コラム

日本M&Aセンター、5番目の海外拠点をタイに開設!その背景、現地M&A事情とは!?

海外M&A
更新日:

タイのイメージ
近年増加する日本企業の海外進出および海外子会社の売却などに伴う、クロスボーダーM&A。その中でも特にニーズが高いASEAN地域への対応強化を目的に、2021年11月8日、ASEAN5番目の拠点としてタイ駐在員事務所が開設されました。
開設に至った背景、現地のM&A事情について、所長の井 直大(取材当時)に聞きました。

日本M&Aセンターは国内・海外のM&Aを各業界・エリアの事情に精通した専門チームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。

―日本M&Aセンターの海外事業部および、タイに駐在員事務所を開設した経緯について教えてください

私の所属する海外事業部は、前身の海外支援室発足時から、日系企業の事業承継に係る海外子会社の同時売却のお手伝いをはじめとして、海外に係る案件を手掛けてきました。
海外拠点は2016年のシンガポールを皮切りに、マレーシア、ベトナム、インドネシアと広がっており、今回のタイで5拠点になります。

タイはASEAN、世界でも有数の製造業大国です。日系企業はタイに子会社を持つ場合が多く、事業承継の際にその子会社も同時に譲渡するケースが昔からよく見られました。
そのように案件自体多かったこともあり、日本M&Aセンターがはじめて海外でセミナーを開いたのもタイでしたね。2015年2月にタイのメガバンクと共催で開催したのですが、非常に反響は大きかったです。ただ、当時は人的リソースの面で(タイへの拠点開設は)断念しました。

―それがなぜ今回の開設につながったのでしょうか。

私はもともと1年タイに留学した経験があり、入社3年目のゴールデンウィークにひとりでバンコクに行ったんです。その帰りの機内で「自分はこれからタイに行くしかない」と決めていました。

―それはまた突然ですね。何かきっかけがあったのですか?

日本に住んでいると、豊かで安全で何でも手に入る。もうすべてが完成していて、出来上がってしまっている。つまり社会的な成長を感じづらいですよね。
タイに戻った時、人や街が活力にあふれていて、日本では感じられないこれからの成長に向けた期待感、ワクワクする感じに刺激を受けて。もうこれは自分が一念発起してやるしかないなと思いました。

そうした気持ちの変化もあり、帰国後、社長のもとに海外で自分の力を試してみたいと早速直談判しに行きました。社長は二つ返事で「いいよ」って(笑)。なぜあの時OKしてもらえたのか、後から聞いてのですが「直接自分のところに来るということは、それだけの覚悟をしてきているだろう」と。その場で即決してくださいました。
そしてまずはシンガポールでM&Aを学びながら、語学も習得する日々が始まりました。

―シンガポールではどのようなことをされていましたか?

シンガポール生活2年目の終わりにちょうどコロナ禍になって。去年3年目はタイに直接いけなかったので、シンガポールでできることをやろうと、シンガポールで買い手を見つけるプロジェクトを行いました。期初に100社集めると宣言したのですが、結局200社以上集まりまして。その時に、一定の素地はできたのかなと思っています。

世界の名だたるビッグカンパニーは、アジアのリージョナルヘッドクォーターをシンガポールに置くケースが多く、その業種は様々です。買い手となりえる80億円以上の売上の企業はシンガポールに2千数百社あるといわれてますから、約10%が集まったことになります。当時はロックダウンで対面が叶わなかったので、基本的にはコールドコール(電話営業)、メールでの問い合わせで集客しました。拙い英語でも結果が出せるんだなと自信につながりました。

―そして今年はじめにようやくタイに行かれたんですよね。

引き続きコロナ禍の厳しい状況でしたが、直接現地に行ったことで得るものも多く、中小企業のオーナーが何に悩んでいるのか、M&Aマーケットの可能性はあるのか、対面でヒアリングすべきだと感じました。そして今年11月の駐在員事務所オープンに結び付きました。

タイ_コラムイメージ4

―タイの中小企業M&Aマーケットについて教えてください。

もともとM&A自体は昔から大小様々行われていますが、マーケット自体はまったく成熟していません。証券会社、銀行などは経営戦略上、中小企業向けのM&Aに手が回ってない状況です。彼らからしてみれば我々のような中小企業専門のM&A仲介業は珍しいようで、「どうやってやってるの?」とよく聞かれるくらいです。そうした面で提携の可能性があると感じています。

―日本の中小企業M&Aと共通点・相違点はありますか。

タイはシンガポールに次いでASEANの中でも少子高齢化が急速に進んでいます。
なので、M&Aの8割が事業承継。これは日本とあまり変わりありません。優良企業の子息が海外に渡って活躍し後を継がない、という話をよく聞くのも日本と共通していますね。

タイは日本に比べると平均寿命が若いのでご相談にくる経営者の方も10歳近く若いのが特徴です。その他の点でギャップを感じる場面はあまりないですね。M&Aコンサルタントとして、中小企業のオーナーに会って、考えを聞いて、会社を見て、一緒に未来を考える、そういうノウハウはタイに限らず全世界で共通して活かせるものだなと改めて感じています。

経営者の年齢以外で、違う点として挙げるならM&Aに対するイメージでしょうか。日本だといまだに「身売り」「乗っ取り」のようなイメージを持たれる場合もありますが、タイで例えば「日本企業があなたの会社に興味を持っている」と伝えると、反応がとても良い場合が多いです。「ただ、息子が継ぐだろうから、息子に聞いてみて」と言われて、実際話してみると、本人は継ぐ意思がまったくなかったり(笑)そういうところも、日本と似ているかもしれませんね。

―最後に抱負をお願いします。

生産年齢人口の減少していく日本は、成長著しいASEANに活路を見出していかなければいけません。その中で、ネットワーク・人材・ノウハウの乏しい中小企業はM&Aを活用してASEANに進出するのが、成功への一番の近道でしょう。

M&Aは社会的な公器だと思っています。日本でも当社がリードしてこのマーケットを作ってきました。これをそのままタイに受け継ぎたいと思っています。会社を潰さない、成長のためのM&A。それが当たり前になってくれたらすごくいいなと。そうなるためには、当社がタイの中でもすぐに№1にならないといけないと思っています。2番ではだめなんです。現地のスタッフとも一丸となって、その実現を目指しているところです。タイは今後M&Aマーケットとしてより面白くなる国だと確信しています。

日本M&Aセンターは国内・海外のM&Aを各業界・エリアの事情に精通した専門チームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。

この記事に関連するタグ

「海外M&A・クロスボーダーM&A・ASEAN」に関連するコラム

マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

広報室だより
マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

日本M&Aセンターでは、クロスボーダーM&Aの支援強化に向けて、ASEAN地域に拠点を設けています。今回は、マレーシア現地法人NihonM&ACenterMalaysiaSdn.Bhd.でM&Aコンサルタントとして活躍するDaphnieOngさんに、入社の経緯や今後の目標をインタビューしました!プロフィールダフィニーオンさん(写真中央)2020年2月入社。M&Aコンサルタントとして日本とマレーシア

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

海外M&A
Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

こんにちは、3カ月ぶりの出社(外出)できるようになりました日本M&Aセンター・ベトナムの渡邊です。コロナ防疫に成功を収めていた優等生のベトナムですが、2021年5月以降コロナ変異株が猛威を奮いはじめ、直近3カ月の7月~9月は、生活必需品の購入ですら外出が禁止されるという厳しいロックダウン規制が導入されました。9月上旬にはピークを迎え、1日あたりのコロナ新規感染者数が1万5,000人、同死亡

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

「海外M&A・クロスボーダーM&A・ASEAN」に関連する学ぶコンテンツ

「海外M&A・クロスボーダーM&A・ASEAN」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

任天堂、「ホグワーツ・レガシー」など開発した米国Shiver Entertainment, Inc.を買収

任天堂株式会社(7974)は、ShiverEntertainment,Inc.(米国・フロリダ州、以下「Shiver」)の株式のすべてを取得し子会社化するため、EmbracerGroupAB(スウェーデン・カールスタード)との間で株式譲渡に関する契約を締結した。任天堂は、家庭用レジャー機器の製造・販売を行っている。据置型ゲーム機、携帯型ゲーム機、ゲームソフトウェアなどを国内外問わず展開している。S

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース