M&Aニュース

成長戦略セミナー

日東工業、三社電機製作所など3社と再生可能エネルギー関連事業の合弁会社を設立

更新日:

日東工業株式会社(6651)、株式会社FAプロダクツ(東京都港区)、株式会社三社電機製作所(6882)、徳倉建設株式会社(愛知県名古屋市)は、再生可能エネルギー導入のコンサルティングから開発、施工、販売までワンストップでサービス提供を行う合弁会社設立のために、FAプロダクツから会社分割によりスマートエネルギー事業を継承する会社の株式の一部を取得する旨の契約および合弁契約を締結した。

日東工業は、高圧受電設備、分電盤、ホーム分電盤、光接続箱、金属製キャビネット、樹脂製ボックス、 システムラック、ブレーカ、開閉器、電気自動車(EV・PHEV)用充電器シリーズ、 熱関連機器などの電気機械器具製造・販売および発電・売電事業を行う。

FAプロダクツは、プロジェクトマネジメントおよびグランドデザイン策定、デジタルファクトリー構想設計および パッケージ・モジュール化企画・販売、デジタルシミュレーション構築および分析などを行う。

三社電機製作所は、パワー半導体、系統連系インバーター、無停電電源装置、電力調整器などの電気機械器具、 半導体およびその応用機械器具の製造ならびに販売などを行う。

徳倉建設は、企業、個人の発注するビル、住宅、工場、医療福祉施設、商業施設など建築工事の設計、施工、 維持、修繕工事およびインフラ整備をはじめとする各種の一般土木工事などを行う。

■本件目的
カーボンニュートラルの実現に向けて、再生可能エネルギーの導入が加速するなか、蓄電池をはじめとした分散型電源を有効的に活用する重要性、期待が益々高まる中、日東工業、FAプロダクツ、三社電機製作所、徳倉建設は、各社の保有する事業のなかで環境負荷低減に寄与する製品、サービスを進めてきた。

統合的なエネルギーマネジメントを提供するために、4社のノウハウを集結した新たな価値を生み出す企業を立ち上げることで、顧客へより付加価値の高いサービスを提供することが可能と判断し、合弁会社を設立することとした。

■合弁新会社の概要
名称    EMソリューションズ株式会社(予定)
事業内容  再生可能エネルギー導入のコンサルティングおよび開発、施工、販売
事業開始  2024年3月1日(予定)
出資比率 日東工業 50.1% 、FAプロダクツ 20.0%、三社電機製作所 20.0% 、徳倉建設 9.9%

※FAプロダクツが設立する新会社にスマートエネルギー事業を分割承継し、当該新会社株式の一部を日東工業、三社電機製作所、徳倉建設に譲渡する。

■株式取得する会社の概要
名称    株式会社FAプロダクツ(分割会社)
事業内容  プロジェクトマネジメントおよびグランドデザイン策定、デジタルファクトリー構想設計およびパッケージ・モジュール化企画・販売、デジタルシミュレーション構築および分析など

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

電子部品・機械器具製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、電子部品・機械器具製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

日東工業に関連するM&Aニュース

日東工業(6651)連結子会社のサンテレホン、ベトナムの情報通信機器卸売会社SOECOの株式取得、子会社化

日東工業(6651)の連結子会社であるサンテレホン株式会社(東京都中央区)は、SAONAMANTRADINGSERVICECORPORATION(ベトナム・ホーチミン市、SOECO)の株式の取得に係る契約をSOECO株主と締結した。株式の所有割合は99.9%となる。サンテレホンは、情報通信専門商社のリーディングカンパニーとして、ICT環境構築に必要な商材をワンストップで提案している。また、マルチベ

日東工業(6651)、精密機器製造・販売の北川工業(6896)株式を公開買付け(TOB)

日東工業(6651)は、北川工業(6896)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。買付価格は1株3,943円。日東工業は、買付予定数の下限を2,377,189株としており、上限は設けていない。応募株券等の数の合計が買付予定数の下限に満たない場合には、応募株券等の全部の買付け等を行わない。日東工業は、27社の子会社を持つ。配電盤関連製造事業、情報通信関連流通事業、及び工事・サ

日東工業(6651)、タイの金属加工製品メーカーBM社の株式取得

日東工業(6651)は、BANGKOKSHEETMETALPUBLICCOMPANYLTD.(タイ、BM社)の株式を第三者割当増資により取得する一方で、子会社であるNITTOKOGYOTRADING(THAILAND)CO.,LTD.(タイ、NKT社)の株主異動合意に伴い、BM社と日東工業との間で株主間契約を締結し、NKT社の事業を共同して行なうことを決定した。BM社の取得株式数は40百万株で取得

日東工業(6651)、ワコム(6727)よりエンジニアリングソリューション事業を取得

日東工業(6651)は、ワコム(6727)から、ワコムのエンジニアリングソリューション事業を新設分割により承継する会社の全株式を取得する契約を締結した。ワコムのエンジニアリングソリューション事業は、CADにより30年以上にわたって日本の電機設計業界を牽引してきた。本件により、日東工業は、双方の配電盤・制御盤の設計・製造分野における経営資源や事業ノウハウを融合することで、より付加価値の高いサービスの

日東工業(6651)、シンガポール配電盤メーカーGathergates社を子会社化

日東工業株式会社(6651)は、シンガポール上場企業NaturalCoolHoldingsLtdの100%子会社の配電盤メーカーGathergatesGroupPteLtdの発行済み株式の全てを取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、2,914百万円となる。日東工業グループは、東南アジアにおいて配電盤のビジネスを構築するため、タイでの内資型販社の設立を皮切りに、東南アジアでのマーケティング

この記事に関連するタグ

「会社分割・合弁企業の設立」に関連するコラム

合弁会社とは?メリットや設立までの流れをわかりやすく解説

経営・ビジネス
合弁会社とは?メリットや設立までの流れをわかりやすく解説

新規事業の立ち上げや海外進出の場面で用いられる法人形態として、合弁会社があります。本記事では合弁会社の概要、他の法人形態との違い、設立までの流れなどについてわかりやすく解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら合弁会社とは?合弁会社とは、複数の企業が共同出資によって新たに設立す

【M&Aの新潮流】NOBUNAGAサクセション設立

広報室だより
【M&Aの新潮流】NOBUNAGAサクセション設立

十六フィナンシャルグループ(十六FG)と日本M&Aセンターホールディングス(日本M&AセンターHD)による合弁会社で経営承継支援を担う「NOBUNAGAサクセション」が2023年7月3日に事業を開始しました。地域金融機関とM&A仲介会社が経営承継支援に関する合弁事業は日本初の試みで、岐阜県と愛知県を中心とした企業の経営承継を支援していきます。織田信長と”承継”を冠にした社名社名は岐阜ゆかりの天下人

分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

M&A全般
分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

企業の規模に関わらず、専門性の強化、迅速な事業展開などを目的に分社化が行われています。本記事では、分社化の概要、メリットやデメリットについて整理し、実際に分社化する際のポイント等について詳しく解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら分社化とは?分社化とは、複数の事業を持つ企業

【全国初】十六FGと合弁事業を始動 地域経済活性化に向け連携を強化

広報室だより
【全国初】十六FGと合弁事業を始動 地域経済活性化に向け連携を強化

地域金融機関との連携を深めて、東海エリアでさらに経営承継支援を推進していきます。日本M&Aセンターホールディングスは2023年4月6日、地域社会を担う企業の事業承継などを支援していく目的で、十六フィナンシャルグループ(岐阜市)と「合弁事業の検討にかかる基本合意書」を締結いたしました。当社と地域銀行における事業承継・経営承継支援に関する合弁事業は、全国初の取り組みとなります。2023年夏頃にも合弁会

会社分割とは?事業譲渡との違い、種類やメリットについて解説

M&A全般
会社分割とは?事業譲渡との違い、種類やメリットについて解説

自社事業の分割・譲渡を考えている企業経営者の方には、「会社分割」は有力な選択肢となります。本記事では会社分割の種類やメリット、手続き方法、事業譲渡との違いについて解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら会社分割とは?会社分割とは、会社の一部または全ての事業を切り離し、別会社に

キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

海外M&A
キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

国内外のM&Aに精通するDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する新企画「Dr.MのM&Aポイント解説」。第1回で取り上げる企業は「キリンホールディングス」。国内ビール業界の中でも海外展開を積極的に進めてきたキリンで、いま何が起きているのでしょうか。|*概要*||-------------------------------------------

「会社分割・合弁企業の設立」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード