M&Aニュース

応用地質、シンガポールGeosmart Internationalの株式取得、子会社化へ

更新日:

応用地質株式会社(9755)は、Geosmart International Pte. Ltd.(シンガポール、Geosmart)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。議決権所有割合は60%となる。

応用地質は、建設コンサルタント業、地質調査業などを中心に、インフラ・メンテナンス、防災・減災、環境、資源・エネルギーの各分野に事業を展開している。

Geosmartは、インフラモニタリングおよびモニタリング機器設置、地盤調査、地盤改良、井戸の復水処理を行っている。シンガポールの公共事業を中心にサービスを提供している。

本件M&Aにより、応用地質は、設計・施工監理・インフラ点検を業務とするシンガポールの子会社と協働し、建設市場でのワンストップサービスの提供を目指す。また、応用地質の技術提供による、建設市場での地盤三次元化・インフラ点検の高度化なども図る。

・今後の予定
最終契約締結日 2022年8月下旬
株式譲渡実行日 2022年10月上旬

その他サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

応用地質に関連するM&Aニュース

応用地質、子会社の応用アール・エム・エスを吸収合併へ

応用地質株式会社(9755)は、完全子会社である応用アール・エム・エス株式会社(東京都文京区、以下応用RMS)の吸収合併を決定した。応用地質を存続会社とする吸収合併方式で、応用RMSは解散する。応用地質は、建設コンサルタント業、地質調査業(地質コンサルタント業)などを中心に、インフラ・メンテナンス、防災・減災、環境、資源・エネルギーの各分野で事業展開している。応用RMSは、地震・台風などの自然災害

応用地質、海洋調査の日本ジタンを子会社化へ

応用地質株式会社(9755)は、日本ジタン株式会社(福岡県北九州市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。応用地質は、建設コンサルタント業、地質調査業(地質コンサルタント業)などを中心に、インフラ・メンテナンス、防災・減災、環境、資源・エネルギーの各分野で事業展開している。洋上風力発電支援サービスを注力事業に掲げ、積極的な事業展開を図っている。日本ジタンは、磁気探査、海洋調査、測量、地質調

応用地質、連結子会社2社間で吸収合併実施へ

応用地質株式会社(9755)は、連結子会社の応用計測サービス株式会社(埼玉県川口市)と応用ジオテクニカルサービス株式会社(東京都豊島区)の2社間における、吸収合併を決定した。応用計測サービスを存続会社とする吸収合併方式で、応用ジオテクニカルサービスは解散する。応用地質は、建設コンサルタント業、地質調査業などを中心に、インフラ・メンテナンス、防災・減災、環境、資源・エネルギーの各分野で事業展開してい

応用地質、画像認識AI事業を行うOXの株式取得、子会社化へ

応用地質株式会社(9755)は、株式会社OX(東京都渋谷区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。応用地質は、地質調査業界の大手。建設コンサル、計測機器、資源探査などを展開している。中期経営計画の成長ドライバーとして、新事業サービスの創出や既存ビジネスモデルの深化等に向けたDXを推進している。OXは、画像認識AI事業、AIシステムに関する企画、設計、開発および販売を行っている。株式会社インキ

応用地質、米国連結子会社NCS Subsea, Inc.の全株式を譲渡

応用地質株式会社(9755)は、連結子会社であるNCSSubsea,Inc.(アメリカ・テキサス州、NCS)の全株式を、OceanFloorGeophysics,Inc.(カナダ・ブリティッシュコロンビア州、OFG)へ譲渡することを決定した。応用地質は、インフラ・メンテナンス、防災・減災、環境、資源・エネルギーを分野に、持続可能な社会構築のために貢献する事業を展開している。NCSは、主に海域での地

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・クロスボーダーM&A・子会社」に関連するコラム

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。日本M&Aセンターは、タイへの進出・事業拡大をクロスボーダーM&Aで支援しています海外・クロスボーダーM&Aについてご相談はこちら私自身は、2度目

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

「株式譲渡・クロスボーダーM&A・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード