M&Aニュース

センコーGHD傘下の日制警備保障、アムス警備を子会社化

更新日:

センコーグループホールディングス株式会社(9069)の傘下である日制警備保障株式会社(東京都杉並区)は、アムス警備株式会社(東京都豊島区)とその子会社であるヒューマンセキュリティ株式会社(東京都豊島区)の全株式を取得した。

アムス警備ならびにヒューマンセキュリティは7月3日付けでセンコーGHDの傘下となった。

センコーグループホールディングスは、大手物流会社。物流、商事、農業、ビジネスサポート、ライフサポートなどのサービスを提供している。さまざまな業種・業界へ事業を拡大しており、人材派遣事業においては外国人に特化して派遣を行う企業2社をグループ化し、2023年2月に日制警備をグループ化し警備事業を強化するなど、地域・業種の拡大を図っている。

アムス警備およびヒューマンセキュリティは、日制警備保障と同じく東京・神奈川に事業所を置き、主に住宅メーカー・ゼネコンの建築現場での交通誘導、重機誘導を行っている。

本件M&Aによりセンコーグループホールディングスは、警備事業・人材派遣事業等の拡大を通じて、多彩な人材が活躍できる総合人材ビジネス事業の展開を図り、ビジネスサポート事業のさらなる領域拡大を進める。

トラック物流業界のM&A・事業承継の動向はこちら

トラック物流業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、トラック物流業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

センコーグループホールディングスに関連するM&Aニュース

センコーグループHD、ディスプレイメーカーの七彩を買収・84.97%の株式取得

センコーグループホールディングス株式会社(9069、以下「センコーGHD」)は、2024年5月13日に株式会社七彩(京都府京都市)の株式84.97%を取得することを決定した。センコーGHDは、大手物流会社。物流、商事、農業、ビジネスサポート、ライフサポートなどのサービスを提供している。七彩は、商業施設・ディスプレイの企画・設計・施工、マネキン人形の製造・販売、店舗什器の販売を行う。背景・目的センコ

センコーグループHD、ITO・BPO事業の日東テクノブレーンを買収

センコーグループホールディングス株式会社(9069、以下「センコーGHD」)は、株式会社日東テクノブレーン(埼玉県所沢市)の全株式を取得し、日東テクノブレーンは、5月1日付けでセンコーGHDの傘下となった。センコーGHDは、ビジネスサポート事業としてコンタクトセンター、データ入力、給与代行・経理事務代行、人材派遣、施設管理業等様々なBPO事業を展開する。日東テクノブレーンは、埼玉と千葉に拠点を置き

センコー、和歌山の総合物流オプラスを子会社化へ

センコー株式会社(大阪市北区)は、株式会社オプラス(和歌山県和歌山市)の全株式を取得する契約を締結し、オプラスを5月末にグループ化する予定であることを公表した。オプラスは、和歌山エリアを中心に大阪・三重にも拠点を保有し、スーパーマーケットやドラッグストア向けに食品の低温輸送や日用品の輸送を展開する、和歌山トップクラスの総合物流会社。創業70年にわたり地域の物流を支えており、顧客との信頼関係を築いて

センコーグループHD、物流管理ソフトウェア開発・販売のシンガポールInfologを買収

センコーグループホールディングス株式会社(9069)は、シンガポールを拠点に物流ソフトウェアの開発・販売などを行うInfologPteLtd(シンガポール、以下「Infolog」)の65%の株式を取得し、2月29日付けでグループ化した。Infologは、物流管理ソフトウェアの開発・販売を行う。シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナムの4カ所に事業所を展開。センコーグループは、2017年にS

センコーグループHD、オーストラリアのSimon National Carriersを買収

センコーグループホールディングス株式会社(9069、以下「センコーグループ」)は、オーストラリアで重量貨物や特殊大型貨物などの輸送と倉庫事業を展開するSimonTransportPtyLtd(オーストラリアクイーンズランド州、C以下「SimonNationalCarriers」)との間でSimonNationalCarriersの75%の株式を取得する契約を締結しており、豪州外国投資審査委員会から

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

親族内や自社の内外に後継者としてふさわしい人物が見つからないオーナー経営者にとって、最終的に残される選択肢は2つしかありません。ひとつは廃業で、そしてもうひとつは会社の売却です。本記事では、会社売却の近況や会社を売るメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

経営・ビジネス
関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

関連会社に該当するかどうかは、議決権の割合によって定められています。本記事では関係会社や子会社との違いも含め、関連会社の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら関連会社とは?関連会社とは、親会社が議決権の20%以上を所有し「経営方針の決定に重要な影響を与えること

「株式譲渡・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年7月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード