コラム

タイ・バンコクからの現地レポートVol.1~活気を取り戻しつつあるタイの今~

井 直大

プロフィール

井直大

日本M&Aセンター 海外事業部 ASEAN推進課 シニアディールマネージャー/タイ王国駐在員事務所 所長(取材当時)

海外M&A
更新日:

⽬次

[表示]

タイの渋滞イメージ

新型コロナウィルス第2波の抑え込みがしばらく続いていたものの、今年の春先から感染が再拡大したタイ。1日あたりの新規感染者数は、8月には遂に2万人に達し、首都バンコクなど対象地域でカーフュー(curfew:夜間の行動制限)が実施されました。
人々や街、経済の様子は現在どうなっているのか。日本M&Aセンター タイ王国駐在員事務所 所長の井 直大がお伝えします。

カーフュー(curfew:夜間の行動制限)当時の状況を教えてください。

昼も夜も、本当に街に誰もいなかったです。当時、ワクチン接種自体も国内であまり進んでいませんでしたし、飲食店やお店も閉まってしまうし。
「これから先どうなるのだろう」という先行きに対する不安は、漠然と人々の中にありましたね。7月に入ってから、新規感染者数がものすごい勢いで増えていくのをニュースで見るにつれて、「いよいよ大変なことになってきたな」と感じたのを今でも覚えています。

私自身は11月のオフィス(駐在員事務所)開設に向けて、リモートワークでやるべきことを進めていました。「みんながやらない時にこそ、やってやる!」という精神で(笑)。

そうした夜間の行動制限や、ワクチン接種率の高まりを受けて、夏の終わりあたりから変化があったと聞きます。

やはり大きかったのはワクチンの接種率が高まったことですね。10月にはタイ国内でもファイザー製ワクチンを選べるようになりました。GDPの約2割を占める観光が大打撃を受けていることもあり、飲食店をはじめお店の営業制限を解除するなど、9月ごろからタイ政府も経済活動の正常化に舵を切りました。ワクチン接種済の外国人観光客への隔離義務も緩和し始めています。

ワクチンイメージ

11月以降はご自身も日本に一時帰国されましたね。

そうですね。隔離期間中は、体調に変わりはなかったのですが、制限がある日々は大変でしたね。
日本行きの飛行機はガラガラでしたが、11月末、タイに戻る時はビジネスの日本人と見られる乗客がものすごく多くて、久しぶりに機内が混雑していたのが印象的でした。

12月現在のタイの状況を教えてください。

今は、国民の半分以上が必要な接種回数を受けていて、ASEANではシンガポール、マレーシアに次ぐ水準だと聞いています。街はすっかり賑わってますね。
タイの有名な渋滞も、日常風景としてすっかり戻りました。もう、歩いた方が早いです(笑)。
会議もリモートではなく、対面のケースが増えています。

コンベンションセンターのような、大型のビジネスの展示を行う会場は、だいぶ先まで予約が埋まっていて押さえられないという話をよく聞きます。2年近くできなかった反動でしょうか。会食もずいぶんと増えましたね。人気の飲食店は予約が取りづらくなっています。

もちろん完全ではありませんが、人々も街も、ほとんどコロナ前のように戻りつつあると感じています。オミクロンの懸念もありますが、私自身は、このまま活気を取り戻していくものと考えています。

商談イメージ

***
コロナとの共存を目指し、ポスト・コロナに向けて大きく動き出しているバンコクからお届けしました。
今後も現地の様子をコラムでお届けします!お楽しみに。

日本M&Aセンター、5番目の海外拠点をタイに開設!その背景、現地M&A事情とは!?

プロフィール

井 直大

直大なおひろ

日本M&Aセンター 海外事業部 ASEAN推進課 シニアディールマネージャー/タイ王国駐在員事務所 所長(取材当時)

2018年にシンガポールに赴任し、現地の会計事務所ネットワークを構築。タイの中堅・中小企業と日本企業の海外M&A支援を担当。バンコクで海外拠点開設の準備に従事。

この記事に関連するタグ

「海外M&A・クロスボーダーM&A・ASEAN」に関連するコラム

マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

広報室だより
マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

日本M&Aセンターでは、クロスボーダーM&Aの支援強化に向けて、ASEAN地域に拠点を設けています。今回は、マレーシア現地法人NihonM&ACenterMalaysiaSdn.Bhd.でM&Aコンサルタントとして活躍するDaphnieOngさんに、入社の経緯や今後の目標をインタビューしました!プロフィールダフィニーオンさん(写真中央)2020年2月入社。M&Aコンサルタントとして日本とマレーシア

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

海外M&A
Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

こんにちは、3カ月ぶりの出社(外出)できるようになりました日本M&Aセンター・ベトナムの渡邊です。コロナ防疫に成功を収めていた優等生のベトナムですが、2021年5月以降コロナ変異株が猛威を奮いはじめ、直近3カ月の7月~9月は、生活必需品の購入ですら外出が禁止されるという厳しいロックダウン規制が導入されました。9月上旬にはピークを迎え、1日あたりのコロナ新規感染者数が1万5,000人、同死亡

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

「海外M&A・クロスボーダーM&A・ASEAN」に関連する学ぶコンテンツ

「海外M&A・クロスボーダーM&A・ASEAN」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

任天堂、「ホグワーツ・レガシー」など開発した米国Shiver Entertainment, Inc.を買収

任天堂株式会社(7974)は、ShiverEntertainment,Inc.(米国・フロリダ州、以下「Shiver」)の株式のすべてを取得し子会社化するため、EmbracerGroupAB(スウェーデン・カールスタード)との間で株式譲渡に関する契約を締結した。任天堂は、家庭用レジャー機器の製造・販売を行っている。据置型ゲーム機、携帯型ゲーム機、ゲームソフトウェアなどを国内外問わず展開している。S

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース