M&Aニュース

ギグワークス、子会社でシステム開発のGALLUSYS株式の一部を秋元康氏とその関係者に譲渡

更新日:

ギグワークス株式会社 (2375) は、2024年1月30日開催の取締役会において、連結子会社である株式会社GALLUSYS(ガルシス)(東京都新宿区)の株式の一部(15%)を、秋元康氏とその関係者に譲渡することを決議した。

ギグワークスは、マーケティング&コミュニケーションサービス、フィールドサポートサービス、コンタクトセンターサービス、テクノロジーサービス、コワーキングスペースサービス(レンタルオフィス)をグループで展開する。

GALLUSYSは、カメラアプリを中心としたシステム開発業を展開する。

ギグワークスは2023年9月11日公表の「社外協力者に対する新株予約権の発行に関するお知らせ」並びに「日本直販株式会社(当社連結子会社)株式の一部譲渡ならびに秋元康氏の「総合プロデューサー」就任に関するお知らせ」及び2023年12月11日公表の「合弁会社(株式会社Green Light)設立に関するお知らせ」の通り、作詞家、プロデューサーである秋元康氏及びその関係者と様々な協力体制を構築していく事に合意している。

GALLUSYSは、2020年9月に設立され、写真を中心とした独創的なアプリ開発を得意としており、2023年10月にはスマホカメラを活用した画期的なGame-Fi体験を提供する、全く新しいSnap to Earnサービスである「SNPIT(スナピット)」をリリースするなど、今後のグループ業績への貢献期待が高まっている連結子会社である。 また、GALLUSYSは、秋元康氏が「SNPIT」のストラテジックアドバイザーに就任しており、今回、ギグワークスが保有するGALLUSYSの株式15%を譲渡することで、関係強化を目指す。

・今後の予定
株式譲渡実行日  2024年2月29日

人材派遣・紹介業界のM&A・事業承継の動向はこちら

人材派遣・紹介業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、人材派遣・紹介業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

ギグワークスに関連するM&Aニュース

スリープログループ(2375)、ソフトウェア開発のオー・エイ・エスの全株式取得

スリープログループ(2375)は、オー・エイ・エス株式会社(東京都千代田区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は790百万円。スリープログループは、IT周りの導入・設置・交換・保守支援、コンタクトセンター運用・スタッフ支援、営業代行・販売支援、システム・エンジニアリング開発受託・技術者派違事業で構成されるIT関連のBPO事業を軸とした4つのサービスを展開している。連結子会社にお

スリープログループ(2375)、英語学習アプリ提供のポリグロッツと資本業務提携

スリープログループ(2375)は、株式会社ポリグロッツ(東京都新宿区)と資本業務提携を行った。スリープログループは、ITを中心としたBPO事業、コワーキングスペース事業を展開している。また、働く時間や場所にとらわれず、個人がもつスキルを活用できるような働き方を推進している。ポリグロッツは、世界中の英語ニュースが気軽に読める英語学習アプリ「POLYGLOTS」を提供している。本提携により、スリープロ

スリープログループ(2375)、インバウンド向けモバイル決済サービス提供のダナルジャパンと資本業務提携

スリープログループ(2375)は、子会社であるスリープロエージェンシー株式会社(東京都新宿区)において、株式会社ダナルジャパン(東京都千代田区)と資本業務提携を行うことを決定した。スリープログループは、ITを中心としたオンデマンドサービス、シェアリングエコノミー事業を提供している。ダナルジャパンは、韓国携帯電話決済市場でトップクラスのシェアを持つ株式会社ダナル(韓国・京畿道城南市)の日本法人。モバ

スリープログループ(2375)、京都の技術者派遣業ヒューマンウェアの全株式取得

スリープログループ(2375)は、ヒューマンウェア株式会社(京都市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は464百万円。スリープログループは、ITを中心とした導入~保守支援、コンタクトセンター運用・スタッフ支援、営業代行・販売支援、システム・エンジニアリング開発受託・技術者派遣などのIT関連BPOサービスを軸とした4つのサービスを展開している。ヒューマンウェアは、主に近畿圏の精密

スリープログループ(2375)、コンタクトセンター運営のJBMクリエイトを完全子会社化

スリープログループ株式会社(2375)は、株式会社JBMクリエイト(大阪市北区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は80百万円。スリープログループは、IT関連のBPOサービスを展開している。特にコンタクトセンターの運用においては、商品やサービスに関する問合せや注文受付に対応するインバウンドコールを強みとしている。JBMクリエイトは、大阪、熊本で230席のコンタクトセンターを運営

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するコラム

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

会社売却を行うにあたって押さえておきたいポイントは複数存在します。本記事では会社売却のメリットや注意点、売却額の算出方法、会社売却を進める流れについてご紹介します。会社売却とは?会社売却とは、会社の事業や資産を第三者に売却して対価を受け取るプロセスを指します。会社売却が検討されるケースとしては、経営を引き継ぐ人材がいない「後継者不在」、業界の再編などで事業の先行きに対する不安、あるいは大手傘下に入

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

M&A全般
企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

事業承継や業界再編への対応策として、企業買収の動きは今後ますます加速することが考えられます。本記事では、企業買収の基礎を整理した上で、その種類やメリット・デメリット、具体的な流れなどについて解説します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこち

非上場株式とは?譲渡するメリット、手続き、税金などをわかりやすく解説

M&A全般
非上場株式とは?譲渡するメリット、手続き、税金などをわかりやすく解説

非上場株式の譲渡は、中小企業の後継者不足などを背景とし、近年増加傾向にあります。本記事では、非上場株式の概要、メリットや注意点、手続きの流れについてご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・企業戦略に関するご相談はこちらから非上場株式とは?非上場株式とは、証券取引所に上場して

【EC・D2C業界のM&A】会社を譲渡した後のロックアップ期間とは?よくある質問と回答

事業承継
【EC・D2C業界のM&A】会社を譲渡した後のロックアップ期間とは?よくある質問と回答

譲渡をお考えのお客様は、初めて会社の譲渡を検討される方が大半です。そのため検討段階では、様々なご質問が寄せられます。本記事では、2023年4月に行われたセミナーの中から、ご参加の経営者の皆様から寄せられた質問と、当社コンサルタントの回答を抜粋してご紹介します。M&Aの目的、検討ポイントは業界・業種によって異なります。EC事業のM&Aに精通した専門チームがあなたの会社のM&Aをご支援します。詳しくは

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード