M&Aでできること

M&Aは大企業のものだけではありません。
中堅・中小企業の友好的M&Aは、「後継者問題の解決」や「業界再編に備えた経営基盤の強化」、「事業領域の拡大」などの経営者様の課題解決の実現にとって有効な手段です。M&Aで「企業の存続と発展」を実現できます。

日本M&Aセンターは、譲渡企業のオーナー様及び従業員、取引先、譲受け企業、すべての関係者がハッピーになるM&Aを最高のサービスでフルサポートします。

M&Aで経営課題が解決できます!

後継者不在問題を解決

後継者問題の解決

第三者による承継(M&A)は、企業の存続・発展を実現でき、事業承継問題を解決できます。

個人保証・担保を解消

個人保証・担保を解消

第三者へのM&Aに伴って経営権が移動する場合には、オーナー社長の個人保証や個人資産の担保提供は解除され、また創業者利潤の確保できます。

自社単独での成長が難しい先行不安

先行不安

M&Aで大手と組むことによって、会社の基盤が安定するのと同時に、相手企業との事業シナジーによりレバレッジ成長が見込めます。

人材の採用・育成

人材の採用・育成

単独では困難な人材採用も、グループ全体で行うことで人材を確保しやすくなり、また安定した雇用のもと、従業員の待遇向上やキャリア形成が期待できます。

事業の選択と集中

人材の採用・育成

「選択と集中」により優先度の低いノンコア(非主力)事業を譲渡することで、経営資源を強化したい事業に振り向けて経営基盤を強化することできます。

悔いを残さないM&Aのために

日本経済を支えている中堅・中小企業。 国内市場が転換期を迎えている今、M&Aを通じて技術と雇用を守り「企業を存続」させるため、個別のご事情や思いを大切にしながら、お客様にとってベストで友好的なM&A支援します。 そして、より大きな「発展」を目指す経営戦略の立案・実施を支援することで、日本経済の活性化や社会に貢献する、それが日本M&Aセンターの使命です。

日本M&Aセンターは完全独立系のM&A仲介会社として、譲渡・譲受け双方の企業に対し、あらゆる地域・業種・企業規模、そして系列取引の有無の制限なく、真に中立的でメリットのある友好的M&Aをご支援します。
M&Aを成功に導く方法を知り尽くし、最高のサービスで、貴社のベストなお相手を見つけることができます。

経営者にとって、M&Aで会社を譲渡することは、最初で最後の一度きりであることがほとんどです。
M&Aは企業の結婚にも例えられ、特に嫁ぎ先(譲渡先)との相性が成否の鍵を握ります。

最後まで親身に寄り添い、ベストなお相手とのご成約を実現・サポートします。