コラム

病院・クリニックM&Aにまつわる4つの誤解

今市 遼佑

プロフィール

今市遼佑

日本M&Aセンター 医療介護支援部ディールマネージャー

事業承継

⽬次

[表示]

コロナ禍によって、良くも悪くも「医療の在り方」が注目されています。コロナ禍への対応が賞賛される一方、医療システムの問題点も浮き彫りになっています。また、団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題を抱える日本において、医療費の上昇や国の財政赤字、労働人口の減少は喫緊の課題となっており、国は医療費の抑制を進めています。包括医療制度導入による入院費の抑制や地域包括ケアシステムによる在宅医療へのシフト、2024年の労働基準法改正施行における医師の働き方改革など、病院・クリニック経営において経営環境の変化への対応が求められているのです。

医療を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中、病院・クリニックは経営戦略としてM&A戦略を主体的に考えていくべきものとなってきています。M&A戦略を検討するためには、「M&Aの正しい知識を持って、正しい意思決定をする」ことが非常に重要となります。
病院・クリニックM&Aの現場では、多くの経営者がM&Aに対して誤った認識を持っている場合が多いです。その中でも誤解されがちな4つの点について、解説します。

【誤解①】経営陣はM&Aと同時に全員入れ替わることになる

M&Aは、経営権が移行するということです。株式会社では、株式を買い取ることで経営権を移行することができます。
医療法人は、出資持分に比例するのではなく、1社員が1議決権を持ちます。よって、社員総会の社員の入れ替えによってM&Aが行われるのです。社員総会のメンバーをどうするかが問題となるので、M&Aの経営陣の交代は、M&A相手との相談によって決めることとなります。
現在、多くの買い手は、その病院・クリニックが培ってきた信頼をなるべく引き継ぎたいので、経営陣、理事長や病院・クリニック名がそのまま残ることが多いのです。

【誤解②】M&Aを実行すればすぐに引退できる

M&Aによる病院・クリニック経営の譲渡を検討されている方に、M&Aを実行後すぐに引退したいという方が多くいらっしゃります。医療法人と一般の株式会社では、経営者の引退の時期については全く異なります。株式会社のM&Aでは、多くの場合がM&A実行時に代表取締役が交代し、譲渡したオーナーは3ヶ月~6か月ぐらいをかけて取引先や金融機関にご挨拶周りを行い、経営の引き継ぎして引退します。一方で、病院・クリニックのM&Aでは、経営者が医療現場に深く入られていることがほとんどです。その場合、経営面の引き継ぎだけでなく、医療現場での引き継ぎも行わなくてはいけないのです。そのため、後継者となる人材の採用、教育、経営面の引き継ぎが長い期間かかることが通例となります。少なくとも1年間はバトンタッチする期間を見積もっていただく必要があり、M&Aの相手探し、マッチングにはさらに時間がかかりますので引退したい年から逆算して少なくとも3年前から事業承継に向けて動き出さなくてはいけないのです。

【誤解③】病院・クリニックの売買価格は病床数で決まる

病院・クリニックのM&Aの価値算定では、よく1病床につき1千万円ということが言われています。これは、事実と言える部分もありますが、誤りという側面もあります。
実際、病床が多い規模の大きい病院の方がもちろん売上は大きくなります。その結果、病床が多く規模の大きい病院の方がM&Aの売買価格は高くなりやすいです。
しかしながら、医療法人の価値算出は株式会社と同じ手法が使われており、病床数や病院の規模ではなく、経営数字に即した価値算出が行われます。

M&Aにおける価値算出方法
・コストアプローチ
現在の財産に着目し、時価純資産に営業権を足した金額が法人価値となる。病院M&Aで、一般的に活用されている価値算定手法。

・マーケットアプローチ
類似の上場企業の市場価値の相場に合わせ、価値算定を行う。医療法人は上場していないため、病院・クリニックのM&Aではあまり使われない。

・インカムアプローチ
将来の収益に着目した算出方法。目まぐるしく変化する現在の医療法人経営の環境において将来の収益予測が難しいため病院・クリニックのM&Aではあまり使われない。

【誤解④】持分なし医療法人へ移行すれば事業承継問題は解決し、M&Aを行う必要はない

病院・クリニックを承継するためには、

  1. 後継者を明確にする
  2. 中長期経営戦略を整える

この2つの重要な要素を決めてから、どのように承継するか検討することになります。「持分あり法人」「持分なし法人」どちらにするかもこの2つを決めて方針を決める必要があります。
持分のあり・なしでの選択がその後の税金・譲渡価格大きく影響を及ぼすため、自院や経営者本人にとって最もメリットがある方法を選ばなくてはいけません。

病院・クリニックM&Aではコストアプローチによる価値算出が一般的

持分なし法人を選択した場合
相続税・贈与税の優遇があり、低利で融資を受けることができます。後継者及び中長期の経営戦略が決まっていれば、持分なし法人への移行は経営上のメリットが大きいです。

持分あり法人を選択した場合
M&Aの譲渡対価の観点でみると、出資持分なし法人をM&Aで譲渡した場合は役員退職金のみとなりますが、出資持分ありの法人であれば役員退職金に加え出資持分譲渡対価を受け取ることができます。

このように経営上のメリットとM&A譲渡対価などの要素を総合的に判断し、最も良い方法を選択する必要があります。

病院・クリニックM&Aは早めの検討が重要

このように、病院・クリニックM&Aでは様々な要素を総合的に判断し、検討していくことが重要となります。特に病院・クリニックを承継するために重要なのは、「後継者を明確にすること」「中長期経営戦略を整えること」です。この2つを決定して初めてどのように承継していくかを検討していくことになります。さらにM&Aによる引退をする場合には、後継者への経営の引き継ぎに加えて医療面の引き継ぎを行わなくてはならないため、承継に時間がかかるケースが多くなります。病院・クリニックの承継や引退については、なるべく早めに検討していくことが重要なのです。

医療・介護業界のM&Aと事業承継の動向(2022年最新版)

プロフィール

今市 遼佑

今市いまいち 遼佑りょうすけ

日本M&Aセンター 医療介護支援部ディールマネージャー

早稲田大学卒業後、野村證券を経て2013年日本M&Aセンターに入社。以来一貫して医療介護分野のM&Aを手掛け、個人での成約件数実績は30件を超える。

この記事に関連するタグ

「事業譲渡」に関連するコラム

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

広報室だより
「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

テック企業の未来とベンチャー企業の夢が結ばれました。特許技術を誇るWEBプッシュ通知サービス「COINs」を手掛ける株式会社シグニティ(東京都台東区)とIT支援や営業代行など多角化経営で成長する株式会社Road(東京都江東区)がM&Aを締結しました。「令和を代表する企業を創る」との目標を掲げるRoadはベストベンチャー100にも選ばれており、経営者は平成生まれで若さと勢いがある企業です。テレビ局や

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

中小企業白書から読み解くM&A

広報室だより
中小企業白書から読み解くM&A

中小企業の現状や動向を調査・分析する中小企業白書。毎年、閣議決定後に公表される白書は中小企業にとってバイブルとなっています。2021年版では、M&Aが大きなトピックスになりました。コロナ禍の対応策が特集された第2部「危機を乗り越える力」の中で、「事業承継を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用」が章立てされています。M&Aにおける意識調査や統計資料にはじまり、実際にM&Aを実施した

NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

広報室だより
NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

2021年12月10日放送のNHK「NEWSおはよう日本」で、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓のインタビューが放映されました。「中小企業後継者どう探す」をテーマに日本M&Aセンターの事業内容も紹介され、黒字ながら休廃業する中小企業の事業承継がフォーカスされました。(動画)NHK「おはBiz5分でわかる経済トレンド中小企業後継者どう探す」日本の少子高齢化を背景に、国の試算では2025年までに

「事業譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

「事業譲渡」に関連するM&Aニュース

ジェイ・エム・エス、ユニオンツールより携帯型心電計事業を譲受へ

株式会社ジェイ・エム・エス(広島県広島市)は、ユニオンツール株式会社(東京都品川区)のテレメトリー式心電送信機「myBeatホームECG」事業を譲受することを決定した。ジェイ・エム・エスは、医療機器、医薬品の製造・販売および輸出・輸入を行っている。血液透析事業では、基本操作の一部を自動化した血液透析装置や、情報を一元管理できる透析情報システムなどを提供している。ユニオンツールは、切削工具、直線運動

SABU、子会社ORARYより歯科医院向けInstagram運用代行サービスを事業譲受

株式会社SABU(東京都渋谷区)は、子会社である株式会社ORARY(東京都渋谷区)より、歯科医院向けInstagram運用代行サービスを事業譲受した。SABUは、歯科専門オンライン事務代行サービス「SABU」を提供している。主な業務は、採用代行・マニュアル作成・動画編集・SNS運用など。ORARYは、オーラルヘルスケアメディア「ORARY(オラリー)」の運営、歯科医院探し代行サービス、SNS運用サ

伊藤忠商事の米関連会社Pacific Woodtech Corporation、住宅用構造材製造事業を取得へ

伊藤忠商事株式会社(8001)は、関連会社であるPacificWoodtechCorporation(アメリカ・ワシントン州、PWT)を通じて、建材メーカーであるLouisianaPacific(アメリカ・国テネシー州、LP)より、住宅用構造材製造事業を取得することを決定した。PWTは、LPが保有する米国カリフォルニア州およびノースカロライナ州所在の2工場、並びにカナダブリティッシュコロンビア州所

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース