M&Aニュース

鉄人化計画、会社分割により持株会社体制へ移行

更新日:

株式会社鉄人化計画(2404)は、会社分割の方式により持株会社体制へ移行することを決定した。

鉄人化計画を分割会社とする会社分割(吸収分割)方式。カラオケ事業を、完全子会社である株式会社TETSUJIN FOOD SERVICE(東京都目黒区)に承継させる予定。鉄人化計画は純粋持株会社へ移行する。

【持株会社体制移行の目的】
・ガバナンス強化
・経営効率の向上、意思決定の迅速化
・子会社間の競争力強化
・子会社の売却・買収

鉄人化計画は、カラオケルーム「カラオケの鉄人」を運営している。フードデリバリー・レストランなどの飲食店事業や、ネイルサロンの運営など美容事業も展開。

TETSUJIN FOOD SERVICEは、飲食店経営およびフードデリバリー事業を行っている。

鉄人化計画は、経営管理機能と事業執行機能を分離し、それぞれの機能に特化した体制構築と、権限・責任の明確化による経営スピードの引き上げ、さらなる経営体制の強化を進めていく。

・今後の予定
契約締結日             2022年10月26日
効力発生日・持株会社体制への移行日 2023年9月1日

レジャー・アミューズメント業界のM&A・事業承継の動向はこちら

レジャー・アミューズメント業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、レジャー・アミューズメント業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

鉄人化計画に関連するM&Aニュース

鉄人化計画、まつエク美容事業のビアンカグループ6社の全株式取得へ

株式会社鉄人化計画(2404)は、ビアンカグループ6社の発行株式の全株式を取得し、子会社化することを決定した。移動するビアンカグループ子会社は、株式会社UIM(東京都新宿区)、株式会社NIM(東京都中野区)、株式会社JEWEL(東京都新宿区)、株式会社BiancaVENUS(埼玉県さいたま市)、株式会社BiancaSTELLA(神奈川県川崎市)、株式会社BiancaEAST(東京都千代田区)の6社

鉄人化計画(2404)、ラーメン「直久」のフククルフーズの全株式取得、事業譲受

株式会社鉄人化計画(2404)は、株式会社フククルフーズより株式会社直久の全株式を取得のうえ子会社とし、フククルフーズのラーメン事業を株式会社直久にて譲受することについて決定した。鉄人化計画およびグループは、2019年より、事業とのシナジーを見込める業態の店舗または企業とのコラボレーション、またはM&Aを積極的に進めることにより、事業の規模と範囲の拡大を図っている。フククルフーズは、運営するラーメ

鉄人化計画(2404)の子会社TBH、愛知県・岐阜県のまつ毛エクステ・ネイルサロン「Rich to」事業をNexiaから譲受

鉄人化計画(2404)の100%子会社である株式会社TBH(東京都目黒区)は、株式会社Nexia(愛知県名古屋)からまつ毛エクステ・ネイルサロン「Richto」の全10店舗の事業を譲受することを決定した。鉄人化計画は、「カラオケの鉄人」ブランドをはじめとした空間提供型施設等を展開している。TBHは、ネイル・メイクアップサロン等を運営している。Nexiaは、愛知県・岐阜県に店舗を展開するまつ毛エクス

鉄人化計画(2404)、 Enが運営するブライダルレストラン「8G HORIE River Terrace Wedding」を事業譲受

鉄人化計画(2404)は、株式会社En(大阪市西区)が運営するブライダルレストラン「8GHORIERiverTerraceWedding」の事業譲受を決定した。鉄人化計画は、都内繁華街を中心に、東京都・神奈川県・千葉県にでカラオケ店舗「カラオケの鉄人」などを運営している。カラオケの鉄人は、独自の「鉄人システム」により、「カラオケの鉄人」限定のオリジナル配信楽曲が楽しめるほか、1ルームで全カラオケ機

この記事に関連するタグ

「会社分割・持株会社・事業承継」に関連するコラム

海外在住の株主が日本の会社の株式を譲渡したら…日本で課税される? ~海外移住の意外な落とし穴 事業譲渡類似株式~

海外M&A
海外在住の株主が日本の会社の株式を譲渡したら…日本で課税される?   ~海外移住の意外な落とし穴 事業譲渡類似株式~

はじめに~アメリカ視察出張~先月(2024年1月)、視察でアメリカのダラスとヒューストンに行ってきました。両都市で現地の同業M&Aブティックや大手企業の研修を受講する機会があり、多くの刺激を得ることができました。テキサス州は「外国企業が投資しやすい米国の都市ランキング(2023年11月7日日本経済新聞・FinancialTimes)」で、ヒューストン1位・ダラス5位など複数の都市が上位に食い込んで

「後継者不在率」が2023年、過去最低53.9%に。TDB 全国「後継者不在率」動向調査

調査データ
「後継者不在率」が2023年、過去最低53.9%に。TDB 全国「後継者不在率」動向調査

企業の後継者問題は改善傾向が続いています。本記事では、2023年の後継者不在の状況について、2023年11月21日に公表された帝国データバンクの調査結果をもとにご紹介します。出典元:帝国データバンク・全国企業「後継者不在率」動向調査(2023)日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走しま

福のあるM&Aを! 「みやぎ経営相談窓口」テレビCM放映開始!制作裏話に迫る

事業承継
福のあるM&Aを! 「みやぎ経営相談窓口」テレビCM放映開始!制作裏話に迫る

左からマーケティングディレクター・鳥越浩暉、宮城専属コンサルタント・松本樹日本M&Aセンターは「にいがた経営相談窓口」に続き、宮城県の経営者の皆様に向けて「みやぎ経営相談窓口」を開設。そして、さらにその存在を多くの方々に届けるべく、11月30日からテレビCMの放映をも開始しました(放映局:仙台放送)。本テレビCMの企画者である日本M&Aセンター・マーケティングディレクターの鳥越と日本M&Aセンター

「みやぎ経営相談窓口」始動!宮城の事業承継に対する想いに迫る

事業承継
「みやぎ経営相談窓口」始動!宮城の事業承継に対する想いに迫る

マーケティング部宮城チーム(左から齋藤浩喜、陽修明、松本樹、縄田佳介)日本M&Aセンターは「にいがた経営相談窓口」に続き、宮城県の経営者の皆様に向けて「みやぎ経営相談窓口」を開始します。本プロジェクトを推進する営業本部マーケティング部に、プロジェクトの背景、込められた想いについて聞きました。@cv_button@sitelink「みやぎ経営相談窓口」の背景①宮城県の産業・経済動向についてーはじめに

事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

広報室だより
事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

本記事では、事業承継・引継ぎ補助金の概要と、本補助金の制度運用を担う、中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐による解説(※)、最新の公募概要をご紹介します。※本記事は2021年6月30日に公開された内容を編集しています。役職等は取材当時の内容です。事業承継・引継ぎ補助金とは事業承継・引継ぎ補助金は、事業承継や事業再編、事業統合を促進し、日本経済の活性化を図ることを目的とした補助金です。具体的には、事業

アーリーリタイアとは?メリット・デメリット、必要な資金の目安を解説

経営・ビジネス
アーリーリタイアとは?メリット・デメリット、必要な資金の目安を解説

日本経済の低迷や働き方改革の推進によって、多様な価値観が生まれつつある中、新たなライフスタイルの1つとしてアーリーリタイアが注目されています。本記事ではアーリーリタイアの概要、メリット・デメリットや必要な資金についてご紹介します。アーリーリタイアとはアーリーリタイアとは、定年を迎える前に早期退職・引退(リタイア)することを指します。「earlyretirement(早期退職)」に由来する和製英語で

「会社分割・持株会社・事業承継」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年10月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード