合わせた新会社です。九州最高品質の事業承

ホリエモン参画のベーカリーブランドが描く「パン×地方創生」

広報室だより
ホリエモン参画のベーカリーブランドが描く「パン×地方創生」

左から、菱田ベーカリー菱田仁代表取締役社長、こむぎの堀江貴文経営戦略顧問、こむぎの笹山直人代表取締役社長幡多のソウルフードとして親しまれている「羊羹パン」を手掛ける高知県宿毛市の「菱田ベーカリー」と、全国に約100店舗を展開するベーカリー“小麦の奴隷”を運営する「こむぎの」の資本業務提携を発表するお披露目会が2024年2月中旬に、日本M&Aセンター東京本社で開催されました。こむぎので経営戦略顧問を

ホールディングス化とは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

経営・ビジネス
ホールディングス化とは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

近年、企業規模に関わらずホールディングス化を行う動きが活発に見られます。本記事では、ホールディングス化の概要、メリットやデメリットについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ、中堅・中小企業から上場企業の様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらホールディングス化とは?ホールディングス化は、持株

著者インタビュー!『社長の決断から始まる 企業の最高戦略M&A』

広報室だより
著者インタビュー!『社長の決断から始まる 企業の最高戦略M&A』

日本M&Aセンターは、書籍『社長の決断から始まる企業の最高戦略M&A』を東洋経済新報社より発売しました。著者の柴田彰さんに、発刊の経緯と本書に込めた想いを聞きました。M&Aしかないとわかっていても、踏み出せない理由――本書は、経営者が押さえておくべき経営戦略の一つとして、M&Aの特に「譲渡」に特化した書籍です。なぜこのテーマで本を出そうと思われたのですか。日本には二つの大きな課題があります。一つ目

「M&A」に関連するM&Aニュース

ウエルシアホールディングス、子会社の現物配当により孫会社が異動へ

ウエルシアホールディングス株式会社(3141)の完全子会社であるウエルシア薬局株式会社(東京都千代田区)は、保有するウエルシア介護サービス株式会社(茨城県つくば市)の発行済全株式を、ウエルシアホールディングスへ現物配当することを決定した。これにより、ウエルシア介護サービスの発行済全株式を取得することとなり、同社はウエルシアホールディングスの完全子会社となる。ウエルシアホールディングスは、調剤併設型

日本エコシステム、テッククリエイトの全株式取得へ

日本エコシステム株式会社(9249)は、株式会社テッククリエイト(石川県金沢市)の全株式を取得し、グループ化することに関し、株主との間で株式譲渡契約を締結することを決定した。日本エコシステムは、環境、公共サービス、交通インフラに関する事業を行う。テッククリエイトは、北陸三県の鉄道線路・施設の保守点検、石川県内の工場・商業施設・公共施設などの給排水衛生設備、空調設備工事等を行う。テッククリエイトのグ

ニッスイのグループ会社、ニュージーランドの漁業会社IFL社を買収へ

株式会社ニッスイ(1332)のグループ企業であるSealordGroupLtd.(ニュージーランドネルソン市、以下シーロード社)は、インディペンデント・フィッシャリーズ(ニュージーランドクライストチャーチ市、以下IFL社)との間で、同社の買収契約を締結した。今後、同国の通商委員会および海外投資局の許可・承認を得ることなどを条件として、買収が成立する見通し。シーロード社は、ニッスイのグループ企業で、

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース