M&Aニュース

エムスリー、米国法人及び英国法人を通じ、英Kantarのヘルスケア調査関連事業を譲受へ

更新日:

エムスリー株式会社(2413)は、米国法人M3 USA Corporationおよび英国法人M3 Medical Holdings Ltdを通じ、Kantar Group(英国 ロンドン、以下Kantar)との間に、Kantarが持つ以下2つのヘルスケア調査関連事業の譲受に関する最終合意書を締結した。

【該当事業】
1)Kantar Profiles ― Health (以下KPH)
2)Kantar Media Healthcare Research (以下KMHR)

エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬会社向けマーケティング支援サービスや治験支援サービス等の提供を行っている。

Kantarは、グローバルにマーケティングインサイトやアナリティクスサービスの提供を行っている。

KPHは、Kantarがグローバルに保有する医師調査パネルで、医師・医療従事者の調査パネル事業を提供している。特に米国・ドイツ・英国・フランス・イタリア・スペインの6カ国におけるカバレッジに強みを持つ。
KMHRは、米国で展開する事業であり、患者や医療従事者の消費行動やメディア利用動向などの情報を収集、調査レポートやデータとして販売している。

今回の事業譲受により、エムスリーの持つ世界最大の医療従事者パネルの質・量をさらに拡大し、ヘルスケア市場調査サービスのラインナップを強化・拡充する。

また、KPH、KMHRの2事業においても、エムスリーグループが持つグローバル600万人の医師会員基盤や、グループ内のアウトソーシング部門の活用などにより、さらなる成長と業務効率化を見込む。

・今後の予定
クロージング予定時期 2023年7月上旬

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

インターネット関連サービス業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、インターネット関連サービス業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

エムスリーに関連するM&Aニュース

エムスリー、健康保険組合向け支援事業のミナケアを子会社化

エムスリー株式会社(2413)は、株式会社ミナケア(東京都千代田区)を子会社化した。また、ミナケアの代表取締役である山本雄士氏は、健康経営、投資型医療の実現に向け、チーフ・ヘルスケア・オフィサーとしてエムスリーに参画する。エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬会社向けマーケティング支援サービスや治験支援サービス等を提供している。ミナケアは、健康保険組合向け保健事業戦略コン

エムスリー、特定保健指導や禁煙外来サービス提供のメドケアを買収

エムスリー株式会社(2413)は、疾病の発症前の段階から健康状態を維持することを目的とした取り組み「ホワイト・ジャック・プロジェクト」を推進しており、その第6弾として、特定保健指導を中心とした生活習慣改善サービスを提供するメドケア株式会社(東京都豊島区)を子会社化した。エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬会社向けマーケティング支援サービスや治験支援サービス等を提供する。

エムスリー、ベネフィット・ワンへのTOBが不成立

エムスリー株式会社(2413、以下「公開買付者」)は、2023年11月14日付の取締役会決議により、株式会社ベネフィット・ワン(2412、以下「対象者」)の普通株式を金融商品取引法に定める公開買付け(TOB)により取得することを決定し、2023年11月15日より本公開買付けを実施していたが、2024年2月29日をもって本公開買付けが終了したことを発表した。本公開買付けにおいては、応募株券等の総数が

エムスリー、ベネフィット・ワンへのTOB期間を2月15日まで再延長

エムスリー株式会社(2413)は、2023年11月14日付の取締役会決議により、株式会社ベネフィット・ワン(2412)の普通株式を金融商品取引法に定める公開買付け(TOB)により取得することを決定し、2023年11月15日より本公開買付けを実施しているが、2024年1月16日、本公開買付けの買付け等の期間を2024年2月15日まで延長することを決定した。これにより、2023年11月15日付で提出し

エムスリー、インドの医師・医学生向け学習予備校運営Dr. Bhatia Medical Coaching Instituteを買収

エムスリー株式会社(2413)は、Dr.BhatiaMedicalCoachingInstitutePrivateLimited(インドハリヤナ州、以下「DBMCI」)の株式を取得し子会社化した。エムスリーは、日本の医師の約9割にあたる32万人以上が登録する医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬会社向けマーケティング支援サービスや治験支援サービス等を提供する。DBMCIは、インドにおい

この記事に関連するタグ

「事業譲渡」に関連するコラム

事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&A全般
事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&Aで多く用いられるスキームとして挙がるのが株式譲渡と事業譲渡です。本記事ではどのような場合に事業譲渡がふさわしいのか、株式譲渡との違いやメリット・デメリット、手続きや税金などをわかりやすくご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業譲渡をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら事業譲渡とは事業譲渡とは

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

企業が不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを行う場面で活用されるのが、事業売却です。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら事業売却とは?事業売却は、企業が所有している

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

PEファンドを活用した事業承継とは?事例を交えて解説

M&A全般
PEファンドを活用した事業承継とは?事例を交えて解説

日本M&AセンターではPEファンドとのパートナー戦略をサポートする専門チームを社内に組成し、高度なコンサルティングサービスを提供しています。本記事では、過去に好評を博したセミナーの中から、ファンドへの譲渡(社長・経営陣が継続して関わる場合)に関する内容を抜粋してご紹介します。日本M&Aセンターではファンドと提携した専門チームが高度なコンサルティングサービスを提供しております。詳細ページより、専門チ

分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

M&A全般
分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

企業の規模に関わらず、専門性の強化、迅速な事業展開などを目的に分社化が行われています。本記事では、分社化の概要、メリットやデメリットについて整理し、実際に分社化する際のポイント等について詳しく解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら分社化とは?分社化とは、複数の事業を持つ企業

「事業譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード