M&Aニュース

W&Dインベストメントデザイン、ニットプランナーから事業を譲受

更新日:

株式会社W&Dインベストメントデザイン(東京都港区、以下「W&DiD」)は、株式会社KP(東京都港区、以下「新KP」)を通じ、ベビー・子供服等企画・卸売事業を営む株式会社ニットプランナーから主要事業を譲り受けた。

W&DiDは、アパレルのワールドグループと日本政策投資銀行が株主で共同で設立されたPEファンド。コンシューマー企業を対象に投資し、両社のノウハウを活用し、再生・成長を支援している。

新KPは、株式会社ワールドの100%子会社である株式会社ワールドインベストメントネットワーク、株式会社ナルミヤ・インターナショナルおよび株式会社日本政策投資銀行に対してトラッキングストック※1を割り当てて調達した資金をもとに設立された会社。

ニットプランナーは、子供服の企画販売を手掛け、子供服ブランド「KP」を展開していた。「新型コロナウイルス」の影響で売上が急減し、自力での経営再建が困難となり、10月3日に破産手続き開始の決定が下りている。

今後新KPは、ベーシックなヨーロピアンカジュアルを特徴とした4ブランドを展開し、顧客から支持されてきた伝統と独自性を尊重し、ワールドとナルミヤが有する事業運営のノウハウやプラットフォームを活用し企業価値向上を目指す。

※1.トラッキングストック:種類株式の一種で、会社の特定部門や子会社の業績のみに、株式の価値・価格が連動されるように設計された株式。

ワールドに関連するM&Aニュース

ワールド、子ども服のナルミヤ・インターナショナルの株式を追加取得へ

株式会社ワールド(3612)は、株式会社ナルミヤ・インターナショナル(9275)の株式の買付けを決定した。ワールドは、総合ファッションアパレル企業。ナルミヤ・インターナショナルは、子ども服ブランドを展開している。買付数量は646,430株で、総議決権株式数に対する割合は6.39%。本件により、買付数量を全て取得した場合、ワールドの持つ普通株式の総議決権株式数割合は57.97%になる予定。

ワールド、ナルミヤ・インターナショナル資本業務提携(TOB)、連結子会社化へ

株式会社ワールド(3612)は、株式会社ナルミヤ・インターナショナル(9275、ナルミヤ)の普通株式を金融商品取引法による公開買付けにより取得し、資本業務提携契約を締結することを決定した。買付け等の価格は、普通株式1株につき1,230円。応募株券等の数の合計が買付予定数の下限(2,024,600株)に満たない場合は、応募株券等の全部の買付け等を行わず、応募株券等の数の合計が買付予定数の上限(2,6

ロコンド(3558)、ワールド(3612)が保有するFashionwalkerの全株式取得へ

株式会社ロコンド(3558)は、株式会社ワールド(3612)が保有する株式会社Fashionwalker(東京都港区、ファッションウォーカー)の全株式を取得することに関する基本合意書の締結を決定した。ロコンドは、靴とファッションの通販サイト、「LOCONDO.jp」を軸とする「EC事業」などを展開している。祖業であるECモール事業に関してのノウハウの蓄積も深いことが強みとしている。ワールドは、事業

ワールド(3612)、高級バッグのシェアリングサービスのラクサス・テクノロジーズの株式取得、子会社化

ワールド(3612)は、ラクサス・テクノロジーズ株式会社(広島市)の株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、概算約4,312百万円。ワールドは、多業態多ブランドで幅広い価格帯・販売チャネルで価値提供することに加え、生産から販売に至るバリューチェーン機能、それらを支えるシステムやシェアード・サービス等のビジネスインフラを含むプラットフォームを独自に構築し、他社への提供を通じて産業ロスの

ワールド(3612)、韓国の100%子会社の全株式を現地大明化学へ譲渡

ワールド(3612)は、100%保有するWorldKoreaCo.,Ltd(韓国、韓国ワールド)の全株式をDaeMyungChemicalCo.,Ltd.(韓国、大明化学)へ譲渡する契約を締結した。ワールドは、2001年に100%出資子会社として韓国ワールドを設立した。今後の更なる成長のため、従来の百貨店を中心とした販路を強化するとともに、より機動的な販売チャネル拡大の機会を検討していた。大明化学

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・PEファンド」に関連するコラム

PEファンドを活用した事業承継とは?事例を交えて解説

M&A全般
PEファンドを活用した事業承継とは?事例を交えて解説

日本M&AセンターではPEファンドとのパートナー戦略をサポートする専門チームを社内に組成し、高度なコンサルティングサービスを提供しています。本記事では、過去に好評を博したセミナーの中から、ファンドへの譲渡(社長・経営陣が継続して関わる場合)に関する内容を抜粋してご紹介します。日本M&Aセンターではファンドと提携した専門チームが高度なコンサルティングサービスを提供しております。詳細ページより、専門チ

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&A全般
事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&Aで多く用いられるスキームとして挙がるのが株式譲渡と事業譲渡です。本記事ではどのような場合に事業譲渡がふさわしいのか、株式譲渡との違いやメリット・デメリット、手続きや税金などをわかりやすくご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業譲渡をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら事業譲渡とは事業譲渡とは

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

企業が不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを行う場面で活用されるのが、事業売却です。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら事業売却とは?事業売却は、企業が所有している

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

「事業譲渡・PEファンド」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード