コラム

「私が悪かった・・・」―初めてみせた父の本音

竹内 直樹

日本M&Aセンター 取締役

事業承継

⽬次

[表示]

ある一組の親子にお会いしました。見るからに頑固親父らしい創業オーナーと真面目そうな息子です。 最近、親子でご相談に見えられるケースが増えてきました。 現在、お父様は会長に退き、息子さんが社長をされているそうです。 意外だったのは、社長をされているのは、長男ではなく次男だということです。 お話を聞いていくと、長男も役員として勤務されているとのこと。私が意外そうな顔をしていると、「長男に社長をやらせてみたけど、駄目だったんです」と説明してくださいました。 次男:「結局私が継いだんですけど、うまくいかなくて。私も、もう40歳です。違う道に進むんだったら決断しないといけないと思って・・・。最終的な判断は、父に任せました。」 父:「息子が二人いて、正直どっちかが継げるだろうと思っていたんです。お前がもっとしっかりしないから・・・。」 次男:「僕だって僕なりにがんばったんですよ。分かってくださいよ。」 目の前で親子ゲンカが始まってしまいました。私は見守るしかありません。 しばらくして、落ち着きを取り戻した会長(父)がおっしゃいました。 「いや、私が悪かったんですよ。今思えば、ちゃんと継げる状態にしてあげていなかった。」 初めてきく父の自省の言葉に、息子はとても驚いていました。

創業者の父は二人の息子を抱えて、何を思ったか?

従業員はどう思っているのか

その親子の会社には約200名の従業員がいます。 平均年齢は40代後半で、創業当時からの従業員の方もたくさんいらっしゃいます。 現社長(次男)の幼少期を知っている方もいるそうです。そんな従業員の方に、二代目社長(次男)はどう映るのか―。 父:「私は創業者で会社でも年長者だった。従業員はみんな私の言うことをちゃんと聞いてくれる。でも、息子たちには違っていた。 息子だから社長になれたんだ、実力は自分のほうが上だ。そう思われてしまっている。ちゃんと息子に対して協力する体制を作ってあげていなかった。」

息子の決断

後日、社長(次男)と個別面談をする機会がありました。 お父様がそんな風に思っていたことは、全く知らなかったそうです。「いつも強気で頑固な父なので、いつも喧嘩ばかりですよ。」と笑っていらっしゃいました。 「父はすごいと思っています。起業して、会社をここまで成長させてきたんです。私も父みたいなリーダーシップがあれば、みんなついてきてくれたのかもしれないですね。でも、私はそういうタイプじゃなくて・・・。 このまま私が社長を続けても、私だけじゃなく、従業員のみなさんにとっても、良くないと思ったんです。従業員の気持ちがバラバラになったら、会社自体も危うくなってしまう。そう考えて、思い切って父に相談したんです。 父には本当に申し訳ないと思っています。子供に継いでもらいたい、そう思うのが当たり前ですよね。でも、父ががんばって創った会社がなくなってしまったら、元も子もないと思うんです。」

M&Aが親子にもたらしたもの

会社を譲り受けるには億単位の資金が必要でしたので、MBO・EBO(役員・従業員への承継)という選択肢は消え、正式にご依頼いただいてから約1年後、ファンドへのM&Aが成立しました。 ファンドは魅力的な会社にしか投資しません。そして、ファンドの使命は投資先を成長させることです。 さっそく新しい経営者が派遣され、ワンマン経営から組織経営への転換も始まっています。 最近、久しぶりに社長(次男)にお会いしました。 「父がとても穏やかになったんです。会長に退いても、ずっと心配かけていましたからね。母も喜んでいます。これから何をしようか、いろいろと迷っているんです。まだ、40歳ですからね。」 オーナー家の未来、従業員の未来、会社の未来、それら全てを明るくできる方法のひとつがM&Aです。 オーナー家はもちろん、会社・従業員の未来も明るくする「成長戦略型M&A」を一人でも多くの方に知っていただきたいと思っています。

書籍『どこと組むかを考える成長戦略型M&A』

著者

竹内 直樹

竹内たけうち 直樹なおき

日本M&Aセンター 取締役

当社内最大件数(年間100件超)を成約させる事業法人部の責任者として5年間牽引し、上場後の当社の業容拡大に大きく貢献。事業法人部は主にマッチングを行う部署であるが、買い手と売り手との双方の成長戦略を描くなかで、譲渡案件のソーシングにも従事。昨今はミッドキャップ案件(売買金額20~100億円程度)を中心に、ソーシングからクローズに至るまでの全てのフェーズにて陣頭指揮をとっている。買収も売却も実行できるミッドキャップ企業をターゲットとした「成長戦略セミナー」を2015年からスタートさせ、2019年10月で同セミナーは10回を数え、累計参加者は3,000名を超える。 著書に『どこと組むかを考える成長戦略型M&A──「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現』がある。

この記事に関連するタグ

「成長戦略・家族・親族内承継・事業承継」に関連するコラム

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第3回「後継者について知ってほしいこと」~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第3回「後継者について知ってほしいこと」~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。中小企業・小規模事業の経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思います

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第2回「最適な後継者選びに必要なこと」~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第2回「最適な後継者選びに必要なこと」~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。中小企業・小規模事業の経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思います

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第1回 いい事業承継とは?~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第1回 いい事業承継とは?~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思いますが、その参考にしていた

「僕には継げない」親子で歩んだM&Aの道のり

事業承継
「僕には継げない」親子で歩んだM&Aの道のり

これは、私が出会ったとある親子の話です。当社が開催したセミナーに50歳代と30歳代の男性が連れ立ってご参加されました。会場の真ん中に座っていた二人は、私の講演をとても熱心に聞いていただいていました。「社長を引き継ぐ息子の勉強のためにセミナーに来たのかな」とはじめは思っていました。セミナー後にその親子にお話をお伺いしたところ、思いもしなかった相談を受けました。父(社長):「M&Aで自社の売却を考えて

事業承継をはじめるとき、何から考えたらいいの?

事業承継
事業承継をはじめるとき、何から考えたらいいの?

経営者を引退するとき、事業承継は一族全員の問題になります会社の将来を真剣に考える中で事業承継を考えている経営者の方がまず行うべきことは「将来についてできるだけ早く家族と話し合う」ことです。事業承継とはこれは幹部社員や顧問の弁護士、公認会計士・税理士、関わりのある金融機関などよりも優先すべきことだと私は思います。というのも、驚くべきことに、そもそも、子どもが事業を継ぎたいのか、継ぎたくないのか、親と

大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

事業承継
大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

実家が家業を営んでいるという若い世代は、自身の将来についてどんな考えを巡らせているのでしょうか。自分の進みたい道がある、漠然と家業は継ぎたくないと思っている、親である社長の考えがわからず不安に感じている等々、さまざまな方がいるでしょう。もちろん家業を継ぐことを真剣に考えていて、若いうちは実家から離れて就職し、将来戻ってきて家業を継ごうとしていたり、最初から家業に入って後継者として経営のノウハウを学

「成長戦略・家族・親族内承継・事業承継」に関連するM&Aニュース

インターネットイニシアティブ、インターネットレボリューションより一部の事業を承継へ

株式会社インターネットイニシアティブ(3774、IIJ)は、株式会社インターネットレボリューション(東京都中央区、i-revo)の法人向けインターネットプロバイダ事業およびクラウド再販事業を簡易吸収分割の方法により、承継することを決定した。会社分割の対価として、IIJはi-revoに249百万円の金銭を交付する予定。IIJは、インターネット接続およびアウトソーシングサービス、システムインテグレーシ

三菱総合研究所、オランダのKYOS Holdingと合弁契約及び業務提携契約締結

株式会社三菱総合研究所(3636)は、卸電力取引向けオンライン情報サービスであるMPX(MRIPowerPriceIndex)事業について、新設完全子会社の株式会社MPX(東京都千代田区)を承継会社として会社分割(簡易吸収分割)を行うことを決定した。また、MPXに対して、KYOSHoldingB.V.(オランダ・北ホラント州)の資本を受け入れることを決定し、KYOSと合弁契約および業務提携契約を締

相鉄不動産、一部のリゾート事業をエンゼルフォレストリゾートに承継へ

相鉄不動産株式会社(横浜市西区)は、「相鉄の那須」に係るリゾート事業を、会社分割(簡易吸収分割)により株式会社エンゼルフォレストリゾート(静岡県熱海市)に承継させることを決定した。相鉄不動産を分割会社とし、エンゼルフォレストリゾートを承継会社とする吸収分割。相鉄不動産は、エンゼルフォレストリゾートから本吸収分割の対価として金銭の交付を受ける。※「相鉄の那須」に係るリゾート事業とは、那須の別荘地管理

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース