コラム

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務

⽬次

[表示]

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!

中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。 掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があります。

M&Aの方が手取りが多いという結果

下記に詳しい前提と試算を挙げていますが、これによれば、株式譲渡の方が約2,000万円ほど手残りが多いという結果になりました。これは、給与所得と株式譲渡所得では適用される税率が異なることが大きな理由です。 給与所得は「総合課税」という形で所得税を計算します。所得が増えるほど税率が大きくなり、最高で約55%になります(所得税・住民税合計)。下記ケースですと所得税・住民税あわせて約50%となっています。 一方、株式譲渡所得は「分離課税」という形で所得税を計算します。所得の大きさに関わらず税率は一定で、所得税・住民税あわせて約20%となっています。 また、役員給与は数年にわたって受け取っていくことになるのに対して、株式譲渡はその実行のタイミングで対価が全て入ってくるという違いもあります。入った対価を運用できる点や、昨今の厳しい経済環境を考慮すると、株式譲渡の優位性を感じていただけるのではないでしょうか。

給与所得との比較詳細

前提

  • 法人形態:株式会社
  • スキーム:株式譲渡
  • 株  主:社長でもあるオーナー個人が100%保有
  • 資本金額:1,000万円
  • 株  価:2億円(※仲介手数料等の諸費用は考慮しない)
  • オーナーの役員給与:年3,000万円 (※給与所得控除200万円、基礎控除等の所得控除300万円と仮定)

1)役員給与を7年得た際の手取概算

a

給与所得

3,000万-200万

2,800万円

b

課税所得

a-300万

2,500万円

c

所得税

b×40%-280万

720万円

d

住民税

b×10%

250万円

e

税額計

c+d

970万円

f

手取イメージ

3,000万-e

2,030万円

●7年分の給与所得での手取イメージ f×7年→1億4,210万円

※上記は復興税を考慮せず

2)株式譲渡で会社を第三者に引き継いだ場合

a

株式譲渡対価

2億円

b

株式取得価額

1,000万円

c

株式譲渡所得

a-b

1億9,000万円

d

所得税・住民税

c×20%

3,800万円

f

手取イメージ

a-d

1億6,200万円

●株式譲渡所得(M&A)での手取イメージ 1億6,200万円

株価診断会を申し込む

最後に

中小企業がM&Aに取り組む際には事業承継問題の解決を一番の目的とすることがケースとしては多いわけですが、せっかくであれば今までひたむきにお仕事に取り組んでこられた証を何らかの形で残せれば何よりですね。そのひとつとして、M&Aによりオーナーの皆さまのお手許に相応の対価を残すお手伝いができればと考え、日々業務に邁進しております。

日本M&Aセンター コーポレートアドバイザー室 雙木 達也(なみき・たつや、税理士)

コーポレートアドバイザー室とは? 日本M&Aセンターには、コーポレートアドバイザー室という士業専門チームがあります。CAと呼ばれるこの部署のメンバーは、公認会計士や税理士などの資格者のみが所属しており、M&Aコンサルタントが担当する譲渡希望の顧客企業1社1社についてすべて担当CAが必ずいます。M&Aを進める中で税務・会計面でスキーム構築などのサポートを行い、顧客にとっての最適解、すべての関係者にとっての効果の最大公約数化を目指すことをミッションとしています。法務室と並んで、いわばM&Aコンサルタントのアドバイザー的立場なのですが、もちろん直接お客様のもとへも訪問する、ミドルオフィスの位置づけです。 日本M&Aセンターでは、お客様の安心と業務品質向上のため、このようなチーム体制でサービスの提供を行っています。

日本M&Aセンターの公認会計士・弁護士・税理士・司法書士

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・M&A税務」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

事業承継税制とは?その概要、ポイントを解説

事業承継
事業承継税制とは?その概要、ポイントを解説

事業承継を検討されている中小企業の経営者の方にとって、承継にかかる贈与税や相続税の負担は大きな悩みの種ではないでしょうか。本記事では事業承継にかかる贈与税や相続税を猶予する制度、事業承継税制について、特例措置を中心にご紹介します。事業承継税制とは事業承継税制とは、中小企業の先代経営者等から株式・資産などを後継者が贈与、相続又は遺贈により取得した際、一定の要件を満たす場合に贈与税・相続税が猶予される

相続税とは?納税の猶予・免除を受けることができる特例事業承継税制も解説

経営・ビジネス
相続税とは?納税の猶予・免除を受けることができる特例事業承継税制も解説

財産の相続で課せられる相続税とは、どのような税金でしょうか。相続税・贈与税は、事業の引継ぎを妨げている要因の一つです。事業承継で会社の株式を取得すると相続税・贈与税が発生するため、経営者は後継者の税負担を考慮しなければいけません。本記事では相続税の概要、税金の計算方法のほか、節税効果が見込める税額の控除、特例制度などを紹介します。相続税とは?対象となる財産を知る。相続税は「亡くなった人から財産を相

シナジー効果とのれん

M&A実務
シナジー効果とのれん

はじめにM&Aによる企業買収を実施することで、既存事業と買収事業のシナジー(相乗)効果が生まれ、収益機会の増加やコストカットを通じた成長が実現可能となる。このシナジー効果と類似した概念で「のれん」という概念があり、のれんは買収先の顧客やブランド、人材といった超過収益力の価値と解釈されている。本稿では、シナジー効果とのれんの関係性を解説するとともに、のれんが会計に与える影響や近年のトピックについて記

カーブアウトの税務

M&A実務
カーブアウトの税務

現在の日本は、いざなみ景気を超えて戦後最長の景気拡大となっているとされている。しかし、少子高齢化、人口減少、財政問題など日本の将来に対する漠然とした不安、あるいは産業構造の変化が著しいビジネス環境において、自社のビジネスポートフォリオをスピーディーに入れ替える必要性を感じている人は多い。このような背景からか、ここ数年、カーブアウトやスピンオフにより企業が選択と集中を実行することを税務面からも後押し

「株式譲渡・M&A税務」に関連する学ぶコンテンツ

「株式譲渡・M&A税務」に関連するM&Aニュース

テモナ、WEB広告事業のAISの全株式取得、子会社化へ

テモナ株式会社(3985)は、AIS株式会社(東京都豊島区)の全株式を取得すること決定した。テモナは、サブスクリプションビジネスに特化した、BtoC事業者向けクラウド型システムを提供している。AISは、WEB広告事業(ランディングページ)およびWEB制作受託事業を行っている。本件M&Aにより、テモナは、新たなるサービス提供を通じ、クライアントの事業成長への貢献および取引拡大を図る。また、サブスクバ

Sharing Innovations、インタームーブの全株式取得、子会社化

株式会社SharingInnovations(4178)は、株式会社インタームーブ(愛知県名古屋市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。SharingInnovationsは、デジタルトランスフォーメーション(DX)事業およびプラットフォーム(PF)事業を展開している。インタームーブは、ソフトウェア開発事業を行っている。本件M&Aにより、SharingInnovationsは、今後は、イ

イワブチ、須田製作所の株式取得、子会社へ

イワブチ株式会社(5983)は、株式会社須田製作所(東京都中央区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は、60.62%となる。イワブチは、電力、通信、信号、放送、鉄道用各種電気架線金物およびコンクリートポール用品などの製造販売を行う専門メーカー。須田製作所は、通信用金物などの製造販売および無線関連装置の設計製作に関する事業を行っている。本件M&Aにより、イワブチは、架線金物事

ホシザキ、イタリアBrema Group S.p.A.の全株式及びFinimma S.r.l.の全持分取得、子会社化へ

ホシザキ株式会社(6465)は、連結子会社であるHoshizakiEuropeHoldingsB.V.(オランダ)を通じて、イタリア共和国の業務用製氷機メーカーBremaGroupS.p.A.(イタリア、Brema社)の全株式およびFinimmaS.r.l.(イタリア、Finimma社)の全持分を取得し、子会社化(孫会社化)することを決定した。ホシザキは、製氷機、冷蔵庫、食器洗浄機をはじめとする各

ウエルシアHD、コクミンとフレンチと資本業務提携、子会社化へ

ウエルシアホールディングス株式会社(3141)は、株式会社コクミン(大阪府大阪市)と株式会社フレンチ(大阪府大阪市)の株式を取得し、資本業務提携(子会社化)することについて決定した。議決権所有割合は、コクミン76.26%、フレンチ100%となる。ウエルシアHDおよびグループは、調剤併設型ドラッグストアチェーンの運営を行う子会社及びグループ会社の経営管理等を行っている。コクミンは、薬局、薬店の経営を

アスモ、連結子会社であるアスモ少額短期保険の全株式をNFCホールディングスへ譲渡へ

株式会社アスモ(2654)は、連結子会社であるアスモ少額短期保険株式会社(東京都渋谷区)の全株式を株式会社NFCホールディングス(東京都新宿区)に譲渡することについて株式譲渡契約を締結した。本件に伴い、アスモ少額短期保険は連結子会社より除外される。アスモは、グループ各社の経営管理を行っている。グループにおいて、トレーディング事業、フードサービス事業、介護サービス事業、CATERING(HK)事業を

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース