M&Aニュース

三井物産、香港のweb3大手Animoca Brandsと資本業務提携

更新日:

三井物産株式会社(8031)は、Animoca Brands(香港、以下Animoca)との資本業務提携および戦略的パートナーシップに関する覚書を締結した。

三井物産は、金属、エネルギー資源や機械、化学品などの国内卸売および外国間貿易を行っている。

Animocaは、ブロックチェーン技術とデジタル資産を中心に、web3事業を展開している。

今後両社は、三井物産の消費者ビジネスから産業ビジネスまでの事業アセットに加え、パートナーや顧客ネットワークを活用し、主に日本国内におけるweb3の普及とイノベーションにつながる新たなビジネス創出を目指す。

ウェルネス、脱炭素、カーボンクレジットなどの分野で、ブロックチェーン技術を活用した共同事業の開発や新たな合弁会社の設立を通じて、さまざまな領域での戦略的パートナーシップを加速させる狙い。

総合・その他専門卸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

総合・その他専門卸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、総合・その他専門卸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

三井物産に関連するM&Aニュース

三井農林、三井物産を引受先とする第三者割当増資を実施

三井農林株式会社(東京都港区)は、2023年11月17日付で親会社である三井物産株式会社(8031)を引受先とした第三者割当増資によって150億円の資本増強を実施した。三井農林は、日東紅茶ブランドをはじめ、紅茶・緑茶・自動販売機用飲料等の製造販売を行う。三井物産の連結子会社。三井物産は、三井グループの大手総合商社。三井農林は長年に亘り国内に製造拠点を構えて「ものづくり」事業に取り組み、技術と知見を

三井物産、豪・電力ガス小売りInternational Power株の全持分売却へ

三井物産株式会社(8031)は、保有するInternationalPower(Australia)HoldingsPtyLimited(オーストラリアビクトリア州、以下IPAH)の全持分株式(発行済株式の28%)を売却すると発表した。IPAHへの共同出資者であるENGIES.A.(フランス)の子会社と株式譲渡契約書を締結した。三井物産は総合商社。IPAHは、発電事業(火力、風力)、電力・ガスの小売

三井物産、WE Tech Solutions Oyの第三者割当増資の引受けに合意

三井物産株式会社(8031)は、WETechSolutionsOy(フィンランド、以下WETech社)の第三者割当増資を引き受けることに合意した。三井物産は、金属、エネルギー資源や機械、化学品などの国内卸売および外国間貿易を行っている。WETech社は、船内エネルギー効率の最適化を実現する船舶エネルギーシステム(設計開発・調達・販売・コミッショニング・アフターセールスサービス)の提供を行う。三井物

三井物産、米国で化粧品製造を行うダーマシューティカルラボラトリーズ社を買収へ

三井物産株式会社(8031)は、DermaceuticalLaboratories,LLC(米国ニュージャージー州バーゲン郡、以下D-LAB)の全株式取得を発表した。三井物産は、金属、エネルギー資源や機械、化学品などの国内卸売および外国間貿易を行っている。D-LABは、米国およびグローバルブランドオーナー向けに化粧品の企画・設計・製造事業を行っている。本件M&Aにより三井物産は、D-LABをビュー

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

日本M&Aセンターの海外拠点紹介 ベトナム編

海外M&A
日本M&Aセンターの海外拠点紹介  ベトナム編

日本M&Aセンターは2013年4月、海外支援室を設立し、現在はASEAN5拠点(シンガポール・インドネシア・ベトナム・マレーシア・タイ)体制で、友好的なM&Aを通じて、海外進出・海外撤退・日本市場参入のご支援を行っています。今回はベトナム現地法人代表の渡邊に、拠点開設の背景とベトナムM&Aの今について聞きました。2020年2月、ベトナムに現地法人設立ー渡邊さんは、もともとベトナムと接点があったので

日本M&Aセンター海外拠点の紹介 インドネシア編

海外M&A
日本M&Aセンター海外拠点の紹介  インドネシア編

日本M&Aセンターは2013年4月、海外支援室を設立し、現在はASEAN5拠点(シンガポール・インドネシア・ベトナム・マレーシア・タイ)体制で、友好的なM&Aを通じて、海外進出・海外撤退・日本市場参入のご支援を行っています。2019年に拠点が開設された背景、インドネシアM&Aの今について、インドネシア駐在員事務所長の安丸に話を聞きました。インドネシアのM&Aに関わり始めた背景ー安丸さんとインドネシ

2023年の主要トピックス~海外M&A担当者による世界経済予測~

M&A全般
2023年の主要トピックス~海外M&A担当者による世界経済予測~

2022年は、地政学リスクに振り回された1年と言えるでしょう。2023年、世界は、日本は、どのような年になるのか。個人的な所感を述べてみたいと思います。※本記事は2022年12月30日に執筆されました。地政学リスクに振り回された世界経済表題の通り、2022年は地政学リスクに大きく左右された1年となりました。年初にはNYダウ平均は36,950ドル超の史上最高値を更新し、GAFAMやテスラなどのテック

海外M&Aを支える5カ国の現地スタッフ26名が来日

広報室だより
海外M&Aを支える5カ国の現地スタッフ26名が来日

近年増加する海外進出に有効な日本企業による海外M&A。日本M&Aセンターでは、親日で今後も著しい経済成長が見込まれるASEAN地域に5拠点を構えています。このほど入国規制緩和を受けて現地スタッフ26名が来日し、所属の垣根を越えて相互に理解を深めました。拡大する海外拠点コロナ禍でも工夫を重ね成約へ日本M&Aセンターは2013年4月より海外支援室を設置し、2016年4月に初の海外拠点となるシンガポール

シンガポール現地事情とM&Aの状況(海外出張レポート)

海外M&A
シンガポール現地事情とM&Aの状況(海外出張レポート)

2022年5月中旬、日本M&Aセンターが2016年に第一号の海外拠点として立ち上げたシンガポールへ出張してきました。新型コロナ以降初となる海外渡航、かつ初のシンガポールでしたので現地の状況を中心に、多くのASEAN地域で渡航解禁となった現在の海外M&Aの動向についての記事とさせていただきます。※本記事は2022年6月に執筆されました。渡航情報(2022年5月17日時点)このブログを読んでくださって

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード