コラム

M&Aによる成長戦略は、「会社を買う」ばかりでない

M&A全般

⽬次

[表示]

「社長、会社を大きく成長するという目的のために、どこと組んだらいいのか ―買収と売却のどちらも視野に入れて、ゼロベースから検討してみませんか」 このような提案を積極的にし始めたのは5年ほど前からです。 「会社を買う話がしたいんだ。売ることなんて考えられない!」 という反応を示す方が最初の頃は多かったと思います。 2016年の日本でのM&A件数は公表ベースで2,652件。 その3倍はあると言われている未公表の案件を含めると年間約1万件のM&Aが行われていることになります。中堅・中小企業にとってもM&Aは身近なものになってきました。 ただ、まだ大きく誤解されたままの点があります。 それは“M&Aによる成長戦略”=“会社を買うこと”という考え方です。 M&Aは会社の成長や課題解決または世代交代を実現する“手段”であって、目的ではありません。 重要なのは目的を達成することです。手段としてM&Aを選択するときに、売るか買うか片方に決めてしまうのはナンセンスだと思いませんか?

M&Aコンサルタントとして歩んだ10年、その思いを込めて執筆しました

産業構造の変化についていけるか?

Amazon、メルカリ、ラクスル、Uber… 最近よく耳にしたり、目にしたりする企業ですよね。 彼らの登場によって、様々な業界に大きな変化が生まれています。 共通するのは「ITの活用」です。 大手企業も強化課題としてIT分野を掲げ、積極的なIT投資やベンチャー投資を始めました。それでも、日本は海外に比べて出遅れていると言われています。 では、中堅・中小企業はITの対応が求められる今後にどう対応していけばいいのでしょうか。

これからを勝ち抜ける会社とは?

ITが重要であることは間違いありませんが、それも含めた“多機能化”がこれから成長していける企業の絶対条件です。 では、多機能化とは何か。 1. 商品を創造(製造)して価値を生み出す機能=価値創造 2. 市場に価値を届ける販売やサービス機能=価値提供 3. ビジネスを支える根幹となる機能(人材・物流・金融など)=価値基盤 4. 情報を集積・分析する機能=価値情報 以上4つの機能を備えることです。 多機能化した企業の代表例としてセブン・イレブンがあげられます。 セブンプレミアム、セブン銀行、nanacoカードを思い浮かべていただければ分かりやすいかもしれません。

目的を実現するための“手段”としてのM&A

中堅・中小企業が生き残り、成長するために多機能化する手段としてM&Aを活用するケースが増えてきています。 M&Aは買い手だけでなく売り手にもメリットをもたらします。多機能化という点では売り手のほうが多くのメリットを享受できると言っても過言ではありません。 「買って地区大会で戦うか、売って全国大会に行くか」 M&Aで全国大会への切符を手に入れた実例を覗いてみませんか? 世の中の経営者の多くの方に、この実例をお伝えしたい。そんな思いを込めて今回『どこと組むかを考える成長戦略型M&A』という本を執筆させていただきました。 10年というM&Aコンサルタントの経験が詰まった1冊になったと自負しております。 ぜひお手に取っていただければ幸いです。

『どこと組むかを考える成長戦略型M&A』

Think Owner's

著者

竹内 直樹

竹内たけうち 直樹なおき

日本M&Aセンター 常務取締役 営業本部長

当社内最大件数(年間100件超)を成約させる事業法人部の責任者として5年間牽引し、上場後の当社の業容拡大に大きく貢献。事業法人部は主にマッチングを行う部署であるが、買い手と売り手との双方の成長戦略を描くなかで、譲渡案件のソーシングにも従事。昨今はミッドキャップ案件(売買金額20~100億円程度)を中心に、ソーシングからクローズに至るまでの全てのフェーズにて陣頭指揮をとっている。買収も売却も実行できるミッドキャップ企業をターゲットとした「成長戦略セミナー」を2015年からスタートさせ、2019年10月で同セミナーは10回を数え、累計参加者は3,000名を超える。 著書に『どこと組むかを考える成長戦略型M&A──「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現』がある。

この記事に関連するタグ

「成長戦略・書籍」に関連するコラム

好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

M&A全般
好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

M&Aで会社を成長させるには買収しかない。そう思い込んでいませんか?M&Aで会社を成長させるには譲渡か買収か、と問われたら、あなたはどちらを答えますか。多くの方が「買収」と答えるのではないでしょうか。しかし、本書の答えは「譲渡」です。なぜ企業の成長が譲渡で可能になるのか、その理由を著者である日本M&Aセンター上席執行役員の栗原弘行が語りました。なぜ、会社の成長=譲渡なのかこれまで譲渡というと、後ろ

家、家にあらず。継ぐをもて家とす

事業承継
家、家にあらず。継ぐをもて家とす

父の観阿弥とともに能(能楽)を世に広めた世阿弥は、多くの言葉を残しています。一番有名なのは、「初心忘るべからず」でしょうか。その世阿弥の有名な言葉のひとつに「家、家にあらず。継ぐをもて家とす」があります。世阿弥は、「たとえ自分の子供であっても、その子に才能がなければ、芸の秘伝を教えてはならない」と言ったうえで、この言葉を続けています。この「家、家にあらず。継ぐをもて家とす」とは、「家というものは、

「僕には継げない」親子で歩んだM&Aの道のり

事業承継
「僕には継げない」親子で歩んだM&Aの道のり

これは、私が出会ったとある親子の話です。当社が開催したセミナーに50歳代と30歳代の男性が連れ立ってご参加されました。会場の真ん中に座っていた二人は、私の講演をとても熱心に聞いていただいていました。「社長を引き継ぐ息子の勉強のためにセミナーに来たのかな」とはじめは思っていました。セミナー後にその親子にお話をお伺いしたところ、思いもしなかった相談を受けました。父(社長):「M&Aで自社の売却を考えて

保守的な会社こそ、M&Aによる成長戦略が有効

M&A全般
保守的な会社こそ、M&Aによる成長戦略が有効

5年ほど前、ある企業の社長とCFOにお会いしました。東京23区内の会社で、売上高は100億円を超え、純資産も潤沢な優良企業です。その社長も事業承継と成長戦略に悩みを抱えていました。「事業承継については、うちの会社は保守的なので社内で解決したいと思っています」「今は業績が好調ですが、当社の事業の市場は将来確実に縮小します。でも、うちの役員や従業員は保守的なので…」いろいろとお話をお伺いしていくうちに

世界一のM&A総合企業を目指してHD化

広報室だより
世界一のM&A総合企業を目指してHD化

日本M&Aセンターは2021年10月1日に純粋持株会社体制に移行し、日本M&Aセンターホールディングスに商号変更いたしました。1991年の創業からM&A仲介事業を中心に、企業評価・財産承継・PMI・オンライン事業承継マッチングサービス・PEファンドなどそれぞれの領域に特化した関連会社を設立して、グループ企業として事業領域を拡大してまいりました。この度、創業30周年を迎えた2021年度を第2創業元年

解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

広報室だより
解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募が9月30日から開始となりました。本補助金は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。事業承継とは本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は6月30日に公開した内容に最新情報を加筆しております。事業承継の動向我が国

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース