M&Aニュース

テクノホライゾン、連結子会社3社間で吸収合併へ

更新日:

テクノホライゾン株式会社(6629)は、連結子会社3社間でのグループ内組織再編することを決定した。

【グループ内組織再編の内容】
・連結子会社のアポロ精工株式会社(静岡県御殿場市)を存続会社、同じく連結子会社の株式会社ケーアイテクノロジー(神奈川県横浜市)およびアインド株式会社(愛媛県西条市)の2社を消滅会社とする吸収合併

テクノホライゾンは、映像機器・IT機器・サービスを組み合わせた各種製品・サービス・ソリューションの提供を行っている。

アポロ精工は、自動はんだ装置および関連機器の製造・販売、レーザー関連製品の製造・販売を行っている。

ケーアイテクノロジーは、画像処理関連のハードウェア・ソフトウェア・アルゴリズムの開発を行っている。

アインドは、各種製造装置および検査装置の設計・製造・販売を行っている。

【グループ内組織再編の目的】
①国内・海外の販促基盤の強化
②技術の融合を行い効率的で価値の高い商品開発
③ものづくり体制の最適化
④管理業務の効率化
⑤人材の有効活用

・今後の予定
契約締結日 2022年12月下旬
効力発生日 2023年4月1日

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

電子部品・機械器具製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、電子部品・機械器具製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

テクノホライゾンに関連するM&Aニュース

ブイキューブ、プロフェッショナルワーク事業をテクノホライゾンに譲渡へ

株式会社ブイキューブ(3681)は2024年5月10日、取締役会決議に代わる書面決議において、エンタープライズDX事業の一部である緊急対策とフィールドワークの専門領域に特化したDX支援を行うプロフェッショナルワーク事業(以下「対象事業」)を、テクノホライゾン株式会社(6629、以下「テクノホライゾン社」)に譲渡することについて基本的に合意し、今後具体的な協議を進めていくため基本合意書を締結した。ブ

テクノホライゾン傘下のアポロ精工、中島銅工の全株式を取得

テクノホライゾン株式会社(6629)の連結子会社であるアポロ精工株式会社(静岡県御殿場市)は、中島銅工株式会社(埼玉県ふじみ野市)の全株式を、9月6日付で取得したことを発表した。テクノホライゾンは、映像&IT事業と、ロボティクス事業を主軸に事業展開している。アポロ精工は、自動はんだ装置および関連機器の製造・販売、レーザー関連製品の製造・販売等を行っている。中島銅工は、液化ガス式コードレス熱工具およ

テクノホライゾン、ウェルダンシステムの全株式取得へ

テクノホライゾン株式会社(6629)は、ウェルダンシステム株式会社(東京都中野区)の全株式取得を決定した。テクノホライゾンは、映像&IT事業と、ロボティクス事業を主軸に事業展開している。ウェルダンシステムは、学校向けパッケージソフトを開発・販売を行っている。本件M&Aによりテクノホライゾンは、校務に多忙な教師の働き方改革を支援し、教育の質を高める好循環を生み出すことにつなげていく。

テクノホライゾン、幼児向けICT英語教材展開のCYBER DREAMを子会社化

テクノホライゾン株式会社(6629)は、株式会社CYBERDREAM(宮城県仙台市)の全株式を取得した。テクノホライゾンは、情報通信機器や光学機器の開発、販売などの事業を展開している。CYBERDREAMは、全国の幼稚園・保育園に、幼児向けのICT英語教材(ネイティブ英語)の開発販売と、サブスクリプション型のサポートサービスを行っている。本件M&Aによりテクノホライゾンは、以下のようなシナジーを期

この記事に関連するタグ

「グループ内再編・吸収合併・子会社」に関連するコラム

子会社化するメリットとは?関連会社との違いや子会社の種類についても解説

M&A全般
子会社化するメリットとは?関連会社との違いや子会社の種類についても解説

子会社化は事業の成長・発展に向けた経営戦略として多くの企業で行われています。本記事では、子会社化するメリット・デメリット、子会社の種類について詳しく解説します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら子会社化とは?子会社とは、経営の意思決定

関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

経営・ビジネス
関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

関連会社に該当するかどうかは、議決権の割合によって定められています。本記事では関係会社や子会社との違いも含め、関連会社の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら関連会社とは?関連会社とは、親会社が議決権の20%以上を所有し「経営方針の決定に重要な影響を与えること

合併とは?買収との違い、種類やメリット、企業事例を解説

M&A全般
合併とは?買収との違い、種類やメリット、企業事例を解説

M&A(MergersandAcquisitions)は企業の合併・買収のことであり、「Mergers」が今回ご紹介する合併を指します。本記事では合併の概要や買収との違い、メリット・デメリット、必要な手続きなどについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら合併とは合併とは

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年11月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード