M&Aニュース

東海カーボン、韓国の連結子会社Tokai Carbon Korea Co., Ltd.の株式を追加取得

更新日:

東海カーボン株式会社(5301)は、2024年4月9日開催の臨時取締役会において、連結子会社である Tokai Carbon Korea Co., Ltd.(韓国、以下「TCK」)の株式を追加取得することを決定した。

東海カーボンは、黒鉛電極・カーボンブラック・ファインカーボン・スメルティング&ライニング・工業炉および関連製品・摩擦材・負極材の製造、販売を行う。

Tokai Carbon Korea Co., Ltd.は、炭素黒鉛製品及び CVD-SiC コーティング製品の製造販売を行う。

KC Co., Ltd.は、半導体製造装置の製造・販売・研究開発を行う。

株式取得の理由

TCK社の経営安定化並びに東海カーボングループの企業価値向上を図るため、東海カーボンに次いで第2位の株主である KC Co., Ltd.(韓国安城市、以下「KC」)の保有するTCK社株式35万株を追加取得する。これにより当社のTCKに対する議決権所有割合は 47.4%から 50.4%となる。

取得株式に係る議決権割合、取得価額及び取得前後の議決権割合の状況

(1)異動前の所有株式数:  5,533,250 株 (議決権の数:5,533,250 個)(議決権所有割合:47.4%)
(2)取得株式数:  350,000 株 (議決権の数:350,000 個)
(3)取得価額:   52 億円※
(4)異動後の所有株式数:5,883,250 株 (議決権の数:5,883,250 個)(議決権所有割合:50.4%)
※1株あたりの取得価格は2024年4月9日の終値とし、取得価額の換算レートは1ウォン=0.1124円として算出。

日程

(1)取締役会決議日:2024年4月9日
(2)契約締結日:2024年4月9日
(3)株式取得完了日:2024年4月23日(予定)

窯業界のM&A・事業承継の動向はこちら

東海カーボンに関連するM&Aニュース

東海カーボン、韓国の連結子会社Tokai Carbon Koreaの株式を追加取得へ

東海カーボン株式会社(5301)は、連結子会社であるTokaiCarbonKoreaCo.,Ltd.(韓国・安城市、TCK)の株式を追加取得することを決定した。取得価額は約48億円。議決権所有割合は47.4%となる。東海カーボンは、カーボン材料の開発を行う炭素製品の総合メーカー。黒鉛電極・カーボンブラック・ファインカーボン・スメルティング&ライニング・工業炉/関連製品・摩擦材・負極材の製造・販売を

東海カーボン (5301)、子会社のTokai COBEX GmbHを通じて、フランスの炭素黒鉛製品メーカーであるCarbone Savoie SASの持ち株会社Carbone Savoie International SASの全株式取得、子会社化

東海カーボン株式会社(5301)は、CarboneSavoieSAS(フランス・オーヴェルニュ-ローヌ、CS)の持株会社であるCarboneSavoieInternationalSAS(フランス・パリ、CSI)の全株式を、子会社であるTokaiCOBEXGmbH(ドイツ・ヴィースバーデン、TCX)と共同して取得し子会社化することにつき、株式譲渡予約契約を締結した。取得割合は、東海カーボンが70%、

東海カーボン(5301)、ドイツの炭素黒鉛製品メーカー・COBEX社の全株式取得、子会社化

東海カーボン(5301)は、COBEXHoldCoGmbH(ドイツ、COBEX社)の全株式をSofianMidCoS.àr.l.(ルクセンブルク)より取得し子会社化することを決定し、株式譲渡契約を締結した。取得価額は約1,000億円。東海カーボンは、現在進行中の中期経営計画において、戦略投資案件の積極的な検討を掲げている。COBEX社は、アルミ精錬用のカソード、一貫製鉄所の主要設備である高炉の内貼

東海カーボン(5301)、米国のカーボンブラックメーカーSid Richardson Carbon社等を子会社化

東海カーボン(5301)は、SidRichardsonCarbon,Ltd(米国・テキサス州、SRC社)及びそのグループ会社SRCG,Ltd.(同)とNewSRCGGenpar,LLC(同)の全持分を取得し子会社とすることを決定し、持分譲渡契約を締結した。取得価額は概算341億円。東海カーボンは、カーボンブラック事業を主要事業の1つに据え、中長期的な拡大を図っている。ファーネスブラック分野において

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するコラム

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて持続的に発展することを支援するために2022年にNihonM&ACenterVietnamへ入社しました。当社へ入社する前

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠点の集積地として地位を維持しています(タイ:21社、マレーシア:11社、インド:5社)。リークアンユー首相の下で、少ない資

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード