M&Aニュース

警備業界のM&Aニュース一覧

綜合警備保障、インドネシアの人材派遣・警備事業会社を買収

綜合警備保障株式会社(2331)はインドネシア子会社であるPT.ALSOKBASSIndonesiaSecurityServices(以下「ALSOKBASS」)を通じてインドネシアの人材派遣・警備事業者PT.Shield-OnServiceTbk(インドネシア、以下「SOS」)の発行済み株式の79.3%を取得し、SOSを連結孫会社化することした。綜合警備保障は、国や地方公共団体、各種金融機関、一

共栄セキュリティーサービス、セキュリティを子会社化へ

共栄セキュリティーサービス株式会社(7058)は、株式会社セキュリティ(埼玉県所沢市)の全株式取得(子会社化)に関し、株主との間で株式譲渡契約を締結することを決定した。共栄セキュリティーサービスは、警備業を行っている。グループにて、施設警備業務や交通誘導警備業務等の人的警備事業を展開している。セキュリティは、施設警備業務や交通誘導警備業務の人的警備事業を展開している。共栄セキュリティーサービスは、

共栄セキュリティーサービス、東神産業を子会社化へ

共栄セキュリティーサービス株式会社(7058)は、東神産業株式会社(神奈川県横浜市)の全株式取得(子会社化)を決定した。共栄セキュリティーサービスは、警備業を行っている。グループにて、施設警備業務や交通誘導警備業務等の人的警備事業を展開している。東神産業も、同じく施設警備業務や交通誘導警備業務の人的警備事業を行うほか、人材派遣事業等を行っている。共栄セキュリティーサービスは、グループに東神産業を迎

綜合警備保障、インドネシアの人材派遣・警備事業のPT. Shield-On Service Tbkの株式を取得

綜合警備保障株式会社(2331)は、インドネシア子会社であるPT.ALSOKBASSIndonesiaSecurityServices(以下ALSOKBASS)を通じて、PT.Shield-OnServiceTbk(以下SOS)の株式を取得に関する契約を締結した。議決権割合は、51.23%となる。綜合警備保障は、国や地方公共団体、各種金融機関、一般事業者および個人に、多種多様な警備サービスを提供し

セコム、米国のEagle Eye Networks社およびBrivo社へ出資

セコム株式会社(9735)は、EagleEyeNetworks,Inc.(米国テキサス州、以下EagleEyeNetworks社)およびBrivo,Inc.(米国メリーランド州、以下Brivo社)の第三者割当増資を引受けに合意した。セコムは、セキュリティシステムや警備・災害支援サービス、医療・保険など、各種セキュリティ商品・サービスの提供を行っている。EagleEyeNetworks社とBrivo

丸紅とセコム、共同でアルテリア・ネットワークスへTOB

丸紅株式会社(8002)およびセコム株式会社(9735)は、共同してアルテリア・ネットワークス株式会社(東京都港区)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。買付等の価格は、普通株式1株につき1,980円。買付代金(予定)は、49,382百万円(買付予定数24,940,358株に1株当たりの買付価格を乗じた金額)。買付予定数の下限は、8,293,500株(所有割合16.61%)

セントラル警備保障、東亜警備保障を子会社化へ

セントラル警備保障株式会社(9740)は、東亜警備保障株式会社(栃木県宇都宮市)の発行済株式を取得し、子会社化することを決定した。セントラル警備保障は、施設警備、防火・防災の安全管理、要人身辺警護等の常駐警備、オンラインセキュリティ、ホームセキュリティ等の機械警備を行っている。東亜警備保障は、栃木県内を中心として常駐警備、機械警備、運輸警備等を展開している。本件M&Aによりセントラル警備保障は、エ

共栄セキュリティーサービス、合建警備保障を子会社化へ

共栄セキュリティーサービス株式会社(7058)は、合建警備保障株式会社(徳島県徳島市)の全株式を取得し子会社化することについて、基本合意書の締結を決定した。共栄セキュリティーサービスは、警備業を行っている。グループとしては施設警備業務や交通誘導警備業務等の人的警備事業を展開している。合建警備保障も警備業を行っており、主に徳島県を中心とした四国および関西で展開している。本件M&Aにより共栄セキュリテ

トスネット、連結子会社間で吸収合併へ

株式会社トスネット(4754)は、連結子会社である株式会社トスネット首都圏(東京都江東区)および株式会社トスネット茨城(茨城県水戸市)の間で吸収合併を行うことを決定した。トスネット首都圏を存続会社とする吸収合併方式で、トスネット茨城は解散する。トスネットは、交通誘導警備、および施設警備を主力として行っているほか、メーリングサービス、電源供給、ビルメンテナンス・人材派遣などの事業も展開している。トス

トスネット、新潟県内で警備事業を行うトップロードを子会社化

株式会社トスネット(4754)は、株式会社トップロード(新潟県新潟市)の全株式を取得し、子会社化した。トスネットは、交通誘導警備、および施設警備を主力として行っているほか、メーリングサービス、電源供給、ビルメンテナンス・人材派遣などの事業も展開している。トップロードは、新潟県内において建築関係の警備を中心とした各種工事現場、および駐車場等の交通誘導警備、イベント等における雑踏警備等の事業を展開して

東洋テック、完全子会社4社間にて組織再編(合併・会社分割)

東洋テック株式会社(9686)は、完全子会社である東洋テックビルサービス株式会社(大阪府大阪市)、東洋テック姫路株式会社(兵庫県姫路市)、株式会社大阪フジサービス(大阪府大阪市)および株式会社新栄ビルサービス(兵庫県姫路市)の間において、組織再編(合併・会社分割)を行うことを決定した。【組織再編方式】東洋テックビルサービスを存続会社として、大阪フジサービスを消滅会社とする吸収合併新栄ビルサービスを

共栄セキュリティーサービス、ダイトーセキュリティーの株式取得、子会社化

共栄セキュリティーサービス株式会社(7058)は、株式会社ダイトーセキュリティー(東京都台東区)の全株式を取得し、子会社化した。共栄セキュリティーサービスは、施設警備業務や交通誘導警備業務等の人的警備の事業を展開している。ダイトーセキュリティーは、主に東京都と神奈川県において、施設警備業務や交通誘導警備業務等の人的警備の事業を展開している。本件M&Aにより、共栄セキュリティーサービスは、両社がもつ

綜合警備保障、かんでんジョイライフ及びかんでんライフサポートの株式取得、子会社化へ

綜合警備保障株式会社(2331、ALSOK)は、株式会社かんでんジョイライフ(大阪市北区)およびかんでんライフサポート株式会社(大阪府枚方市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。綜合警備保障は、セキュリティサービス会社。国や地方公共団体、各種金融機関、一般事業者また個人に、多種多様な警備サービスを提供している。また、介護事業にも参入し高齢者生活支援サービスなども行っている。かんでんジョイ

セコム、総合セキュリティ企業セノンの株式取得、子会社化へ

セコム株式会社(9735)は、株式会社セノン(東京都新宿区)の発行済普通株式を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は55.1%。取得価格は、アドバイザリー費用等も含め約27,059百万円。セコムは、セキュリティ事業を中心に、防災事業、メディカル事業、保険事業、地理空間情報サービス事業、BPO・ICT事業を展開している。セノンは、総合セキュリティ企業として事業を展開している。常駐警備業

東洋テック、セキュリティ事業を行う五大テックの全株式取得、完全子会社化へ

東洋テック株式会社(9686)は、五大テック株式会社(大阪市中央区)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。東洋テックは、セキュリティサービスとビル総合管理をコア業務とし、コールセンター、防犯機器・省エネサービス販売、防災サービスなどを展開している。五大テックは、施設警備・機械警備・建物総合管理などのセキュリティ事業、情報処理システムのコンサルティング・企画・開発・販売などのシステム事業

セントラル警備保障、警備業務・防犯防災機器の販売を行うCSP東北の株式取得、子会社化へ

セントラル警備保障株式会社(9740)は、CSP東北株式会社(宮城県仙台市、CSPTK)の発行済株式を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は、67.0%。セントラル警備保障は、常駐警備、機械警備、輸送警備、機器販売および工事事業を展開している。CSP東北は、警備業務・防犯防災機器の販売を行っている。本件M&Aにより、セントラル警備保障は、グループの東北地区の再編を実施する。また、セン

綜合警備保障、福祉用具のレンタル事業を行う日本ケアサプライの株式を三菱商事より取得

綜合警備保障株式会社(2331)は、三菱商事株式会社(8058)との間で、介護・高齢者生活支援事業に関する資本業務提携に合意した。綜合警備保障は、三菱商事の子会社である株式会社日本ケアサプライ(2393、東京都港区)の株式を三菱商事から取得する。取得割合は、議決権比率32.1%。綜合警備保障は、ホームセキュリティ、パーソナルセキュリティ、ライフサポートとして盗聴器探索サービスや介護事業などの事業を

穴吹興産、セコムホームライフの全株式取得、子会社化へ

穴吹興産株式会社(8928)は、セコム株式会社(9735)のセコムホームライフ株式会社(東京都渋谷区)の発行済全株式を取得し、子会社化することを決定した。これに伴い、セコムホームライフの100%子会社であるホームライフ管理株式会社(東京都渋谷区)も子会社(孫会社)となる。穴吹興産は、不動産の開発をはじめ、注文住宅請負、建売分譲、アパート請負、不動産流通、不動産ソリューション、ホテル&テナントビル運

セコム、マレーシアとシンガポールのセキュリティ会社2社の全株式取得、子会社化へ

セコム株式会社(9735)は、アジア地域におけるセキュリティ事業拡大を目的に、マレーシア、シンガポールにあるセキュリティ会社2社の発行済み全株式を取得し、子会社化することを決定した。セコムは、グループにおいて、セキュリティ事業を中心に、防災事業、メディカル事業、保険事業、地理空間情報サービス事業、BPO・ICT事業、不動産事業の各事業分野で新しい事業の創出と拡充に取り組み、トータルシステムで提供し

ミロク情報サービス(9928)の子会社MJS Finance & Technology、セントラル警備保障(9740)の子会社スパイスの全株式取得、子会社化

株式会社ミロク情報サービス(9928、MJS)の子会社である株式会社MJSFinance&Technology(東京都中央区、MFT)は、セントラル警備保障株式会社(9740、CSP)の子会社であるスパイス株式会社(東京都目黒区)の全株式を取得した。MJSは、全国の会計事務所と中堅・中小企業に対し、財務会計・税務を中心とした各種システムおよび経営・会計・税務等に関する多彩な情報サービスを提供してい

セコム(9735)と共栄セキュリティーサービス(7058)、資本業務提携

セコム株式会社(9735)と共栄セキュリティーサービス株式会社(7058)は、業務提携及び資本提携を行うことを決定した。セコムは共栄セキュリティーサービスの普通株式を東京証券取引所の立会外取引(ToSTNeT-1)を通じて取得する。取得割合は、2.99%となる。セコムは、セキュリティサービス、防災、メディカルサービス、保険、地理空間情報サービス、BPO・ICT、不動産業を展開している。共栄セキュリ

綜合警備保障(2331)、らいふホールディングスの全株式取得

綜合警備保障株式会社(2331)は、株式会社らいふ及び株式会社エムビックらいふの持ち株会社である株式会社らいふホールディングスの全株式を取得する契約を締結した。綜合警備保障は、国や地方公共団体、各種金融機関、一般事業者向けに、多種多様な警備サービスを提供するほか、個人の顧客にもホームセキュリティをはじめ、安全安心と便利を提供する取組みを推進している。事業領域拡大として、個人、特に高齢者に対する安全

東洋テック(9686)、建物総合管理業の新栄ビルサービスの全株式取得、完全子会社化

東洋テック株式会社(9686)は、株式会社新栄ビルサービス(兵庫県姫路市)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。東洋テックおよびグループは、警備事業、ビル管理事業を展開している。新栄ビルサービス社は、建物総合管理業、マンション・ビルの清掃業を行っている。本件M&Aにより、東洋テックは、新栄ビルサービス社のマンション・ビル管理業務のノウハウやリソースを取り込み、グループにおける警備業務及

綜合警備保障(2331)、三菱商事(8058)との間で、ファシリティマネジメント事業に関する資本業務提携

綜合警備保障株式会社(2331、ALSOK)は、三菱商事株式会社(8058)との間で、ファシリティマネジメント(FM)事業に関する資本業務提携に合意した。国内では、三菱商事がALSOKの連結子会社でFM事業・警備を担うALSOK双栄株式会社の株式の33.4%を取得し、海外ではシンガポールに2社合弁で三菱商事は70%、ALSOKは30%の所有割合でFM事業会社を設立し、同合弁会社を通じてタイ市場を皮

セコム(9735)、クラウド映像サービス提供のセーフィーと資本業務提携

セコム(9735)とセーフィー株式会社(東京都品川区)は、資本業務提携契約を締結した。セコムはセーフィーが実施する第三者割当増資を引き受ける。セーフィーは、ネットワークカメラのクラウドサービスを展開している。セコムが提供するクラウドカメラサービス「セコム画像クラウドサービス」において、セーフィーのクラウド録画プラットフォームを取り入れるなど、両社は協業を進めてきた。本提携により、セコムとセーフィー

トスネット(4754)、札幌市内で警備事業展開の北日本警備の全株式取得、子会社化

トスネット(4754)は、北日本警備株式会社(札幌市)の全株式を取得し、子会社化した。取得価額は、200,000千円。トスネットグループは、連結子会社16社を持ち、交通誘導警備及び施設警備を主力とした人的警備事業を主な事業として展開している。今後は、警備事業の生産性向上を基軸に、ビルメンテナンス事業、メーリングサービス事業及び電源供給事業を提供することで、更なる成長を目指している。北日本警備は、北

東洋テック(9686)、大阪の森田ビル管理の全株式取得、完全子会社化

東洋テック(9686)は、森田ビル管理株式会社(大阪市中央区)の全株式を取得し、完全子会社化した。株式所有割合は15%から100%となる。東洋テックグループは、警備事業、ビル管理事業を展開している。本件M&Aにより、東洋テックグループは、森田ビル管理のビル管理業務のノウハウやリソースを活用するとともに、自社グループにおける警備業務及びビル管理業務との一体運営や人的資源の相互活用を図る。

セントラル警備保障(9740)、電気設備施工・警備機械製造のシーティディーネットワークスの株式取得、子会社化

セントラル警備保障(9740)は、シーティディーネットワークス株式会社(東京都中央区)の発行済株式の51.0%を取得し、子会社化することを決定した。セントラル警備保障は、画像関連サービスを中心とした機械警備の拡販強化を図っている。シーティディーネットワークスは、電気通信システム及び電気設備の設計・施工・メンテナンスを総合的に提供している。また、子会社である株式会社グラスフィアジャパン(東京都中央区

セコム(9735)、東芝(6502)の警備業子会社東芝セキュリティの株式8割を取得

セコム(9735)は、東芝(6502)が保有する東芝セキュリティ株式会社(神奈川県川崎市)の発行済普通株式の80.1%を取得することを決定した。取得価額は約25億円。議決権所有割合は80.1%となる。東芝セキュリティは、東芝グループ各社の工場やオフィスの施設警備、動力設備および消防・防災設備の保守・点検、受付業務などの総務付帯業務を手掛ける警備会社。本件M&Aにより、セコムは、東芝セキュリティのも

トスネット(4754)、北海道のアーバン警備保障の全株式取得

トスネット(4754)は、株式会社アーバン警備保障(北海道札幌市)の全株式を取得し、子会社化した。取得価額は100,000千円。トスネットグループは、交通誘導警備を主力とした警備事業を主軸に、ビルメンテナンス事業、メーリングサービス事業及び電源供給事業を提供している。アーバン警備保障は、北海道内において建築関係の警備を中心に工事現場や駐車場等での交通誘導警備、イベント等における雑踏警備、施設等の常

警備業界M&A動向

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年2月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード