M&Aニュース

成長戦略セミナー

トヨタ紡織の子会社セイワ、保有する中国の聖和座套(蚌埠)有限公司の全株式を香港創造社貿易有限公司に譲渡

更新日:

トヨタ紡織株式会社(3116)は、連結子会社である株式会社セイワ(広島県 尾道市 )が保有する、聖和座套(蚌埠)有限公司(中華人民共和国 安徽省)の株式を香港創造社貿易有限公司(中華人民共和国 香港特別行政区 )へ譲渡することを決定した。

セイワ は、シートカバーの製造・販売を行う。 聖和座套(蚌埠)有限公司は、輸送機器用内装材の製造、販売を行う。 香港創造社貿易有限公司は、貿易業、その他を行う。

【異動の理由】 トヨタ紡織は、グローバルに競争力 収益力の向上 投入資源の効率化について総合的に見直しており、中国地域における自動車向けシート縫製事業に関する最適生産を図る施策の一環と して、本事業を中国系企業に譲渡することを決定した。

【今後の予定】 譲渡実行日  2024年中

輸送用機械・部品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

輸送用機械・部品製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、輸送用機械・部品製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

トヨタ紡織に関連するM&Aニュース

アイシンシロキ、TOYOTA BOSHOKU ASIA CO.,LTD.に子会社SAIの株式譲渡へ

株式会社アイシン(7259)は、アイシンシロキ株式会社(愛知県豊川市)からTOYOTABOSHOKUASIACO.,LTD.(以下、TBAS)へのSHIROKIAUTOMOTIVEINDIAPVT.LTD.(以下、SAI)の株式譲渡につき、株式譲渡契約の締結を決定した。譲渡価格は約2,283百万インドルピー(約35億円)。※日本円表記は1インドルピー=1.53円で計算。アイシンは、自動車部品、エネ

トヨタ紡織、トヨタ車体精工を子会社へ

トヨタ紡織株式会社(3116)は、トヨタ車体精工(愛知県高浜市)の株式の一部を譲り受け、子会社することを决定した。トヨタ車体精工はトヨタ紡織の子会社となり、社名をトヨタ紡織精工株式会社に変更する。トヨタ紡織は、内装システムサプライヤー事業と、内装製品・自動車用フィルター・パワートレーン機器部品・繊維関連製品などの製造販売を行っている。トヨタ車体精工は、リアシートフレーム・ロングスライドレールなどの

タチエス(7239)とトヨタ紡織(3116)、資本業務提携

タチエス(7239)は、トヨタ紡織(3116)の株式を取得した。取得価額は約30億円。株式所有割合は0.7%となる。タチエスとトヨタ紡織は、3月に業務提携契約を締結し、自動車用シート事業におけるグローバル市場での競争力強化を図ってきた。本件により、タチエス並びにトヨタ紡織は、両社の関係をより強固にし、既存部品の相互供給、新規部品の開発検討、生産拠点・設備の相互活用等での連携によるシナジーの最大化を

トヨタ紡織(3116)、自動車用シート事業で提携のタチエスの株式取得

トヨタ紡織(3116)は、株式会社タチエス(東京都昭島市)の株式を取得した。取得価額は約30億円。所有割合は、タチエス発行済み株式の4.17%となる。トヨタ紡織とタチエスは、自動車用シート事業におけるグローバル市場での競争力強化を目的として、今年3月に業務提携契約を締結した。本件により、トヨタ紡織とタチエスは、既存部品の相互供給、新規部品の開発検討、生産拠点・設備の相互活用などで連携を強化し、さら

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

会社売却とは?メリットや成功させるポイント、流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや成功させるポイント、流れを解説

会社売却を行うにあたって、あらかじめ押さえたいポイントがいくつかあります。本記事では会社売却のメリット、流れなど概要をご紹介します。自社の「業種・地域・売上高」の3つを入力するだけで「会社売却をするとしたら、どのような相手が候補に挙がってくるか」が1分でわかる、無料の診断サービスがあります。ぜひご活用ください。会社売却先シミュレーション(無料)を試してみる会社売却とは?会社売却は、経営者が新たなビ

会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

「株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年2月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード