日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

日本経済を支えている中堅・中小企業。
国内市場が転換期を迎えている今、その企業の事業、人材、技術をM&A業務を通じて存続させ、さらなる発展を目指していくこと、それが我々の使命です。

日本M&Aセンターグループでは、役職員が共通の価値観・原則に基づき行動することが重要と考えております。
企業理念等は組織文化の礎となり、全ての企業活動に大きな影響を与えることから、明確化し、役職員での共有を徹底しております。

経営理念

  1. 我々の使命は、M&A業務を通じて企業の「存続と発展」に貢献することである
  2. 使命の遂行を通じて、社員の物心両面の幸福を追求する

企業目標

我々はミッションステートメントを遵守するために次の5つの行動規範に沿って企業活動を行う。

  1. 「M&A」・「経営戦略」を中心とした”総合経営コンサルタント会社”を目指す
  2. 当社の行う事業は「社会的公器」であり、より多くの顧客に当社の機能を活用いただけるように社会的認知と信頼性を高め、より一層の発展を目指す
  3. 企業の4大目標 『収益性・安定性・成長性・社会性』に関して、自社とクライアント企業に対し常に検証し追求する
  4. 顧客に対して常に最高レベルでのサービス(ノウハウ・品質・信頼性)を追求する
  5. コンプライアンス遵守と企業の社会的貢献を重視した経営を行う

社員信条

「自利利他」

  • 一、仕事に生きがいを感じ、個人・家族・会社の目標を達成し、人格を高める
  • 一、使命感を持って仕事する
  • 一、絶対やり遂げるという強い意志と行動力
  • 一、プラス発想・勉強好き・素直
  • 一、一人一人が経営者の立場で考え、行動する
  • 一、順法精神、秘密保持の貫徹
  • 一、独立と協調の両立

経営方針発表・社長Letter等

経営理念・企業目標・社員信条は企業としての普遍的な考え方を徹底するためのものですが、外部環境の変化やマネジメントの進化に合わせて役職員のあり方は少しずつ変化して行くことが求められます。
当社グループでは、事業年度の初めにトップマネジメントからグループ役職員に向けて経営方針を発信するとともに、毎月の定例会議にあわせて、具体的な企業活動をベースにした会社としての考え方を社長自らが記したLetter(A4 10ページ程度)を役職員に事前配布したうえで、社長自らが解説し、会社としての基本的な考え方の共有化を行っております。
この社長Letterについて、特に重要な部分については取りまとめ、新入社員への徹底も行っております。


企業情報

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。