コラム

事業承継を乗り越えた2代目、承継後に頭を抱えた意外な理由とは?

竹内 直樹

日本M&Aセンター 取締役

事業承継

⽬次

[表示]

「M&Aによる成長戦略に興味があるので話を聞かせてください!当社には少し特殊な事情もあって・・・」 とある製造業の2代目社長の言葉です。 面談のはじめ、社長は自身が会社経営を引き継いだ経緯を話してくれました。 「父は5年前に病気で倒れ、そのまま帰らぬ人になってしまいました。そこで、私が急遽会社を継いだのです。」 事業承継は先代の病気により突然訪れたそうです。 もっとも、社長は会社を継ぐつもりで先代が倒れる数年前から入社していらっしゃいましたし、先代の社長も徐々に業務や取引先・金融機関などの引継ぎを始めていたそうで、幸いにも事業承継自体にはそれ程苦労されなかったそうです。

事業承継

事業承継を乗り越えた後に、本当の悩みのタネがまっていた

突然訪れた事業承継

「想定よりだいぶ前倒しの事業承継になってしまいました。 しかし、家族・従業員・株主達が『会社の緊急事態だ』ということで、とても協力してくれました。 皆のおかげで無事に事業承継を乗り越えることができました。とても心強い仲間に恵まれましたね。」 感謝を述べつつも、その表情に一点の曇りがあったのが印象的でした。 その時の私は、“社長を悩みの原因はきっと今後の成長戦略にあるのだろう”と思いました。 しかしこの後、話は私の想像と違う方向に向かっていきます。

2代目社長の悩み

「当社のいる業界は付加価値がつけにくい業界です。その中で生き残るには、いかに設備投資をして生産性を上げるか、または新たな収益の柱を作っていくことが必要です。 先手を打ってこの会社を成長軌道に乗せることが、2代目の自分の責任だと思っています。」 変わりゆく業界とその中での自社ポジションを冷静に俯瞰して先手を打とうとする社長の姿勢に、私は“この会社は次の成長期に入っていける実力がある”と感じました。

「ですが、その次の一手が打てないのです。」

「え、どういうことですか?」 思わず私は声を大きくして聞いてしまいました。 会社の財務はキレイで資金も十分にある、何よりこの社長には成長に向けた強い思いがある、するべくして成長していく会社に思えたからです。 「当社の株主は父の弟2人と自分の3人です。 株主でもある叔父さん達には私が小さいころから良く可愛がってもらいました。お正月には親族全員集まりますし、家族ぐるみで旅行に行くこともあるような、良好な関係でした。父が亡くなった時にも親身になって協力してくれました。 だからこそ、自分が描く成長戦略に、叔父たちも理解をしてくれると思ったのです。」

株主構成

大株主である叔父たちが会社の今後に大きく関わる?!

成長戦略を妨げるもの

株主である叔父さんたちはかつて先代と一緒に会社を支えてきたメンバーであり、今は第一線からは退いています。 先代は創業期を支えてくれた2人に感謝をし、皆で公平に利益を分けようと株式の配当を積極的に支払っていたそうです。今も高額な配当が支払われています。 社長が考える成長戦略を実現するためには、資金が必要です。社長も資金捻出に頭を抱えました。 そして、苦渋の選択で、資金捻出のための配当減額の相談を、叔父さんに持ちかけたのです。 「昔から自分を可愛がってくれたので、自分の相談なら聞いてくれるだろうと思ってたんです。 今までの延長線上として考えていました、甘かったですね。」 案の定、叔父さん2人は社長の相談に猛反対。 「先代社長はずっと同額の配当を支払うと約束してくれたんだ」 など、先代の時代にまで話はさかのぼり、建設的な議論ができなかったそうです。 その一件から大株主として会社の決定事項ひとつひとつについて何かと意見を言われるようになり、すんなりと社長の意見を通すことは出来なくなってしまったというのが現状ということでした。 「叔父さんたちとしては、小さいころから知っている私が経営者として意見すると、生意気なことを言っていると感じるようですね。 経営戦略としては自分が正しいことを言っている自信があるので悔しいです。こんな時に父がいてくれたらとよく思います。」

株主との関係は、承継できない

お話を伺っていて、先代は事業承継についてかなり周到に準備をされた方なのだろうと感じました。しかし用意周到な準備の中でも抜け漏れていたのが、株主との関係だったのです。 後継者は事業だけでなく、株主をはじめとする様々な人間関係も承継することになります。 現経営者が特段意識していない人間関係でも、実は会社の経営を支える大切な基礎になっていることが多々あります。 今、2代目社長は、“じっくりと時間をかけて株主である叔父さんたちに会社や業界の状況について説明をし、理解を得る”というスタート地点に立っています。

事前の整理が重要なのが株主関係

人間関係、つまり株主との関係は、簡単に引き継げるものではありませんから、次期社長が誠心誠意向き合って再構築していくことも大切です。 しかしそれには時間がかかります。 変化の激しいこの時代、時間のロスは会社にとっての致命傷になりかねません。 “何か”が起きてからではなかなか短期間では解消できないのが、株主の問題です。株主構成について戦略的に考えておくことは、次の世代へのスムーズな事業承継の第一歩になると、私は思います。

Think Owner's

著者

竹内 直樹

竹内たけうち 直樹なおき

日本M&Aセンター 取締役

当社内最大件数(年間100件超)を成約させる事業法人部の責任者として5年間牽引し、上場後の当社の業容拡大に大きく貢献。事業法人部は主にマッチングを行う部署であるが、買い手と売り手との双方の成長戦略を描くなかで、譲渡案件のソーシングにも従事。昨今はミッドキャップ案件(売買金額20~100億円程度)を中心に、ソーシングからクローズに至るまでの全てのフェーズにて陣頭指揮をとっている。買収も売却も実行できるミッドキャップ企業をターゲットとした「成長戦略セミナー」を2015年からスタートさせ、2019年10月で同セミナーは10回を数え、累計参加者は3,000名を超える。 著書に『どこと組むかを考える成長戦略型M&A──「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現』がある。

この記事に関連するタグ

「成長戦略・株式分散・親族内承継・事業承継」に関連するコラム

「顔も合わせたことない人たちが・・・」3代目社長を悩ます問題とは?

事業承継
「顔も合わせたことない人たちが・・・」3代目社長を悩ます問題とは?

「この会社は、私の父が、兄弟3人で創業したんです」社長がおっしゃったその一言で、社長が今抱える悩みが推測できました。先日、とある3代目社長にお会いしたときのことです。その社長は、大学を卒業してから約20年、某有名メーカーの経営企画部に勤務していました。お父様である先代の社長から「今年の年末年始は、必ず帰って来い」と連絡があったのは、3年前の年末だったそうです。「お前に会社を継いでほしい。あいつはや

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第3回「後継者について知ってほしいこと」~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第3回「後継者について知ってほしいこと」~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。中小企業・小規模事業の経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思います

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第2回「最適な後継者選びに必要なこと」~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第2回「最適な後継者選びに必要なこと」~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。中小企業・小規模事業の経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思います

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第1回 いい事業承継とは?~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第1回 いい事業承継とは?~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思いますが、その参考にしていた

「いまのままでは渡せない」~父のプライドと優しさ~

事業承継
「いまのままでは渡せない」~父のプライドと優しさ~

先月、新幹線とローカル線を乗り継いで、ある社長にお会いしてきました。最寄駅でタクシーに乗り、会社名を伝えると、運転手さんは「あぁ、もちろん知ってますよ」と言い、住所も聞かずに車を走らせてくれました。小売業を営むその会社は、その地域では知らない人がほとんどいない創業約100年の老舗企業です。「うちのビジネスはこれから苦しくなる。いまのうちに、次の展開を考えなければならない。どういう方法が考えられるか

「私が悪かった・・・」―初めてみせた父の本音

事業承継
「私が悪かった・・・」―初めてみせた父の本音

ある一組の親子にお会いしました。見るからに頑固親父らしい創業オーナーと真面目そうな息子です。最近、親子でご相談に見えられるケースが増えてきました。現在、お父様は会長に退き、息子さんが社長をされているそうです。意外だったのは、社長をされているのは、長男ではなく次男だということです。お話を聞いていくと、長男も役員として勤務されているとのこと。私が意外そうな顔をしていると、「長男に社長をやらせてみたけど

「成長戦略・株式分散・親族内承継・事業承継」に関連するM&Aニュース

トランスコスモス、新設会社「日本直販」に通信販売事業を承継および同新設会社の株式を譲渡

トランスコスモス株式会社(9715)は、総合通信販売事業を中心とする日本直販事業を会社分割により新設会社に承継し、同新設会社の全株式を株式会社悠遊生活(神奈川県横浜市)に譲渡することを決定した。トランスコスモスを分割会社とし、新設会社を承継会社とする簡易新設分割。【新設会社の概要】名称:日本直販株式会社所在地:大阪府大阪市事業内容:総合通信販売事業分割効力発生日に、悠遊生活の子会社となる予定。トラ

ハウス食品グループ、子会社間で国内業務用食品事業を統合

ハウス食品グループ本社株式会社(2810)は、子会社であるハウス食品株式会社(東京都千代田区)の業務用食品事業を、同じく小会社の株式会社ギャバン(東京都中央区)に承継させることを決定した。分割会社はハウス食品、承継会社はギャバンとなる簡易吸収分割の方式。ギャバンの商号は「ハウスギャバン株式会社」に変更される。ハウス食品グループ本社は、グループ戦略立案、事業会社(国内・海外)への経営サポートならびに

セイコーHD、吸収分割により子会社のセイコーアイ・テクノリサーチに事業を承継

セイコーホールディングス株式会社(8050)は、吸収分割により機能の一部を完全子会社であるセイコーアイ・テクノリサーチ株式会社(千葉県千葉市)に承継させることを決定した。セイコーHDを分割会社、セイコーアイ・テクノリサーチを承継会社とする簡易吸収分割。【分割する事業の内容】・グループ全体の研究開発および生産技術開発、事業サポート・グループ横断の新事業開発・上記に附帯または関連する事業セイコーHDは

KDDI、エネルギー事業の経営戦略や管理事業を中間持ち株会社に集約

KDDI株式会社(9433)は、エネルギー事業に係る子会社の管理事業及び事業戦略の企画・立案・推進機能等を、auエネルギーホールディングス株式会社(東京都千代田区)に対し承継することを決定した。また、電力小売に係る事業等をauエネルギー&ライフ株式会社(東京都千代田区)に対し承継することも決定した。KDDIを分割会社とし、それぞれの完全子会社を承継会社とする吸収分割(簡易吸収分割)とする。KDDI

サーラコーポレーション、表面処理事業を高木製作所の子会社へ承継

株式子会社サーラコーポレーションは、連結子会社である新協技研株式会社(愛知県豊川市)の表面処理事業を吸収分割により、株式会社東三河高木(愛知県名古屋市)に承継させることを決定した。東三河高木は、株式会社高木製作所(愛知県名古屋市)の子会社。新協技研は吸収分割会社、東三河高木は吸収分割承継会社となる。サーラコーポレーションは、純粋持株会社。子会社の管理、運営を行っている。新協技研は、金属加工製品のプ

ソニー・ミュージックエンタテインメント、グループ内の会社を再編

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代田区)は、アーティスト&ミュージックビジネスグループにおいて、グループ内の会社を再編した。株式会社ソニー・ミュージックダイレクト(東京都港区、SMDR)は、株式会社ソニー・ミュージックマーケティングユナイテッド(東京都千代田区、SMMU)に対してSMDRの「マーケティンググループ」および「総合企画グループ」事業を吸収分割の方法により承継させ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース