M&Aニュース

ワールド、ナルミヤ・インターナショナル資本業務提携(TOB)、連結子会社化へ

株式会社ワールド(3612)は、株式会社ナルミヤ・インターナショナル(9275、ナルミヤ)の普通株式を金融商品取引法による公開買付けにより取得し、資本業務提携契約を締結することを決定した。

買付け等の価格は、普通株式1株につき1,230円。
応募株券等の数の合計が買付予定数の下限(2,024,600株)に満たない場合は、応募株券等の全部の買付け等を行わず、応募株券等の数の合計が買付予定数の上限(2,690,930株)を超える場合は、その超える部分の全部又は一部の買付け等を行わない。
本件に伴い、ナルミヤは、持分法適用関連会社から連結子会社となる。

ワールドは、事業持株会社として、傘下のブランド事業、デジタル事業、プラットフォーム事業を営むグループ全体の経営管理、およびそれに付帯する業務を行っている。

ナルミヤは、ベビー・子供服の企画販売事業を展開している。

本提携により、ワールドは、両者が保有する経営層を含む人材、店舗資産、資金、事業運営上で収集される商品・販売・在庫などの膨大なデータなどの経営資源の相互活用を大幅に深め、ナルミヤとのシナジー効果創出を目指すとともに、さらなる企業価値の増大を目指す。

また、ナルミヤにおいては、ショッピングセンターへの出店やeコマースの強化、事業効率化による利益率改善、新規事業育成を加速させることから、さらなる持続的成長および株主価値向上の実現を目指す。

・今後のスケジュール
公開買付開始公告日 2022年1月14日
公開買付届出書提出日 2022年1月14日
届出当初の買付け等の期間 2022年1月14日~2022年2月14日

ワールド・ナルミヤ・インターナショナルに関連するM&Aニュース

ナルミヤ・インターナショナル、写真スタジオの運営等を行うLOVSTの全株式取得、子会社化へ

株式会社ナルミヤ・インターナショナル(9275)は、株式会社LOVST(東京都中央区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。ナルミヤ・インターナショナルは、ベビー・子供服の企画販売事業、オリジナル、ライセンスブランドの展開による、子供服および、関連製品の製造加工販売を行っている。LOVSTは、写真スタジオの運営、子供写真事業、写真販売、その他写真に関わる商品販売、出張撮影業務を行っている。

ロコンド(3558)、ワールド(3612)が保有するFashionwalkerの全株式取得へ

株式会社ロコンド(3558)は、株式会社ワールド(3612)が保有する株式会社Fashionwalker(東京都港区、ファッションウォーカー)の全株式を取得することに関する基本合意書の締結を決定した。ロコンドは、靴とファッションの通販サイト、「LOCONDO.jp」を軸とする「EC事業」などを展開している。祖業であるECモール事業に関してのノウハウの蓄積も深いことが強みとしている。ワールドは、事業

ワールド(3612)、高級バッグのシェアリングサービスのラクサス・テクノロジーズの株式取得、子会社化

ワールド(3612)は、ラクサス・テクノロジーズ株式会社(広島市)の株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、概算約4,312百万円。ワールドは、多業態多ブランドで幅広い価格帯・販売チャネルで価値提供することに加え、生産から販売に至るバリューチェーン機能、それらを支えるシステムやシェアード・サービス等のビジネスインフラを含むプラットフォームを独自に構築し、他社への提供を通じて産業ロスの

ナルミヤ・インターナショナル(9275)、男児向けアパレルブランド「GLAZOS」展開・ハートフィールの全株式取得、子会社化

ナルミヤ・インターナショナル(9275)は、株式会社ハートフィール(東京都武蔵野市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は700百万円。ナルミヤ・インターナショナルは、国内の百貨店・ショッピングセンター・eコマースを通じて、主に女児向けに多様な子供服を企画販売している。ハートフィールは、小中学生の男児向けアパレルブランド「GLAZOS」を自社eコマースを中心に事業展開している。本

ワールド(3612)、韓国の100%子会社の全株式を現地大明化学へ譲渡

ワールド(3612)は、100%保有するWorldKoreaCo.,Ltd(韓国、韓国ワールド)の全株式をDaeMyungChemicalCo.,Ltd.(韓国、大明化学)へ譲渡する契約を締結した。ワールドは、2001年に100%出資子会社として韓国ワールドを設立した。今後の更なる成長のため、従来の百貨店を中心とした販路を強化するとともに、より機動的な販売チャネル拡大の機会を検討していた。大明化学

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携・TOB・子会社」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード