M&Aニュース

成長戦略セミナー

東海カーボン、オリエンタル産業を株式交換により完全子会社化へ

更新日:

東海カーボン株式会社(5301)は、連結子会社であるオリエンタル産業株式会社(山梨県甲府市)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うと発表した。

東海カーボンは、「カーボンブラック」や「黒鉛電極」などの炭素関連製品を製造している。

オリエンタル産業は、炭素製品の加工や、人造黒鉛粉・鉛筆用芯の製造および販売を行っている。

本株式交換の目的

半導体製造工程におけるSiC製品の比率が高まることが予想される中、本件にて、これまで以上に東海カーボングループの一体感を強化させ、グループ経営の機動性のさらなる強化・拡大を狙う。

本株式交換に係る割当ての内容

本株式交換に係る割当比率
 東海カーボン(株式交換完全親会社)  :1
 オリエンタル産業(株式交換完全子会社):27.98

本株式交換により交付する株式数
 東海カーボンの普通株式:228,037 株(予定)

本株式交換の日程

(1)本株式交換契約の取締役会決議日(両社)      :2024年5月30日
(2)本株式交換契約締結日(両社)           :2024年5月30日
(3)本株式交換の株主総会承認決議日(オリエンタル産業):2024年6月14日
(4)本株式交換の効力発生日              :2024年7月2日

窯業界のM&A・事業承継の動向はこちら

東海カーボンに関連するM&Aニュース

東海カーボンの米国子会社、黒鉛加工製品生産・販売の米国KBRを買収

東海カーボン株式会社(5301)は、連結子会社のTokaiCarbonU.S.A.,Inc.(米国オレゴン州、以下「TCU」)を通じて、東海カーボンの持分法適用会社であるMWI,Inc.(米国ニューヨーク州、以下「MWI」)株式の59.8%を保有するKBR,Inc.(米国カリフォルニア州、以下「KBR」)の全株式の取得を行い、KBRとMWIを連結子会社化(孫会社化)し、株式取得の相手方と株式譲渡契

東海カーボン、韓国の連結子会社Tokai Carbon Korea Co., Ltd.の株式を追加取得

東海カーボン株式会社(5301)は、2024年4月9日開催の臨時取締役会において、連結子会社であるTokaiCarbonKoreaCo.,Ltd.(韓国、以下「TCK」)の株式を追加取得することを決定した。東海カーボンは、黒鉛電極・カーボンブラック・ファインカーボン・スメルティング&ライニング・工業炉および関連製品・摩擦材・負極材の製造、販売を行う。TokaiCarbonKoreaCo.,Ltd.

東海カーボン、韓国の連結子会社Tokai Carbon Koreaの株式を追加取得へ

東海カーボン株式会社(5301)は、連結子会社であるTokaiCarbonKoreaCo.,Ltd.(韓国・安城市、TCK)の株式を追加取得することを決定した。取得価額は約48億円。議決権所有割合は47.4%となる。東海カーボンは、カーボン材料の開発を行う炭素製品の総合メーカー。黒鉛電極・カーボンブラック・ファインカーボン・スメルティング&ライニング・工業炉/関連製品・摩擦材・負極材の製造・販売を

東海カーボン (5301)、子会社のTokai COBEX GmbHを通じて、フランスの炭素黒鉛製品メーカーであるCarbone Savoie SASの持ち株会社Carbone Savoie International SASの全株式取得、子会社化

東海カーボン株式会社(5301)は、CarboneSavoieSAS(フランス・オーヴェルニュ-ローヌ、CS)の持株会社であるCarboneSavoieInternationalSAS(フランス・パリ、CSI)の全株式を、子会社であるTokaiCOBEXGmbH(ドイツ・ヴィースバーデン、TCX)と共同して取得し子会社化することにつき、株式譲渡予約契約を締結した。取得割合は、東海カーボンが70%、

東海カーボン(5301)、ドイツの炭素黒鉛製品メーカー・COBEX社の全株式取得、子会社化

東海カーボン(5301)は、COBEXHoldCoGmbH(ドイツ、COBEX社)の全株式をSofianMidCoS.àr.l.(ルクセンブルク)より取得し子会社化することを決定し、株式譲渡契約を締結した。取得価額は約1,000億円。東海カーボンは、現在進行中の中期経営計画において、戦略投資案件の積極的な検討を掲げている。COBEX社は、アルミ精錬用のカソード、一貫製鉄所の主要設備である高炉の内貼

この記事に関連するタグ

「買収」に関連するコラム

TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、中小企業の成長戦略にフォーカスしたセミナーを開催しております。中堅・中小企業の成長戦略としてM&Aが注目されている現在、日本M&Aセンターが支援するレバレッ

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

M&A全般
新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

業界経験豊富なM&Aのスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動きについて、プレスリリースを紐解き解説する「M&Aニュースサテライト」。今回はNTTドコモとマネックスグループ・マネックス証券のニュースを解説します。※本記事はYouTube動画の内容を抜粋・編集してご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。ご相談は無料、秘密厳

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

「後継者のいない会社」を買うメリットとは?

M&A全般
「後継者のいない会社」を買うメリットとは?

近年、後継者不在の会社を第三者が譲受けるケースが増加傾向にあります。本記事では、後継者のいない会社を買う場合のメリット、認識しておきたい注意点、会社の探し方や相談先についてご紹介します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら後継者のいない

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

日本M&Aセンターの新刊書籍『伸びる企業の買収戦略―実録中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』が発売されました(2023年9月13日ダイヤモンド社より発行)。中堅・中小企業向けに買収戦略の考え方や成功パターン、デューデリジェンスやPMIなどのポイント、複数社買収の効果や海外M&Aなどについて、豊富な実例を交えて解説した「譲受企業(買い手)」向けの実践的な入門書です。M&Aマガジンでは、全4回にわた

「買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード